「非核化」とは?

関連ニュース

北朝鮮と米国 板門店で実務協議=近く米国務長官が再訪朝か - 08月14日(火)20:37 

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮と米国が先週末に続き今週も南北軍事境界線がある板門店で実務協議を行い、北朝鮮の追加的な非核化措置や終戦宣言などの問題について話し合ったもようだ。韓国の外交消息筋が14日、明らかにした。
カテゴリー:

韓国、南北会談へ前のめり 米は「譲歩しすぎ」を警戒 - 08月14日(火)15:54 

 韓国と北朝鮮は13日、文在寅(ムンジェイン)大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による3回目の首脳会談を、9月中に平壌で行うことで合意した。支持率を回復させたい韓国と、非核化の米朝交渉を…
カテゴリー:

非核化進展 終戦宣言などの行動必要=北朝鮮メディア - 08月14日(火)11:47 

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の外部向けメディアが、非核化と朝米(米朝)関係を進展させるには朝鮮戦争の終戦宣言を行って信頼を醸成する必要があるという主張を繰り返している。
カテゴリー:

韓国 けさのニュース(8月14日) - 08月14日(火)10:36 

◇米国務省「南北関係改善と非核化は切り離せない」  米国務省は13日(現地時間)、韓国と北朝鮮が今年3回目の首脳会談を9月中に平壌で開くことで合意したことに関連し、北朝鮮問題に対する韓米の連携を強調しながら、南北関係と北朝鮮非核化は切り離せないとの立場を示した。国務省の関係者は、聯合ニュース記者の質問に対し「われわれは、北朝鮮に対する一致した対応に関連し韓国と緊密に接触している」と述べた。続けて、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が言及したように、南北関係の改善は北朝鮮の核開発計画問題の解決と切り離して進展
カテゴリー:

<災禍を超えて>戦後73年目の夏(上)非核化実現 願いは一つ/星埜惇さん(90)福島市 - 08月14日(火)09:05 

太平洋戦争の砲撃や原爆を生き抜き、東日本大震災で古里を襲う津波や原発事故に遭遇した。二つの災禍を乗り越え、壮絶で非情な体験を今に伝える。戦後73年目の夏。福島、宮城、岩手の3人が語り継ぐ。◎人間性失わ
カテゴリー:

【北朝鮮】金正恩氏は日本との交渉を願っている - 08月14日(火)16:34  newsplus

総踊り http://agora-web.jp/archives/2034245.html 北朝鮮で1人の日本人男性が拘束されている、というニュースが流れてきた。男性は39歳で身元や訪朝目的は不明だが、国交のない北朝鮮に入国すれば、想定外の困難があることは明らかだ。北は1999年12月、1人の日本人男性を不法入国とスパイ活動の容疑で拘束し、2年以上拘留したことがある。日本政府は国民に北朝鮮への渡航を自粛するように要請してきた。日本側は今後、駐中国の北朝鮮大使館を通じて男性の早期釈放を要請する意向だ。 北側はうまい話で日本人男性(映像クリエイタ...
»続きを読む
カテゴリー:

韓米外相が電話会談 朝鮮半島非核化で連携確認 - 08月14日(火)11:50 

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は14日、ポンペオ米国務長官と電話で会談し、前日行われた南北閣僚級会談の結果を説明した。  康氏は、9月中に北朝
カテゴリー:

【スクープ最前線】「米朝決裂なら、最大の戦犯は文氏だ」米情報当局関係者が衝撃発言 北の日本人男性に拘束に外事警察関係者は怒り爆発 - 08月14日(火)11:30 

 北朝鮮の卑劣な謀略が警戒されている。ツアー旅行で訪朝した日本人男性が拘束されたが、「対日カード」として悪用しかねないのだ。「北朝鮮の非核化」をめぐり、ドナルド・トランプ米政権の堪忍袋の緒が切れかかるなか、「日米同盟の絆」を揺さぶる狙いなのか。トランプ政権の、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に対する激しい怒りとは。ジャーナリストの加賀孝英氏が最新情勢をリポートする。
カテゴリー:

「北朝鮮非核化へ韓米は緊密協調」 米国務長官がFFVD言及 - 08月14日(火)09:46 

【ワシントン聯合ニュース】ポンペオ米国務長官は13日(現地時間)、韓国の光復節(8月15日、日本による植民地支配からの解放記念日)を祝うメッセージを伝えながら、「最終的かつ完全に検証された非核化(FFVD)」という目標に言及した。
カテゴリー:

中国に振り上げた拳を日本に下ろす。日米貿易摩擦は再来するのか - 08月14日(火)04:45 

激化する対中貿易戦争のみならず、友好国にすら次々と経済制裁という名の「脅迫」をかけ、国際社会から孤立しつつあるようにも思われるアメリカ。メルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、トランプ大統領が今後取り得る行動を様々な要素を勘考しつつ予測するとともに、日米貿易摩擦再来の可能性等についても記しています。 日米貿易摩擦の再来か 日米通商協議が始まったが、米国は日米FTAを主張し、日本はTPPを主張するという事前の予測通りの展開になった。トランプ政権の今後を予測して、日本の今後を検討しよう。 日米通商協議(FFR) 8月9日から10日の2日間、ワシントンで日米通商協議が行われた。茂木経済財政政策担当大臣とライトハイザー通商代表(USTR)の会談で、事前の予想通り、米国は日米FTAの締結、日本はTPPへの参加を要請した。 しかし、結論が出ずに9月に持ち越しとなった。これは総裁選挙後に内閣改造があり、その後、新体制に日本がなることを見据え、かつ、総裁選挙に影響しないように事務方が調整した結果でしょうね。 9月以降、日米FTA交渉が始まると見た方が良い。その焦点は自動車と農産物である。自動車は米国への輸入量と同等の米国車を買う条件が付き、それ以上の自動車輸入には20%の関税を掛けると来る。もう1つが、農畜産物への関税撤廃か豪州並みの関税を米国は要求して来る。 対して、日本は米国...more
カテゴリー:

もっと見る

「非核化」の画像

もっと見る

「非核化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる