「米朝首脳会談」とは?

関連ニュース

米朝、3回目の首脳会談巡り水面下で協議=韓国大統領 - 06月26日(水)17:36 

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、米国と北朝鮮が3回目の米朝首脳会談を実施する可能性を巡って水面下で協議しているとし、米国が実務協議を提案したと述べた。文大統領はロイターを含む複数の通信社との書面インタビューで質問に回答した。北朝鮮の非核化を目指した交渉について、公式な対話がないからといって「行き詰まり」とみなす理由はない、と述べた。
カテゴリー:

【沖縄】玉城知事「平和宣言」の全文 「わした沖縄御万人と共に努み尽くち行ちゅる思いやいびーん」 - 06月23日(日)19:45  newsplus

戦火の嵐吹きすさび、灰燼に帰した『わした島ウチナー』。県民は、想像を絶する極限状況の中で、戦争の不条理と残酷さを身をもって体験しました。 あれから74年。忌まわしい記憶に心を閉ざした戦争体験者の重い口から、後世に伝えようと語り継がれる証言などに触れるたび、人間が人間でなくなる戦争は、二度と起こしてはならないと、決意を新たにするのです。 戦後の廃墟と混乱を乗り越え、人権と自治を取り戻すべく米軍占領下を生き抜いた私達ウチナーンチュ。その涙と汗で得たものが、社会を支え希望の世紀を拓くたくましい営みを...
»続きを読む
カテゴリー:

韓国のから騒ぎ。安倍首相イラン訪問を「失敗」と大喜びの韓国紙 - 06月20日(木)05:00 

韓国の文在寅政権が苦境に立たされています。外交面では習近平中国国家主席の突然の訪朝決定により北朝鮮問題での発言力の低下は必至となり、内政に目を転じれば度重なる失政のため海外に逃げ出す企業が続出という惨状。今後韓国にはどのような行く末が待っているのでしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんが自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、各国を取り巻く状況を詳述しつつ分析しています。 【日中韓】6月末のG20で没落していく習近平と文在寅 世界の外交が大きく動いています。日本で開かれるG20を前に、米中問題は言うまでもなく、アメリカとイラン、北朝鮮問題などで各国がさかんな動きを見せ始めています。 安倍首相は先週、イラン側の招きで同国を訪問し、最高指導者や大統領と会談しました。アメリカとの対立が深まるなか、イランとしても日本に対して仲介役を期待したのでしょう。 しかし、安倍首相の訪問にあわせたように、オマーン海上で日本のタンカーが襲撃され、アメリカはこれをイランの仕業だと断じました。もっとも日本はアメリカに対してその証拠の提示を要求しています。 もちろん攻撃主体がイラン側であった可能性もありますが、その場合、イランの穏健派ではなく保守派だろうと思われます。2014年に中国の習近平主席がインドを訪問した際、人民解放軍が中国との国境に接するラダック地方に突然越...more
カテゴリー:

習近平主席、20~21日に訪朝 2005年の胡錦濤氏以来 - 06月17日(月)20:35 

 中国共産党は17日、習近平総書記(国家主席)が20~21日に北朝鮮を訪問し、金正恩朝鮮労働党委員長と会談すると国営新華社を通じて発表した。国家主席の訪朝は2005年10月の胡錦濤氏以来。今年2月の米朝首脳会談が決裂、非核化交渉が膠着する中、今後の対応や経済協力について協議するとみられる。
カテゴリー:

初の米朝首脳会談から1年 キム委員長 米に不満も.. - 06月12日(水)16:10 

初の米朝首脳会談から1年 キム委員長 米に不満も信頼関係維持 #nhk_news
カテゴリー:

トランプ大統領、3回目の米朝首脳会談に期待感 - 06月26日(水)10:38 

トランプ大統領、3回目の米朝首脳会談に期待感
カテゴリー:

【おてがみ】キム委員長にトランプ大統領から親書。米朝関係で前向き提案か。キム委員長「興味深い内容で慎重に考える」 - 06月23日(日)08:34  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190623/k10011965431000.html 北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長がアメリカのトランプ大統領からの 親書を受け取ったと23日朝、伝えました。親書の内容は明らかにされていませんが、キム委員長は満足し 「興味深い内容で慎重に考える」と述べたということで、米朝関係について何らかの前向きな提案が行われた可能性があります。 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は、キム・ジョンウン委員長がトランプ大統領からの親書を受け取ったと伝え、 キム委員長が親書を手...
»続きを読む
カテゴリー:

中国の習近平主席、20~21日に北朝鮮訪問 - 06月17日(月)20:47 

 中国共産党は17日、習近平総書記(国家主席)が20~21日に北朝鮮を訪問し、金正恩朝鮮労働党委員長と会談すると国営新華社を通じて発表した。国家主席の訪朝は2005年10月の胡錦濤氏以来。今年2月の米朝首脳会談が決裂、非核化交渉が膠着する中、今後の対応や経済協力について協議するとみられる。
カテゴリー:

米朝会談失敗で金正恩の幹部たちは今どこへ? 処刑説の側近が過ごしている場所とは - 06月17日(月)06:00 

 5月末の朝鮮日報の報道後、北朝鮮幹部の動静を巡る情報が錯綜している。不明な点も残るが、2月のハノイでの米朝首脳会談での失敗を受け、金正恩外交の指揮系統を整理したということだろう。6月3日にマスゲームを…
カテゴリー:

米朝首脳会談から1年、北朝鮮「破綻の責任は米国にある」 - 06月12日(水)14:42 

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の対外宣伝サイト「わが民族同士」は初の米朝首脳会談から1年を迎えた12日、ベトナム・ハノイでの2月の再会談が物別れに終わったことについて「破綻した責任は全面的に米国にある」と改めて批判した。「米国は信頼に値するいかなる措置も講じず、実現不可能なことばかりに固執した」と主張し、米国に付き従う韓国も非難した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「米朝首脳会談」の画像

もっと見る

「米朝首脳会談」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる