「山中崇」とは?

関連ニュース

倉科カナ「可愛さに翻弄されていました」 “猫キャスト”も出演する『三日月とネコ』撮影裏話 | ananweb - マガジンハウス - 05月28日(火)20:00 

倉科カナさん演じる三角鹿乃子(みすみ・かのこ)は、戸馳灯(とばせ・あかり/安達祐実)、波多浦仁(はたうら・じん/渡邊圭祐)と“猫好き”から縁を結ぶ。友達とも家族とも違う関係性のこの3人が、猫と共に一つ屋根の下で暮らすという物語。偶然にも物語の舞台となった熊本出身で、私生活でも猫を飼っている倉科さんは、同名の原作漫画を読んだ時に「すごく親近感を覚えた」そう。鹿乃子のセリフによって自分の迷いを受容できた気がしました。「映画は熊本地震から始まるのですが、私は実際に地震が起こった2016年当時、それを経験したわけではありません。でもその時の状況や熊本の方々の心情はわかっていたつもりです。猫も飼っているので、地震が起きた時の動物の動きや、飼い猫にどう接したらいいかなどの気持ちの準備もできていて。その経験がお芝居に生きたと思っています」ほのぼのと描かれた3人と猫との日常生活が見どころでもある今作。撮影現場の雰囲気についてこう話す。「幼い頃から活躍している安達さんは役者の大先輩。現場では流れるように心地いい空気感を作っていただきました。人見知りの渡邊くんは、そのまま演じているだけでもう仁で。3人の絶妙なバランスは自然に作られていったと思います。監督はお芝居から生まれる空気感を大事に撮ってくださる方で、出会いのシーン以外はほぼリハーサルなしの一発撮りで進みました。私たちは控室が一緒で、たわいもない...more
カテゴリー:

熊本出身の倉科カナ、熊本弁のイントネーション助言も違うと山中崇「怖い顔するんです」 - 05月24日(金)20:43 

女優の倉科カナ(36)が24日、都内でこの日公開初日を迎えた主演映画「三日月とネコ」(上村奈帆監督)の公開記念舞台あいさつに登壇した。 同名漫画の実写化で、熊本地震をきっかけに知り合ったネコ好きの男女3人と猫の共同生活の物語。書店で働く…
カテゴリー:

安達祐実「今年43歳」に思わず仰天「ええ!?」40代おひとりさま女性演じた「三日月とネコ」 - 05月25日(土)05:30 

女優安達祐実(42)が24日、都内で主演映画「三日月とネコ」(上村奈帆監督)初日舞台あいさつに登壇した。 40代おひとりさま女性を演じた安達は「優しさをジワジワを浴びせてくれる作品になったと思います」と語った。安達と同世代の山中崇(46…
カテゴリー:

こんなの見てる