「パンダ」とは?

関連ニュース

〈令和を担う〉緒方創さん(29) 房空路(武雄市山内町) - 11月26日(木)21:00 

房空路(ぼうくうじ)は武雄市山内町の黒髪山の麓にあり、緒方創(そう)さん(29)と母の成子さん(59)=作家名・鯉のぼり子=が営む焼き物と食事を楽しめる工房です。 創さんは有田工高セラミック科を卒業後、料理店で働いていましたが、帰郷し、工房で焼き物とそばを作っています。 焼き物はパンダ、イノシシ、豚、アリクイなどの動物をモチーフにした手びねりのユニークな器で、背中の部分が器として使えるよう工夫されています。名古屋に嫁いだ妹さんが作り始めた器だそうで、いろいろな動物の顔と器の形を考案しています。
カテゴリー:

パンダのぬいぐるみでテーブルが埋め尽くされたド.. - 11月26日(木)19:00 

パンダのぬいぐるみでテーブルが埋め尽くされたドイツのレストラン。いったいどんな意味があるのでしょうか。
カテゴリー:

昭和40年代に誕生したロングセラー商品「なかよしチャーミーちゃん」とレトロかわいいどうぶつ達を公式ミニチュアフィギュア化! 12月下旬より販売開始 - 11月26日(木)16:00 

ラインナップは「チャーミーちゃん」をはじめ、大ヒットした「五型動物」や「せっちゃんパンダ」の全6種類。カプセルトイとブラインドBOXの2種類で発売。昭和レトロな可愛らしいお人形たちが勢揃いします。
カテゴリー:

JRAダノンファラオの浦和記念(G2)勝利は「コントレイル効果」!? 矢作厩舎「注目2歳馬」も出世街道濃厚か - 11月26日(木)07:00 

 25日、浦和競馬場で行われた浦和記念(G2)はダノンファラオ(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝。今年のジャパンダートダービー(G1)に続く、交流重賞2勝目となった。 3番手のポジションからレースを進めたダノンファラオ。最終コーナーから進出を開始すると、直線に向いた時には早...
カテゴリー:

石油由来樹脂・合成紙の使用量を大きく削減可能な新素材「LIMEX」開発のTBMが20.6億円を調達 - 11月24日(火)16:25 

TBMは11月24日、第三者割当増資として、20.6億円の資金調達を実施したと発表した。 引受先は、アデランス、島精機製作所、Spotlight 1号(日本テレビ放送網、博報堂グループのquantumによる共同出資)、摂津倉庫、DCMホールディングス、電通グループ、日本コルマー、薬王堂、ヨドバシホールディングスなど(五十音順)。 今回の第三者割当増資の目的は、循環型社会の実現に向けた事業の発展を目指し、石灰石など無機物を主原料とするLIMEX(ライメックス)素材や、再生材料を50%以上含む資源循環を促進する素材「CirculeX」といった環境配慮素材の用途拡大、資源循環を実現するサプライチェーンの強化。関連領域における豊富なリソースを有する事業会社と連携することで、シナジーを創出し、資源循環のシステム構築を進める。 具体的には、同社の環境配慮素材を活用したパッケージなど製品の共同開発や導入、店頭など販売チャネルにおける販売拡大、市場における弊社素材の認知拡大のためのマーケティング、回収・再生に向けたサプライチェーンの構築などにおいて連携を進める。 LIMEXは、炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む、無機フィラー分散系の複合素材。日本でも自給自足可能で枯渇リスクの低い石灰石などの無機物を主原料としており、耐水性を備えることからプラスチックや紙の代替素材として、国内で5300以上の...more
カテゴリー:

パンダの赤ちゃん、すくすく 和歌山・白浜AW、10年ぶり雄 - 11月26日(木)19:52 

和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド(AW)」で、22日に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんがすくすくと育っている。母親は良浜(らうひん)(2…
カテゴリー:

日本も進行中か。中国から「見えぬ侵略」を受けた豪州の深刻度 - 11月26日(木)16:48 

南シナ海や東シナ海等で強硬な海洋進出を進める中国ですが、彼らが用いるのは「武力」だけにとどまらないようです。今回の無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』では株式会社オンザボード代表の和田憲治さんが、オーストラリアの大学教授が告発した、同国で展開されている中国による「目に見えぬ侵略」の実態を紹介しています。 『サイレント・インベージョン(目に見えぬ侵略)』論文の意義とクライブ・ハミルトン教授の功績 和田です。 オバマ時代までのアメリカは、「中国を経済成長させれば、いずれ自由と民主主義国を目指し、世界が豊かになる国際秩序に中国が大いに協力する」という前提で動いていました。 しかし、トランプ時代になると、アメリカは中国潰すべし!という対中戦略に方向転換せざるをえなくなりました。 リーマンショックを乗り越えて、「China Up,US Down!」だと傲慢になってきた中国に対して、マイケル・ピルズベリーの『チャイナ2049』やエドワード・ルトワックの『自滅する中国』や『チャイナ4.0』、ピーター・ナヴァロの『米中もし戦わば』など2010年以降、中国がアメリカの世界覇権に挑戦しているという警告本が続々と出版されました。 そしてそこに、追い打ちを書けた論文が、アメリカ以外の国々からも出版されたのです。アメリカの議会にも大いに影響を与えた論文…それが、オーストラリアのクライブ・ハミ...more
カテゴリー:

パンデミックにはパンダで、独レストランがコロナ.. - 11月26日(木)14:32 

パンデミックにはパンダで、独レストランがコロナ規制に抗議
カテゴリー:

「日本一のパンダ好き」が追求したすごすぎる“パンダ愛” - 11月25日(水)11:00 

『パンダワールド We love PANDA』(中川美帆 著)大和書房 上野動物園にカンカンとランランがやってきた一九七二年、私は小学三年生だったが、「上野動物園に行ってパンダが見たいよー!」と駄々をこ…
カテゴリー:

パンダの赤ちゃんが誕生! 「成長を一緒に見守りたい」「元気に乗りきって」アドベンチャーワールドにエール - 11月24日(火)15:28 

 国内最多のジャイアントパンダがいる和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は22日、飼育している雌の良浜(らうひん・20歳)が雄の赤ちゃん1頭を出産したと発表した。同施設での出産は17頭目で、約2年ぶりとなる。赤ちゃんパンダの誕生はうれしいニュースとしてネットで広まり、ファンたちが成長を見守っている。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「パンダ」の画像

もっと見る

「パンダ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる