「自然現象」とは?

関連ニュース

【研究】「死蝋」腐らぬ体、伸びる爪…本当だった「吸血鬼の証拠」 東欧 - 01月21日(火)02:58  newsplus

■「証拠には何一つ欠けているものがない」とルソーも指摘、説明は? アイルランド人作家ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』が1897年に刊行されたとき、元の原稿にあった序文はカットされていた。  世界一有名になった吸血鬼“ドラキュラ伯爵”の生みの親は、自分は純粋なフィクションを書いたのではない、とその序文に記していた。「ここに描かれた出来事が、一見どれほど信じがたく、不可解に思えようとも、実際に起きたのだということは少しも疑いがない。私は強くそう信じている。また、それ以上に確信するのは、こう...
»続きを読む
カテゴリー:

企画展『カンジ・ムジカ』開催! - 01月09日(木)14:00 

2020年1月9日 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 漢検 漢字博物館・図書館 春と愛と漢字に溺れる、音とアートの企画展 企画展『カンジ・ムジカ』開催! 音のクリエーターと関西の美術学生との共同制作によってアートを軸に漢字を表現します 期間:2020年1月10日(金)~2020年4月5日(日)  漢検 漢字博物館・図書館(以下 漢字ミュージアム)(本部:京都市東山区/館長:髙坂節三)は、企画展として『カンジ・ムジカ』~春と愛と漢字に溺れる、音とアートの企画展~を2020年1月10日(金)~4月5日(日)の間、開催いたします。2人のアーティストが「漢字が生まれたとき」に想いを馳せて、音の作品として表現。本展示は「みる」「きく」「さわる」といった五感を大切にしており、来場者が漢字に対して感性的、身体的なまなざしで対峙できるような体験型の展示を目指しています。  ぜひご来館ください。実施概要は、以下の通りです。 ■企画展概要 企画展名:『カンジ・ムジカ』~春と愛と漢字に溺れる、音とアートの企画展~ 開催期間:2020年1月10日(金)~4月5日(日)       ※月曜休館。休館日が祝日の場合は、翌平日に振替。      ※3月30日(月)は開館。 場  所:漢検 漢字博物館・図書館 2階 (所在地:京都市東山区祇園町南側551番地) 企画展への入場料:「入館料」の...more
カテゴリー:

1万円の「エビアン」!?ヴァージル・アブローとコラボしたスペシャルボックス登場 - 01月20日(月)19:00 

「ルイ・ヴィトン」のメンズアーティスティック・ディレクターを務め、ファッションブランド「OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH(オフホワイト c/o ヴァージル アブロー)」も自ら手掛ける、ヴァージル アブロー。彼とコラボレーションをしたフレンチアルプス生まれのナチュラルミネラルウォーター「エビアン スペシャルボックス ヴァージル アブロー」が販売中だ。アジア限定でリリースされる1900セットのうち、日本では「バーニーズ ニューヨーク」限定で、700セットの数量限定販売を1月18日よりスタート。鮮やかな色彩のカラフルなボックスに、750mlのガラスボトルとスタイリッシュなショルダーバッグがセットとなる同商品。ボトルは、さまざまな自然現象のなかでも随一の美しさを誇り、シンプルな現象である「虹」からインスピレーションを受けたデザイン。ヴァージル氏の「Make a Rainbow」のスローガンが、ひと際目を引く色遣いで表現されている。セクシャリティーの多様性を表現することなどにも利用されるレインボーカラーだが、同商品にはそれらも超越した誰もが持ち合わせる無限の可能性が表現されていると、ヴァージル氏はコメント。飲むことよりも、それを手にすることに意味がある。そんなスペシャルな逸品といえよう。『エビアン スペシャルボックス ヴァージル アブロー』【発売日】1月18日(土) より...more
カテゴリー:

「自然現象」の画像

もっと見る

「自然現象」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる