「慣用句」とは?

関連ニュース

Liltは中核に人間を据えた機械翻訳ビジネスを構築する(お望みならAI書記も) - 02月16日(土)12:00 

ウェブサービスで読むあらゆる文章を、速やかに自動的に翻訳できる能力は大したものだが、本当に使えるのは、概略で足りる外国語の記事やメニューや道路標識といった程度の文章だ。この素晴らしいツールは、もっと有効に使われるべきではないだろうか。それは可能だ。Liltという企業が、もう密かに始めている。しかも嬉しいことに、人間的な要素を置き去りにしようとは考えていない。 人間の翻訳者の専門知識と、自動翻訳のスピードと汎用性とを組み合わせれば、双方のもっとも優れた能力を引き出すことができ、大きなビジネスになる可能性がある。 機械翻訳の問題点は、それを本気で使おうとしたときにわかるが、下手なことだ。トマトとポテトと間違えることはないが、一連の言葉の文字通りの意味を正確に訳す以上のことになると頼りない。ほとんどの場合は文字通りの意味で事足りる(メニューなどはそうだ)が、長い文章となると、十分とは言えなくなる。 単に利便性の問題ではない。業務においても個人的なものであっても、言葉は重大な障壁になり得る。 「英語でしか読めないものが大量にあります」と、Liltの共同創設者でCEOのSpence Greenは話す。中東で大学院に通いながらアラビア語を勉強していたとき、彼はその問題に遭遇し、英語を話さない人たちの不自由さを知った。 そうした情報は、ほとんどが機械翻訳には適さない内容だと彼は説明する。Goog...more
カテゴリー:

ブルームストリート代表の高山 純一共著 「英語脳 日本脳 世界脳」をKindle版で出版・販売 ~英語学習で悩む全ての人へ、ストーリー仕立てのヒントで“英語脳”を育む~ - 02月08日(金)14:00 

中小企業の海外コミュニケーションをITソリューションで支援するブルームストリート株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高山 純一、以下「BS」)は、2019年2月8日(金)、同社代表取締役社長の高山 純一が共著のKindle版書籍「英語脳 日本脳 世界脳」を出版しましたのでお知らせします。近年、少子高齢化の加速に伴い、日本国内の中小企業は成長著しい海外マーケットへの進出、外国人労働者の雇用、そしてインバウンド消費の獲得に努めています。また、2018年は史上初めて訪日外客数が3,000万人※を超えました。BSは設立以来、インバウンド消費や訪日留学生の獲得を目指す中小企業に対して、そのコミュニケーションを支援するITソリューションを提供する中で、さまざまな中小企業の経営者から「言語の壁」、「英語学習の難しさ」、「外国人とのコミュニケーションロス」などについて相談を受けてきました。こういった背景を踏まえ、今後ますます需要が高まる英語学習について、代表の高山自身が国際人材として米国ニューヨークで働いていた経験を基にストーリー仕立てで英語を学ぶヒントをちりばめた本書を発行することとなりました。■本書の概要タイトル: 「英語脳 日本脳 世界脳」発行: 2019年2月8日(金)著者: 結城 喜克/高山 純一出版社: ジーシーパブリケーションズ販売: Amazon Services Int...more
カテゴリー:

「慣用句」の画像

もっと見る

「慣用句」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる