「大仕事」とは?

関連ニュース

【芸能】櫻井翔の結婚報道に紛糾「嘘つき」 嵐のラストイヤーにファン不安 - 01月21日(火)09:50  mnewsplus

嵐・櫻井翔の“ベトナム婚前旅行”が報じられて以降、嵐のInstagramには批判コメントが殺到するなど、一部の嵐ファンは櫻井への不信感を募らせている。 櫻井翔の婚前旅行を伝えた「週刊文春」2020年1月23日号(文藝春秋)によれば、櫻井は今年1月4日、恋人女性Aさんと共にベトナム・ホーチミンで休暇を楽しんでいたという。2人は慶應義塾大学時代の同級生ということだ。 同誌はラフなリゾートファッションに身を包んだ櫻井とAさんが、自転車に乗ったりプールサイドでくつろぐ写真なども掲載。ネット上にはファンの悲鳴がこだまし、A...
»続きを読む
カテゴリー:

なぜ人は、「どうでもいいこと」から先にやってしまうのか『カエルを食べてしまえ!』著者ブライアン・トレーシー、翻訳門田美鈴を、アマゾンキンドル電子書籍ストアで配信開始。「80対20の法則」を当てはめる。 - 01月17日(金)18:00 

株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役:押鐘太陽 http://www.mikasashobo.co.jp )は、12月20日に『カエルを食べてしまえ!』著者ブライアン・トレーシー、翻訳門田美鈴を、アマゾンキンドル電子書籍ストアで配信開始いたしました。■『カエルを食べてしまえ!』著者ブライアン・トレーシー、翻訳門田美鈴・キンドル電子書籍 https://amzn.to/2R2hgGx・アマゾン書籍   https://amzn.to/363zHPm◎シリーズ累計13万突破のベストセラー、待望の文庫化!◎なぜ人は、「どうでもいいこと」から先にやってしまうのか?時間の質を向上させ、充実した人生を送るコツは「カエルを毎朝一番に食べること」です。この「カエル」とは、あなたにとって最も難しく重要な仕事で、いまやらなければどんどん後回しになってしまうもののこと。このやっかいな「カエル」を撃退するため、本書では・目標をはっきりさせる・「80対20の法則」を当てはめる・自分を奮い立たせる・仕事を中断しないなど、効果抜群の21の方法を紹介!■目次・目標をはっきりさせる・一日の計画を立てる・「80対20の法則」をすべてに当てはめる・結果を考える・後回しにすべきもの・常に「ABCD法」を用いる・カギとなることに専念する・三大仕事の法則にしたがう・周到に準備する・一度に一樽ずつほか■著者ブライアン・...more
カテゴリー:

メーガン妃の英王室離脱後初の大仕事は「ディズニ.. - 01月14日(火)12:00 

メーガン妃の英王室離脱後初の大仕事は「ディズニー」との新プロジェクト?🏰✨ 【続きはコチラ↓】
カテゴリー:

イカも3D映画を観ることができる? 新たな研究結果が発表 - 01月10日(金)14:37 

人間とイカには共通点があるようだ。3D映画を観て、反応する、ということだ。Science Advancesが掲載した研究で、被験対象となったイカの目の近くにマジックテープを接着し、特別に製作された、一方は赤、もう一方は青のフィルターがかかったレンズからなる3Dゴーグルを付けた。「その作業は容易ではなかった」と、研究の主要著者でありミネソタ大学で生態学/進化論/行動学の助教授であるトレバー・ワーディル氏は話した。「イカにメガネをつけさせるため、誘導するのは大仕事でした」とワーディル氏はCNNに話した。「彼らはメガネで遊びたがってしまうので」New York Timesによると、イカが少し空腹になると、科学者は2匹のエビの影を3Dで映し、イカが反応するか実験をした。2匹のエビは違う色で、カメラから違う距離で映されたものだった。その結果、イカは人間同様、奥行感覚があることが分かった。被験対象となったイカはときに、映像のエビの方に進み、触手が画面に触るほどまで近づいた。「とても興奮して、みんな飛び上がるほどでした」とワーディル氏はNew York Timesに話し、イカは即座に本物のエビを褒美に与えらえたと加えた。研究は、イカが3Dで見ることが可能と示したが、人間と同じ仕組みではないようだ。「イカの目は人間のそれと似ていますが、脳は大きく異なります」ミネソタ大学のパロマ・ゴンザレス・ペリド...more
カテゴリー:

【芸能】指原莉乃の“顔変化”遍歴! かつて「濡れネズミ」と呼ばれた女が… - 01月02日(木)09:03  mnewsplus

たびたび顔が変わることから、「整形してるのでは?」「メークが変わっただけ」と論争を巻き起こすタレントの指原莉乃。新たな年となったところで、彼女の〝顔面遍歴〟を振り返っておこう。 まずは2008年のデビュー当時。『AKB48』の指原のオーディション映像は、テレビ番組でしょっちゅう〝ネタ動画〟として扱われ、そのルックスは『フットボールアワー』後藤輝基から〝濡れネズミ〟と評されるほど。実際、このころの指原は今よりも太り気味で、メークも薄い。15年に指原は、このころの写真をツイッターで載せていたが、今とはまるで...
»続きを読む
カテゴリー:

<1/20〜1/26>の“ツラい”を乗り切る星占い【双子座】 - 01月19日(日)22:30 

【双子座】さんの“ツラくなるとき、自由になるとき”【双子座】さんは好奇心が満たされ、社交性を発揮しているときに自由を感じるタイプ。家にじっとしていると、途端にツラくなりがち。また、口がすべって周囲にどん引きされ、ツラくなることも。自由になるため今週は☆コレをすべき!1時間早めに寝て、英気を養う。今週のアナタにお心添えしますすでにお正月に今年の目標を立てた双子座さんも多いと思いますが、新月の25日にもうひと押し、未来に向けたお願いごとをしておくのがよさそう。やる気あふれる時期ですからキャリアアップのための勉強もはかどります。広く浅くではなく、学びたいことの根っこにある哲学から深く学んで。大仕事を完成させるための情報が集まりやすいときでもあります。ただ、金運と健康運はツラめ。恋愛運は、女性は好調。シングルさんは出会いを結婚につなげるつもりで。カップルさんはそろそろ結婚のシミュレーションをしておくのがイイかも。男性の恋はツラい星回り。顔やスタイルだけで女性を見ないで。アナタを想っている地味だけど、心やさしい女性に気づいてください。 お心添えはこちらの方から藤島佑雪元銀座のクラブホステス。著書『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。『VOGUE JAPAN』WEBサイトにて「元ホステス・藤島佑雪が教える開運↑美女になる方法...more
カテゴリー:

遺書を残して行方不明になった妹! 必死で探す兄に差し伸べられた手は...:僕はどこから - 01月15日(水)11:48 

テレビ東京のドラマ枠「ドラマホリック」。2020年1月クールは、ヤングマガジンに掲載されていた大人気青春異能クライムサスペンス「僕はどこから」を、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)主演で待望のドラマ化! 生死を分ける究極の選択!ゴーストライターvs報酬4000万を賭けた大仕事! 特殊能力を持つ小説家志望の薫(中島裕翔)が、ヤクザの智美(間宮祥太朗)に伝えた決意は...第2話あらすじ1月15日(水)深夜0時12分~放送の第2話は...竹内薫(中島裕翔)は、他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持っていた。藤原智美(間宮祥太朗)は、その能力で今回のシノギに協力して欲しいという。権堂真司(音尾琢真)は素人を絡ませることを反対するが、智美は「薫は恩人だ」と言ってはばからない。それは5年前、高校1年生だった時のこと。ある日、智美の妹・千佳(上白石萌歌)が遺書を残して行方不明に。焦る智美のもとに同級生の薫が現れ、遺書を奪い取ると一心不乱に書き写し始めた。「人の書いた文章を読んで書き写すと、その人の考え方を感じることが出来るんです!」そう言うと、薫は千佳が残した言葉の欠片を片っ端から読み取っていく。やがて薫の脳裏に千佳の本音や居場所のヒントが浮かび上がってきて...。 関連リンク 「自分は自分。ただ、そこにある...more
カテゴリー:

スタメンで地元出身2人だけ 同点弾の静岡学園FW加納大が守った”サッカー王国の誇り”「最近は弱いと言われてましたけど…」 - 01月13日(月)21:27  mnewsplus

サッカーの第98回全国高校選手権は最終日の13日、埼玉スタジアム(さいたま市)に観客5万6025人を集めて決勝を行い、静岡学園が3―2で青森山田に逆転勝ちし、24大会ぶり2度目、単独では初の優勝を飾った。 静岡学園は2―2の後半40分、MF井堀二昭(かずあき、3年)の左FKを、DF中谷颯辰(そうしん、3年)が頭で押し込んで勝ち越した。  圧巻の逆転劇につなげたのは今大会初先発の右利きFWだった。 1―2で迎えた後半16分、加納大(はる)が絶妙のボールコントロールから左足を一閃(いっせん)。 GKとしてはなすすべがないスーパーゴー...
»続きを読む
カテゴリー:

1年生MF松木玖生が先制点の大仕事! 選手権連覇へ青森山田が6発大勝発進! - 01月02日(木)13:42 

 第98回全国高校サッカー選手権大会・2回戦が2日に行われ、青森山田(青森)と米子北が対戦した。  前回大会王者の青森山田は立ち上がり、米子北のハイプレスと速攻に苦戦。攻撃でも得意のサイド攻撃を抑え込
カテゴリー:

高川学園の“守備職人”がやってのけた大仕事…「ゴールを狙ってみようかなって」 - 12月31日(火)22:04 

「ストロングポイントは守備」と自任する高川学園高の守備職人MF内田裕也(3年)がチームを勝利に導く活躍を見せた。  冷静かつタフな寄せで相手の攻撃の芽を摘み、奪ったボールは的確に散らして攻撃のリズムを
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「大仕事」の画像

もっと見る

「大仕事」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる