「分科会」とは?

関連ニュース

情報通信審議会 情報通信技術分科会 陸上無線通信委員会 空間伝送型ワイヤレス電力伝送システム作業班(第3回) - 05月20日(月)05:00 

情報通信審議会 情報通信技術分科会 陸上無線通信委員会 空間伝送型ワイヤレス電力伝送システム作業班(第3回)
カテゴリー:

自動運転の実用化に向けた改正道路運送車両法が成立 - 05月19日(日)15:31 

northern 曰く、来年をめどに高速道路でのレベル3自動運転、過疎地でのレベル4自動運転の実用化を目指し、安全基準を定める改正道路運送車両法が成立した(日本経済新聞の記事)。 自動車メーカーの開発も間に合いそうとのこと。 改正道路運送車両法では自動運行装置を保安基準の対象装置に追加するほか、自動運行装置のプログラム改変による改造に対する許可制度の創設、自動車検査証の電子化等が盛り込まれている。プログラム改変による改造(特定改造等)許可のポイントとしては、1)申請者の特定改造等実施能力・体制が国土交通省の基準に適合していること、2)改変後の自動車が保安基準に適合すること、となっており、これらの審査は独立行政法人自動車技術総合機構が行う(参議院 - 議案情報、 国土交通省 - 法案閣議決定時の報道発表資料)。 また、国連自動車基準調和世界フォーラム(WP29)の自動運転分科会では自動車メーカーにサイバーセキュリティ対策を義務付ける国際基準案の策定を進めており、国土交通省では国際基準を保安基準に取り入れる方針だという(日本自動車会議所の記事)。 すべて読む | セキュリティセクション | 日本 | セキュリティ | ロボット | 交通 | 関連ストーリー: 自動運転レベル3対応の法律...more
カテゴリー:

情報通信審議会 情報通信技術分科会 陸上無線通信委員会 気象レーダー作業班 X帯サブ・ワーキング・グループ(第9回)の開催について - 05月17日(金)05:00 

情報通信審議会 情報通信技術分科会 陸上無線通信委員会 気象レーダー作業班 X帯サブ・ワーキング・グループ(第9回)の開催について
カテゴリー:

団塊世代が後期高齢者になる時代の福祉 - 05月16日(木)23:13 

 団塊の世代が全て後期高齢者となる令和7(2025)年以降の東京の福祉施策について、東京都の社会福祉審議会検討分科会が、来年1月にも意見書案をまとめることが分かった。少子高齢化が進む中、介護人材が不足し、「地域のつながり」も希薄になっており、対策は急務となっている。意見書は同2月にも小池百合子知事に提出する。
カテゴリー:

情報通信審議会 情報通信技術分科会 新世代モバイル通信システム委員会 技術検討作業班(第12回) - 05月16日(木)05:00 

情報通信審議会 情報通信技術分科会 新世代モバイル通信システム委員会 技術検討作業班(第12回)
カテゴリー:

情報通信審議会 情報通信技術分科会 陸上無線通信委員会 気象レーダー作業班(第6回)の開催について - 05月20日(月)05:00 

情報通信審議会 情報通信技術分科会 陸上無線通信委員会 気象レーダー作業班(第6回)の開催について
カテゴリー:

国際会議「Edge Computing Congress 2019-エッジコンピューティング会議」(Informa Telecoms & Media主催)の参加お申込み受付開始 - 05月17日(金)12:00 

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2019年9月17-19日 英国、ロンドンにて開催されますInforma Telecoms & Media主催 国際会議 「Edge Computing Congress 2019-エッジコンピューティング会議」の代理店として参加のお申込み受付を5月17日より開始致しました。エッジコンピューティング分野の先駆者が集う国際的な会議・出席者の50%が通信事業者と企業の代表です。・300人を超える出席者が集まります。・エッジコンピューティング分野の専門家50人以上が講演を行います。2019年のみどころMECハッカソン:欧州電気通信標準化機構 (ETSI) 公認のこのイベントは、マルチアクセスエッジコンピューティング (MEC) に対応するアプリケーション開発の技能を競うもので、優勝者には賞金や賞品が贈られます。エッジコンピューティングに対応する先進的なアプリケーション開発の現場を体験することができるこの機会をどうぞお見逃しなく。新設される分科会:技術と商業の両面からインフラストラクチャと応用技術の問題について考えます。デモゾーン:エッジコンピューティングに命を吹き込む技術の概念実証デモが行われます。企業にとっての可能性:エッジコンピューティングの普及を促す要因と可能性について...more
カテゴリー:

【大分】差別撲滅へ「まず人権教育を」 人権社会研究集会 「知識がないとネット上のフェイクニュースや偏見をうのみにする」 - 05月17日(金)03:18  newsplus

討議で、人権教育などの在り方を報告する佐賀大学の松下一世教授(右端)ら=大分県別府市のビーコンプラザ  「人権社会確立第39回全九州研究集会」は最終日の15日、大分県別府市で分科会を開いた。「人権政策の確立の現状と課題」と題したパネルディスカッションでは、研究者らの討議を通じて部落差別などをなくすための行政の施策や教育の在り方を考えた。  人権教育を専門とする松下一世佐賀大学教育学部教授は、学校で同和教育をきちんと教えられていないと答える学生が増えている状況を示し、「知識がないとインターネ...
»続きを読む
カテゴリー:

差別撲滅へ「まず教育を」 - 05月16日(木)07:15 

「人権社会確立第39回全九州研究集会」は最終日の15日、大分県別府市で分科会を開いた。「人権政策の確立の現状と課題」と題したパネルディスカッションでは、研究者らの討議を通じて部落差別などをなくすための行政の施策や教育の在り方を考えた。 人権教育を専門とする松下一世佐賀大学教育学部教授は、学校で同和教育をきちんと教えられていないと答える学生が増えている状況を示し、「知識がないとインターネット上のフェイクニュースや偏見をうのみにする恐れがある。メディアリテラシーも含めた教育が重要」と強調した。
カテゴリー:

公民連携まちなかアートプロジェクト「TOKYO TOSHIMA ART」始動(豊島区×東武鉄道株式会社×株式会社Barbara Pool) - 05月15日(水)09:30 

TTA開催事務局(豊島区、東武鉄道株式会社、株式会社Barbara Pool)は、第14回池袋モンパルナス回遊美術館(2019/5/16~29)の特別プログラムとして、まちなかアートプロジェクト「TOKYO TOSHIMA ART」を実施します。同プロジェクトは、池袋ブランディング・シティ戦略を検討する中で組成したアート共創分科会から派生し、立ち上がりました。豊島区の掲げる国際アート・カルチャー都市構想を推進すべく、公民連携でアート活動の場を...
カテゴリー:

もっと見る

「分科会」の画像

もっと見る

「分科会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる