「全面侵攻」とは?

関連ニュース

EU「ウクライナの加盟交渉してやるよ。数年かけてな!」まさに - 06月22日(土)06:42  news

ウクライナのEU加盟交渉、25日に開始へ 閣僚理事会が承認 2024/6/21 21:46 朝日新聞 欧州連合(EU)加盟国の閣僚理事会は21日、ロシアの全面侵攻にさらされるウクライナと隣国モルドバのEU加盟交渉について、今後の手続きの枠組みを承認した。25日のEU加盟国の閣僚らによる政府間会議で、正式に加盟交渉を開始する見込み。ただ、交渉自体は少なくとも数年かかるとみられる。 ウクライナとモルドバは2022年2月のウクライナ侵攻直後にEU加盟を申請。EUの行政を担う欧州委員会は昨年11月、両国の加盟交渉を開始するよう勧告してい...
»続きを読む
カテゴリー:

ウクライナのEU加盟交渉、25日に開始へ 閣僚理事会が承認 - 06月21日(金)21:46 

 欧州連合(EU)加盟国の閣僚理事会は21日、ロシアの全面侵攻にさらされるウクライナと隣国モルドバのEU加盟交渉について、今後の手続きの枠組みを承認した。25日のEU加盟国の閣僚らによる政府間会議で、…
カテゴリー:

プーチン氏が訪朝、きょうから2日間の日程 - 06月18日(火)07:36 

ロシアのプーチン大統領が18日から2日間の日程で北朝鮮を訪問する。プーチン氏による訪朝は20年以上ぶり。関係を深めるロシアと北朝鮮だが、国際社会からは懸念の声が強まっている。 ロシアによるウクライナへの全面侵攻が2022年に始まって以降、プーチン氏の海外訪問はまれ。新型コロナ禍の流行以降は海外要人を迎えることのなかった北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)総書記にとっても重要な訪問となる。 国際社会...
カテゴリー:

和平への「突破口」さぐるウクライナ サミットで浮かんだジレンマ - 06月17日(月)07:00 

 ロシアの全面侵攻を受けるウクライナの平和に向けて、スイスで開かれた「平和サミット」は、ウクライナの苦しい立場がにじむ会合になった。参加した100の国・国際機関による一致を目指した「共同声明」は、一部…
カテゴリー:

共同声明は全会一致ならず ウクライナ平和サミット 不同意の国は - 06月17日(月)00:35 

 ロシアの全面侵攻を受けるウクライナの平和への道筋を話し合うため、スイス・ビュルゲンシュトックで開かれた初めての「平和サミット」は16日、「共同声明」を採択し、閉幕した。92カ国・8機関による一致を目…
カテゴリー:

ウクライナEU加盟交渉 25日に開始へ - 06月21日(金)21:46 

欧州連合(EU)加盟国の閣僚理事会は21日、ロシアの全面侵攻にさらされるウクライナと隣国モルドバのEU加盟交渉について、今後の手続きの枠組みを承認した。25日のEU加盟国...
カテゴリー:

プーチン氏、北朝鮮入り 金総書記が出迎え - 06月19日(水)07:24 

ロシアのプーチン大統領は19日未明、北朝鮮の首都平壌に到着した。ロシア国営タス通信が報じたところによると、金正恩(キムジョンウン)総書記が空港で出迎えた。 ロシア国営RIAノーボスチ通信は、両首脳が車列に向かう前に立ち止まって数分間親しく会話したと報じた。 ロシアによるウクライナへの全面侵攻が2022年に始まって以降、プーチン氏の外国訪問はまれで、訪朝は00年以来、24年ぶり。新型コロナのパン...
カテゴリー:

刑務所から塹壕へ、ウクライナ軍による受刑囚徴集の内幕は - 06月17日(月)16:54 

大隊指揮官のドミトロ・クハルチュクさん(34)の口調は物静かだが決然としていた。タトゥーの入った手を後ろに組み、バフムートやアウジーイウカで戦った経験を男性たちに語る。彼らはいずれも受刑囚だ。 クハルチュクさんがいるのはウクライナ中部の刑務所。体格が良く、健康で、やる気のある受刑囚を、自ら率いる第3独立強襲旅団に徴集しようとしている。 ロシアの全面侵攻から2年以上が経過し、ウクライナは枯渇した...
カテゴリー:

次の平和サミットは「数カ月以内」 ゼレンスキー氏、候補国と協議 - 06月17日(月)05:00 

 ロシアの全面侵攻を受けるウクライナのゼレンスキー大統領は16日、自国の平和に向けて議論する2回目の「平和サミット」を数カ月以内に開く意向を明かした。開催候補地として、すでに複数の国と協議を始めたとい…
カテゴリー:

平和サミットに反発のロシア、交渉条件突きつけ 外交攻勢奏功か - 06月16日(日)21:08 

 ロシアによるウクライナへの全面侵攻は、開始から2年4カ月近くが経過した。戦火は収まる気配が見えず、犠牲は増え続けている。ウクライナ側の提唱で15~16日に初の首脳級会合「世界平和サミット」がスイスで開かれたが、国際社会の分断は解消されず、和平実現の難しさが改めて露呈した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる