「万葉集」とは?

関連ニュース

「令和」の考案者!?万葉集の研究者・中西進、原点にある戦争体験を語る『情熱大陸』 - 08月18日(日)06:00 

8月18日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)では、新元号「令和」の考案者と目され、日本中の注目を浴びる国文学者・中西進に密着する。 ここ3か月間、1日も休まず西へ東へと飛…
カテゴリー:

“歴男”の麒麟・川島明、お宝に感動しきり!徳川家康の健康マニアぶりも明らかに - 08月12日(月)13:22 

MCの爆笑問題&阿川佐和子と、宗派を超えたお坊さんたちが繰り広げる『お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺』。8月12日(月)、令和最初のお盆に同番組の3時間スペシャルが放送される。©テレビ朝日新元号「令和」の典拠となったのは、万葉集に収録されている和歌。実は、その和歌が詠まれた地は太宰府。番組では、今年だからこそ行っておきたい“令和の聖地”ともいうべき開運スポット「太宰府天満宮」をめぐるほか、近年新たに発見された徳川家のすごいお宝も続々登場する。©テレビ朝日◆徳川家康の健康マニアぶりも明らかに…!約150年ぶりに江戸幕府外交の公式印「経文緯武」が発見され、話題になったことが記憶に新しい今日この頃。そこで番組では、近年全国で見つかった「徳川家のお宝」を徹底調査し、そのBEST3を特別公開する。©テレビ朝日今回公開するのは、水戸黄門こと徳川光圀の極小仏「阿弥陀三尊像」や、徳川家康のスゴさを今に伝える大坂の陣(1614~1615年)での最古・最大級「武将たちの巨大配置図」、テレビ初公開となる徳川慶喜の直筆「誠の書」に加え、家康の健康マニアぶりも垣間見られるお宝の数々だ。テレビ初公開のお宝や、普段は絶対に見られないお宝など、貴重な実物を目の当たりにした歴男・川島明(麒麟)と歴女・星野真里も感動しきりで…!©テレビ朝日このほか、『ぶっちゃけ寺』だからこそ撮影させてもらえた掛け値なしに貴重な映像が...more
カテゴリー:

阪神なんば線10周年×武庫川学院80周年 阪神電鉄と武庫川女子大学が「奈良文化講座」を開催! ~令和につながる「万葉集」「まほろばの建築」そして「奈良の文化」をたどる~ - 08月08日(木)16:40 

[阪神電気鉄道株式会社] 阪神は、3月に迎えた阪神なんば線開業10周年の記念企画の一環として開催し、阪神なんば線の開業によって阪神間とつながった奈良の魅力や文化を、阪神沿線にお住まいの方々に伝え、興味を持ってもらうことで、奈良...
カテゴリー:

「葉の茶 日本一の茶師監修 ほうじ茶(北陸限定)」を新発売 - 08月06日(火)14:00 

2019年8月6日 ダイドードリンコ株式会社 日本一の茶師※が監修した、北陸限定のおもてなし 「葉の茶 日本一の茶師監修 ほうじ茶(北陸限定)」を新発売 ダイドードリンコ株式会社は、2019年秋冬の新商品として、「葉の茶 日本一の茶師監修 ほうじ茶(北陸限定)」を9月2日(月)より富山県、石川県、福井県の北陸3県限定で新発売いたします。 ※ 第43回全国茶審査技術競技大会 優勝 京都 芳香園製茶 米田 末弘氏 「葉の茶 日本一の茶師監修 ほうじ茶(北陸限定)」のポイント ◆北陸地方では、来客時のおもてなしに「ほうじ茶」を振る舞うなど、  古くから「ほうじ茶」が親しまれている。 ◆ほうじ茶市場は着実に伸長しており、より本格的な味わいが求められてきている。 ◆日本一の茶師から監修を受けた、ほうじ茶特有の香ばしい味わいと北陸で好まれるすっきりした後味。 ●開発背景    2015年の「北陸新幹線」開業や、新元号「令和」の引用元である万葉集にゆかりある地として福井県越前市が話題になったことなどにより、盛り上がりを見せる北陸3県。   本地域では、来客時のおもてなしに「ほうじ茶」を振る舞うなど、古くから「ほうじ茶」が親しまれております。 また近年、ほうじ茶市場は着実に伸長しており※、より本格的な味わいにこだわった商品へのニーズがますます高まってくると当社では考えており...more
カテゴリー:

令和に合わせ、近鉄電車が万葉列車を運行 - 07月29日(月)08:00 

漫画家・里中満智子のイラストを使用したラッピング列車『あすか万葉トレイン』が、7月30日から近鉄電車の南大阪線、吉野線を中心に運行される。 新元号・令和の典拠となった「万葉集」ゆかりの地である奈良・飛鳥地域。この地の更な […]
カテゴリー:

「令和」の考案者!?万葉集の研究者・中西進、原点にある戦争体験を語る『情熱大陸』 - 08月16日(金)19:28 

8月18日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)では、新元号「令和」の考案者と目され、日本中の注目を浴びる国文学者・中西進に密着する。ここ3か月間、1日も休まず西へ東へと飛び回っていたという中西。「休みたい気持ちもあるが、人と話すのが好き。好奇心のおもむくまま引き受けている」とはにかみ、行く先々で熱く思いを語り、時には冗談を言って場を和ませる。89歳とは思えないバイタリティだ。中西は日本を代表する万葉集の研究者で、その著書は100冊を超える。万葉集は読むたびに発見があり、それが面白くてたまらないと、研究を続けてきたという。歌の解釈は独特で、それは膨大な知識から生まれたもの。中西の自宅の庭には図書館のような書庫もあり、古今東西の文献が並ぶ。89歳の今なお探求心を失わないその原動力は、「わからないこと」だと言う中西。「わからないっていうことは、結論じゃなくてスタートラインに立っているということですからね」と打ち明ける。この夏、90歳になる中西は、少年時代のことを思い出そうとしているという。戦時中、軍需工場に動員され、爆弾の部品を作っていた日々。空襲の被害で工場一帯は焼け野原に。そこで目にした凄惨な光景、脳裏に焼き付いた戦争の記憶は、自身の生き方の原点だと話す。令和最初の夏に、中西が伝えたいメッセージとは……? 関連リンク ...more
カテゴリー:

阪神なんば線10周年×武庫川学院80周年阪神電鉄と武庫川女子大学が「奈良文化講座」を開催!~令和につながる「万葉集」「まほろばの建築」そして「奈良の文化」をたどる~ - 08月08日(木)17:15 

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫。以下「阪神」といいます。)と武庫川女子大学(所在:兵庫県西宮市、学長:瀬口和義。以下「武庫川女子大」といいます。)は、10月27日(日)に武庫川女子大学の公江記念講堂において「奈良文化講座」を開催し、1,000名をご招待します。 阪神は、3月に迎えた阪神なんば線開業10周年の記念企画の一環として開催し、阪神なんば線の開業によって阪神間とつながった奈良の...
カテゴリー:

「令和」の典拠「梅花の歌」ひもとく 福岡女学院大・東教授が講演 - 08月07日(水)19:00 

「万葉集の令和、そして唐津」と題した講演会(唐津商工会議所、Re:からつプロジェクト実行委員会共催)が先月23日、唐津市の大手口センタービルで行われた。福岡女学院大の東(ひがし)茂美教授(伊万里市出身)が講師を務め、新元号の典拠となった「梅花の歌」序文をひもときながら、底流にある「促膝(そくしつ)」思想を紹介、この思想が今の日本に重要であり、新時代にふさわしい新元号と説いた。要旨を紹介する。 天平2(730)年正月に大伴旅人たちが梅花の宴を開いたとある。旅人や山上憶良が、なぜ梅花の歌を歌ったか。
カテゴリー:

新元号「令和」の典拠となった #万葉集 とゆかり.. - 08月01日(木)16:20 

新元号「令和」の典拠となった #万葉集 とゆかりの深い古都・鎌倉市。日本古典の研究拠点を目指す新たな取り組みが始まります。
カテゴリー:

「万葉集」の画像

もっと見る

「万葉集」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる