「ヤクルト」とは?

関連ニュース

「こんなに苦しいなら辞めちゃった方が楽じゃん」ヤクルト・奥川恭伸が明かす復活までの壮絶な日々…見知らぬ人に手術を迫られ中傷も「あの涙の意味は」 - 07月12日(金)11:02 

6月14日オリックスとの交流戦で980日ぶりとなる勝ち星を挙げたヤクルト・奥川恭伸投手。度重なる負傷、誹謗中傷にも苦しんだ右腕の知られざる思いを、入団から取材し続けてきた記者が綴った。
カテゴリー:

阪神の2年目野口、初の先発出場で初適時打 持ち味はフルスイング - 07月10日(水)22:44 

 (10日、プロ野球 阪神タイガース4―1東京ヤクルトスワローズ) 全力で2度、ブンブンとバットを振って阪神の野口恭佑は打席に入った。四回2死二塁。「とにかく強く振る」。追い込まれても、その姿勢は変わ…
カテゴリー:

緒方耕一、村上宗隆の打率が上がらない要因指摘「試合になると…」 - 07月10日(水)17:30 

元プロ野球選手で野球解説者の緒方耕一氏が5日、YouTubeチャンネル『みんなのプロ野球チャンネル』で公開された動画「後半戦のヤクルトのキーマンは奥川と石川の2人!? 元教え子丸山和郁に注文がある!? 元2軍コーチ・緒方耕一がここまでのヤクルトの戦いを分析!!」に登場。ヤクルト・村上宗隆の打率がなかなか上がらない要因を指摘した。
カテゴリー:

「アメリカで通用する投手の条件は…」元巨人V9戦士・高田繁が語るMLBとの出会い「レベルが全然違う。大谷翔平なんて考えられない」 - 07月10日(水)06:01 

生まれは鹿児島の薩摩隼人。育ちは大阪。名門・浪商のケンカ野球で生を受け、明治大学島岡学科の首席卒業と呼ばれた神宮の華から、V9巨人の川上野球を骨身に刻み込んだ現役時代。引退した後は、日本ハム監督、巨人二軍監督、北海道移転後の日本ハムGM、ヤクルト監督と各地を転々としながら、若いチームの土台づくりを担ってきた。一線を退いていた2011年12月。親会社が変わったDeNAベイスターズから三顧の礼で迎えられ、チーム作りを任されるGMに就任。焼け野原の中から7年間かけ、チームの土台をつくりあげると、2018年いっぱいでGMを退任した。御年78歳。第一線から退いて早5年。高田繁が語ったメジャーで通用するエースの条件は?
カテゴリー:

阪神がサヨナラ勝ち、大きな波に乗れるか 近本光司が決めた一打 - 07月09日(火)22:48 

◇○阪神2―1ヤクルト●(9日・甲子園)  点が取れず苦しい試合が続いた阪神が、2試合連続で敵失絡みのサヨナラ勝ちで3連勝となった。この日、最後に決めたのは今季、打撃で苦しんできた1番・近本光司だった。
カテゴリー:

阪神の新星・野口、反撃の一打 連勝立役者に ヤクルトに白星 - 07月10日(水)23:54 

○阪神4―1ヤクルト●(10日・甲子園)  好機で1本が出ず得点力不足に苦しみ続ける阪神で、プロ2年目の23歳・野口恭佑が2打点と勝負強さを発揮し、4連勝の立役者となった。
カテゴリー:

セ大混戦 上位4球団が1ゲーム差 - 07月10日(水)22:19 

「阪神4−1ヤクルト」(10日、甲子園球場)阪神はプロ初スタメンとなった野口のプロ初タイムリーを含む2打点で逆転勝ちで4連勝で2位に浮上した。
カテゴリー:

阪神・石井、逆転を呼ぶ好救援 ヤクルトにサヨナラ勝ち - 07月10日(水)07:44 

 阪神の石井が0―1の九回を三者凡退に抑え、直後の逆転サヨナラを呼び込んだ。神2―1ヤ(9日) 阪神が逆転サヨナラ勝ち
カテゴリー:

今永昇太はなぜメジャーで通用する?…「こっちが聞きたいくらいや」DeNA元GM高田繁が明かすドラ1での“獲得秘話”と“ホントの評価“ - 07月10日(水)06:00 

生まれは鹿児島の薩摩隼人。育ちは大阪。名門・浪商のケンカ野球で生を受け、明治大学島岡学科の首席卒業と呼ばれた神宮の華から、V9巨人の川上野球を骨身に刻み込んだ現役時代。引退した後は、日本ハム監督、巨人二軍監督、北海道移転後の日本ハムGM、ヤクルト監督と各地を転々としながら、若いチームの土台づくりを担ってきた。一線を退いていた2011年12月。親会社が変わったDeNAベイスターズから三顧の礼で迎えられ、チーム作りを任されるGMに就任。焼け野原の中から7年間かけ、チームの土台をつくりあげると、2018年いっぱいでGMを退任した。御年78歳。第一線から退いて早5年。高田繁が語った「かつてのエース」今永昇太の思い出とは?
カテゴリー:

詐欺防止 川柳で意識向上を 佐賀県警、第一生命などコンテスト - 07月09日(火)20:00 

佐賀県と県警、第一生命保険佐賀支社、佐賀県ヤクルト販売は、詐欺被害防止の意識向上を目的にした川柳コンテストを共同で開催する。昨年、ニセ電話詐欺の被害が過去10年で最悪になったことを受けて企画し、「STOPサギ!川柳2024」として実施する。応募期間は10日から9月17日まで。 県警によると、県内で昨年発生したニセ電話詐欺は169件、被害額は6億6042万円でともに過去10年で最も多かった。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる