「スクープ」とは?

関連ニュース

小島瑠璃子の巧みな「破局商法」。関ジャニ村上は爆弾投下にビビりまくり!?エロモード全開で“夜の営み”好きアピール - 07月29日(木)17:53 

交際していた人気漫画『キングダム』作者の原泰久氏(46)と破局していたことが明らかになった、タレントのこじるりこと小島瑠璃子(27)。すっかり元気をなくして傷心しているかと思いきや、そこはこじるり。破局ネタを駆使してバラエティ番組に出演しまくるという、転んでもただでは起きないしぶとさを見せつけている。しかし、そんな小島の“破局商法”に戦々恐々としている男たちがいるようだ。 下ネタOKの最強キャラに変身した小島瑠璃子 2020年の春頃からスタートしたとみられる小島と原氏の交際。年の差は親子ほど離れた19歳。しかも、東京と福岡の遠距離恋愛で、当初から多くのハードルを抱えた恋愛だった。 “略奪愛”や“不倫疑惑”などもささやかれた交際だけに、小島にとって大きなダメージになる…かと思われたが、今回の破局をきっかけに小島は思い切ったキャラ変を敢行。NGなしのぶっちゃけキャラに生まれ変わり、恋愛もエロネタも解禁するようになった。 7月6日に放送された『グータンヌーボ2』(関西テレビ)に出演した小島は、「付き合う前に致すか致さないか」というギリギリのトークテーマにも、「致しますね。致さないと付き合えないですね、逆に。怖いです」などと回答。夜の営みに関してもぶっちゃけコメントをするようになった。 【関連】片瀬那奈が“コカイン逮捕”彼氏で窮地。芋づる式に芸能人が一斉検挙?尿検査認めて謝罪も激怒したのは...more
カテゴリー:

片瀬那奈、違法薬物使用の報道…“清原和博パターン”に警戒、テレビ各局で起用自粛の動きか - 07月29日(木)09:00 

29日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、女優の片瀬那奈が違法薬物を使用していた疑いがあると報じた。22日に「文春オンライン」は、片瀬の恋人で同棲相手のITベンチャー、クリッチ前代表取締役社長の岡田英明氏が麻薬取締法違反容疑で逮捕されていたとスクープしたが、片瀬も警察による家宅捜索...
カテゴリー:

【速報】片瀬那奈が同棲相手のコカイン逮捕で「尿検査と家宅捜索」 事務所認める - 07月27日(火)17:50  poverty

「週刊文春」が7月22日の「スクープ速報」で報じた、女優・片瀬那奈(39)の同棲相手が7月上旬にコカイン所持で逮捕された麻薬取締法違反事件。この捜査で、片瀬が尿検査と自宅の家宅捜索を受けていたことを、所属事務所が認めた。当初の取材では、尿検査と家宅捜索について、否定していた。 https://bunshun.jp/articles/-/47411?page=2 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【スクープ最前線】習政権「米欧分断工作」裏目で“大恥” 東京五輪がサイバー・テロ標的に…自由主義国陣営が中国に共同抗議声明 - 07月27日(火)06:30 

 東京五輪の熱戦と並行して、菅義偉首相は来日した各国要人らとの「マラソン会談」をこなした。中でも、フランスのエマニュエル・マクロン大統領との会談では、新型コロナ禍での五輪開催の経験を、2024年のパリ五輪・パラリンピックと共有するだけでなく、軍事的覇権拡大を進める中国共産党政権を念頭に、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた連携強化を確認した。
カテゴリー:

【スクープ】塩野義製薬、コロナ治療薬の臨床試験.. - 07月26日(月)08:05 

【スクープ】塩野義製薬、コロナ治療薬の臨床試験に着手 1日1回服用 #新型コロナウイルス
カテゴリー:

【スクープ】ロビンフッド、IPO価格38ドルに設定.. - 07月29日(木)09:18 

【スクープ】ロビンフッド、IPO価格38ドルに設定 仮条件の下限 #ロビンフッド #IPO #株 #米国株
カテゴリー:

「もし発注なければ…」 五輪、関係者用弁当「1日・数千食」廃棄、納入業者側の“複雑な事情” - 07月28日(水)18:25 

東京オリンピック(五輪)関係者用の弁当が大量廃棄されていたことが分かり、Twitter上などで物議を醸している。発端は今月24日放送の『報道特集』(TBS系)が、会場運営ボランティア用のおにぎりや弁当などが廃棄されていることをスクープしたことだ。廃棄量は1日当たり数千食分に及ぶと...
カテゴリー:

片瀬那奈が同棲相手のコカイン逮捕で「尿検査と家宅捜索」 事務所認める - 07月27日(火)16:35 

「週刊文春」が7月22日の「スクープ速報」で報じた、女優・片瀬那奈(39)の同棲相手が7月上旬にコカイン所持で逮捕された麻薬取締法違反事件。この捜査で、片瀬が尿検査と自宅の家宅捜索を受けていたことを、所…
カテゴリー:

日産「スカイライン」ブランドは本当に消滅してしまうのか 独自の存在感は健在 - 07月26日(月)11:21 

 日産自動車のラインアップ中、最古参のブランド「スカイライン」が消滅!?--6月に日本経済新聞がスクープネタとして、日産が伝統のブランドであるスカイラインを含む後輪駆動系高級セダンから撤退予定と報じた。果たしてスカイラインのブランド価値は本当になくなったのか。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏が、現行モデルに試乗して考察した。
カテゴリー:

日本代表の座を奪われた…45年越しのボート対決に「感動で泣いてしまった」の声 - 07月24日(土)11:53 

ダウンタウンの松本人志が局長を務める『探偵!ナイトスクープ』(ABCテレビ、毎週金曜23:17~※関西ローカル)。7月23日の放送では、45年越しにライバル同士のボート対決が実現。「オリンピックより熱い!」とSNS上で話題となった。この日の依頼人は、京都府に住む62歳の男性。「どうしても決着を着けたい相手がいるので、探し出してほしい」という依頼だ。45年前、依頼人は高校生でボート競技をしており、インターハイにも出場する全国区のボート選手だったという。世界ジュニア選手権の日本代表選抜最終選考にも残っていたと続ける。そんな依頼人が、どうしても決着を着けたい相手というのが、その最終選考に共に残っており、のちに日本代表に選ばれた人物。その運命の最終選抜を“ある理由”ですっぽかしてしまったという依頼人。歳を取るにつれ「あの時出場していれば、自分が日本代表だったのでは」という後悔の思いが湧いてきたそうで、今回、あの日実現しなかった対決をして、過去の清算がしたいという。最終選抜を棄権してしまった“ある理由”が一時の感情によるものだったからこそ、後悔はひとしお。最終選考前に中間テストがあり、終わった解放感から練習を1日サボってしまったそう。すると翌日、顧問からお叱りの電話があり、ついカッとなって部活を辞めてしまったんだとか。それまでにも何度も大会でその人物と戦ったことがあったのだが、1度しか負けた...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる