「要介護」とは?

関連ニュース

三洋化成工業 「フレキシブル休職」を新設 視野広げる機会に - 12月09日(月)05:11 

社会奉仕や研鑽想定し  三洋化成工業㈱(京都府京都市、安藤孝夫代表取締役社長)は、「フレキシブル休職制度」を導入した。ボランティアをはじめ、要介護状態ではない親族の介護、自己研鑽、副業――など多様な目的での利用を想定している。在職中に1度、最長2年まで取得を認める。社外での経験は従業員の視野を広げ、新たな発想につながると判断した。業務引継ぎの観点などから、休業に入る1カ月前までの申請を求める……[続きを読む]
カテゴリー:

【団塊世代が85歳になる2035年、要介護者の急増で.. - 12月06日(金)11:05 

【団塊世代が85歳になる2035年、要介護者の急増で介護も崩壊】 確かに厳しい現実ですが、個人ができることはあります。たとえば、70歳まで働くなど規則正しい生活を続けて健康状態を少しでも維持することです。 #医療 #人員不足 #医師 #看護師 #女性自身[@jisinjp]
カテゴリー:

自立支援型デイ®サポートシステム「ACE」、介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」と連携 - 12月03日(火)15:00 

2019年12月3日 QLCシステム株式会社 自立支援型デイ®サポートシステム「ACE」 介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」と連携 ~システムを通じた機能訓練系加算の算定サポートにより経営安定を支援~ QLCグループのQLCシステム株式会社(代表取締役:村田和男、以下「当社」)が開発・提供する自立支援型デイ®サポートシステム「ACE」(以下「ACE」)は、株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部、以下「エス・エム・エス」)が提供する介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」(以下「カイポケ」)と連携。 「カイポケ」導入事業所に向け、通所系介護事業所の介護報酬加算取得をサポートする「カイポケ加算サポート」(以下「カイポケ加算サポート」)として提供を開始します。 超高齢社会に突入し、介護のニーズが増大している一方で、2019年上半期の「老人福祉・介護事業」の倒産は年間最多ペースで推移するなど※1、介護業界を取り巻く環境は厳しさを増しています。 また、2018年(平成30年度)の介護報酬改定では「自立支援・重度化防止」が重点課題とされるなど、自立支援・重度化防止に資する質の高い介護サービスの実現に向けた施策も推進されており、介護事業者には、介護報酬加算の取得といった経営安定化への取り組みや、介護のニーズに応じたサービス提供などが求められていま...more
カテゴリー:

高齢者世帯のゴミ出し支援に特別交付税 経費の5割を措置 高市総務相 - 11月29日(金)10:38 

 高市早苗総務相は29日の閣議後会見で、単身の要介護者や障害者などゴミ出しが困難な状況にある世帯に市町村が実施するゴミ出し支援に対し、今年度から特別交付税措置を講じることを明らかにした。支援に要する経費の5割を支出する。「この措置を活用し、支援に積極的に取り組んでいただきたい」と述べた。
カテゴリー:

【介護保険の助成金が使えるかも…老朽化した実家.. - 11月28日(木)06:04 

【介護保険の助成金が使えるかも…老朽化した実家のリフォーム術】 親が要介護の場合には、住宅改修の費用への助成として利用できる介護保険制度があります。1人あたり20万円が限度額で改修費用が収入に応じ…… #実家 #建て替え #老朽化 #リフォーム #女性自身[@jisinjp]
カテゴリー:

【迫る】団塊世代が85歳になる2035年、要介護者の急増で介護も崩壊…日本の社会保障が崩れる未来 - 12月06日(金)23:38  newsplus

救急車はすぐに来ず、介護施設は閉鎖してサービスを受けられない。今は、いつでもどこでも受けられる日本の社会保障が崩れる未来。実はすぐそこに迫っているーー。 「団塊の世代すべてが75歳以上になる2025年ごろは、医療機関や介護施設で大きな混乱が予想されます。しかし、それは日本の社会保障制度が崩壊する序章でしかないのです」 そう語るのは、ベストセラー『未来の年表』(講談社現代新書)の著者で人口減少対策総合研究所理事長の河合雅司さんだ。厚生労働省は、’25年には内科医が1万4000人、看護師をはじめとする看護職員...
»続きを読む
カテゴリー:

地域密着型サービス - 12月05日(木)11:00 

地域密着型サービスとは、認知症の高齢者や中重度の要介護者が住み慣れた地域でできるだけ長く生活を継続できるように、2006年度介護保険制度改正で創設されたサービスのこと。認知症高齢者グループホームや小規模多機能型居宅介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護などが該当し、市町村および東京23
カテゴリー:

要介護の高齢者などのゴミ出し支援に特別交付税 - 11月29日(金)15:49 

要介護の高齢者などのゴミ出し支援に特別交付税
カテゴリー:

高齢者世帯のゴミ出し支援に特別交付税 経費の5割を措置 高市総務相 - 11月29日(金)10:32 

 高市早苗総務相は29日の閣議後会見で、単身の要介護者や障害者などゴミ出しが困難な状況にある世帯に市町村が実施するゴミ出し支援に対し、今年度から特別交付税措置を講じることを明らかにした。支援に要する経費の5割を支出する。「この措置を活用し、支援に積極的に取り組んでいただきたい」と述べた。
カテゴリー:

タワーマンションは水に弱い? 物件ごとの”防災能力”の違いを住宅診断のプロに聞いてみた - 11月26日(火)11:53 

画像素材:PIXTA東日本に記録的な被害をもたらした台風19号。武蔵小杉では一部のタワーマンションで停電が起きたことから、その防災力に注目が集まりました。マンションの防災力には、建物ごとに違いがあるのでしょうか?今回は管理力を軸に厳選された中古マンションを紹介する「BORDER5」を運営し、さまざまな物件の住宅診断を手掛けてきた「さくら事務所」にお邪魔して、代表取締役社長の大西倫加さん、マンション管理組合のコンサルティング業務などを手掛ける土屋輝之さんに話を伺いました。防火管理者の存在に見るマンション住民の自衛能力マンションの防災力を知るうえで、土屋さんがまず注目すべきと話していたのが、防火管理者の存在です。マンションにおける防火管理者は、消防計画を作成するほか、防災訓練や消防設備の点検などにおいて、住民の中から選出された責任者となる存在。一定規模以上のマンションでは、消防法によって選出が義務付けられているのですが、その存在が有名無実化されているところも多いのだとか。「例えば、避難訓練で防火管理者はリーダーシップをとるべき存在ですが、そうした役割を果たしていないどころか、訓練自体を行っていないマンションも少なくありません。住人の方の多くが『誰が防火管理者か?』を把握していませんし、ひどいケースでは防火管理者に選出された方が、引っ越していなくなっているケースもありました」(土屋さん)...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「要介護」の画像

もっと見る

「要介護」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる