「要介護」とは?

関連ニュース

TPCマーケティングリサーチ株式会社、2020年 メディカルフーズ市場について調査結果を発表 - 07月31日(金)17:00 

2019年度のメディカルフーズ市場は、前年度比3.1%増の1,444億円となった。同市場は、要介護高齢者や生活習慣病患者の増加、病院・介護施設における調理現場の人手不足、栄養管理ニーズの高まり等の要因から、ここ10年で約1.3倍に拡大している。当資料では、メディカルフーズ市場を分野別(介護食・治療食・流動食)、訴求ポイント別、チャネル別、食品カテゴリー別に分析。さらに、参入各社の商品分析、販売促進策及び今後の方向性についてもレポートしている。概要◆2019年度のメディカルフーズ市場は、前年度比3.1%増の1,444億円規模となった。同市場は、ここ10年で約1.3倍に拡大している。主な成長要因としては、(1)要介護高齢者や生活習慣病患者の増加、(2)病院・介護施設における調理現場の人手不足、(3)低栄養の予防・改善など栄養管理ニーズの高まりといった点が挙げられる。◆分野別にみると、介護食は、病院・介護施設向けに簡便調理を訴求した冷凍介護食が伸長。在宅向けでは、ペースト状に加工したレトルト介護食やとろみ剤(とろみ調整食品)の需要が拡大している。各社は、“簡便性”、“栄養補給”、“食べやすさ”に配慮した商品の拡充や、在宅向けの販路開拓を進めており、さらなる市場成長が期待できる状況にある。◆流動食は、栄養管理の重要性の高まりを背景に堅調に推移している。特に経口タイプは、食事で十分な栄養が摂...more
カテゴリー:

IADLを体験できるリハビリVRシステム 「iADVISOR (アイアドバイザー)」のサービス開始。新規取扱い代理店の募集も開始。 - 07月30日(木)17:00 

株式会社ワイドソフトデザイン (本社:兵庫県神戸市) は、IADLを体験できるリハビリVRシステム「iADVISOR (アイアドバイザー)」 (URL:https://iadvisor.widesoft.co.jp/ )を、2020年7月22日にリリースしたことを発表致します。 iADVISORは、回復期リハビリテーションを行っている人、軽度認知症、高次脳機能障害、フレイルの人に向いたリハビリシステムで、高齢者施設、老人ホームなどで要介護1~2程度の人も使用可能です。 リリースに合わせてシステムの2週間の無料貸し出しサービスを開始しました。また、新規取扱いの代理店を広く募集します。
カテゴリー:

尊厳死宣言はムダだった?終活で尊厳死を宣言した女性の「寝たきり」「胃ろう」介護の現実 - 07月27日(月)05:20 

中野ヨシさん(71歳、女性)は、特別養護老人ホームに入所して丸3年が経過した。脳出血から肢体麻痺になり、要介護度5の寝たきり状態で自発的な動作は一切できない。現在は胃ろうを造設し、毎日ほぼ決まった時間に起きて、管から栄養を補給し、おむつ交換、臥床等、ルーティーンを繰り返している。
カテゴリー:

『想像して辛くなった』 老人ホームの「日常」は…数十年後にこうなる? - 07月24日(金)19:35 

しろたぬ☘歯科医師(お豆腐メンタル)(@shirotanu_dds)さんは、「老人ホームでの生活」を巡って、こんなツイートを投稿しました。 老人ホームで暮らす高齢者の中には、世代だからという理由で演歌ばかり聞かされて嫌気がさしているひともいる。本当はフォークやグループサウンズが聞きたいと。数十年後に「懐かしいでしょ?」と言われながらEXILEやジャニーズやAKBばかりを流され、歌わされる自分の姿を想像してツラくなった。 — しろたぬ☘歯科医師(お豆腐メンタル) (@shirotanu_dds) July 19, 2020   なるほど…!!(((;゚Д゚)))    googletag.cmd.push( function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586069374553-0'); }); 人それぞれ おっしゃるとおり、「決めつけて括られる」のは非常に辛いですね。 亡き父も、デイサービスで演歌や童謡を合唱させられて困っていました。だって、うちの父は若い頃からJazzが好きだったから…。職員の方から「お父様はいつも一人でポツンとしています」と心配して頂きましたが、お気になさらず、父は皆さんの賑やかな声を聴きながら一人でいるのが好きなのです…と返答 — 花鳥風月 (@tori...more
カテゴリー:

IADLを体験できるリハビリVRシステム 「iADVISOR (アイアドバイザー)」のサービス開始。新規取扱い代理店の募集も開始。 - 07月22日(水)09:00 

株式会社ワイドソフトデザイン (本社:兵庫県神戸市) は、IADLを体験できるリハビリVRシステム「iADVISOR (アイアドバイザー)」 (URL:https://iadvisor.widesoft.co.jp/ )を、2020年7月22日にリリースしたことを発表致します。iADVISORは、回復期リハビリテーションを行っている人、軽度認知症、高次脳機能障害、フレイルの人に向いたリハビリシステムで、高齢者施設、老人ホームなどで要介護1~2程度の人も使用可能です。リリースに合わせてシステムの2週間の無料貸し出しサービスを開始しました。また、新規取扱いの代理店を広く募集します。■ iADVISOR (アイアドバイザー) とはiADVISOR(instrumental Activity of Daily living supported by Virtual Interactive System for Occupational Rehabilitation)は、株式会社ワイドソフトデザインと神戸大学大学院保健学研究科が共同研究で開発しました。作業療法士の意見をもとに、IADL(手段的日常生活動作)を実現するVRリハビリテーションシステムを作りました。IADLとは、電話、買い物、調理、掃除、洗濯、外出、服薬、金銭管理などの高度な運動や記憶力を必要とされる動作です。株式会社ワイドソフト...more
カテゴリー:

新型コロナ“巣ごもり時代”にセルフケア需要高まる 重炭酸入浴剤『ホットタブ』シリーズ、累計販売1億6千万錠突破 2020年3月~6月自社ECサイト売上過去最高を記録 - 07月31日(金)16:00 

重炭酸入浴剤の製造販売を行う株式会社ホットアルバム炭酸泉タブレット(本社:東京都八王子市、代表取締役:小星重治)は、2020年7月1日(水)付で自社開発による入浴剤『ホットタブ』シリーズ累計販売数が1億6千万錠(※1)を突破したことを発表します。※1(OEM商品を含む累計販売数)特許技術で重炭酸温浴を家庭で再現可能に 新型コロナ禍の「健康志向」「おうち時間」で注目か当社が独自に開発・製造する入浴剤『ホットタブ』シリーズは、いま注目されている「重炭酸温浴」ができる入浴剤です。2012年1月の販売開始以降、健康志向の高い女性や中高年層をはじめ、スポーツ選手や芸能人がボディメンテナンスアイテムとしてSNSで紹介するなど、年代を問わず高い評価を集めています。2020年3月~6月の自社ECサイト売り上げは、昨年秋に比べ約300%と過去最高を記録しました。新型コロナウイルス禍による「免疫力の向上」や「おうち時間の充実」への意識の高まりによるものと考えられます。『ホットタブ』の重炭酸温浴とは世界有数の温泉療養国であるドイツでは、「中性重炭酸泉」が古くから注目されてきました。健康維持、疲労回復、美容効果など多くの効能があるとして、保険適用のもと様々な用途で利用されています。日本には中性重炭酸泉が少ないことから、「ご家庭でも同じ効果を」と当社が研究開発したのが、「重曹」と「クエン酸」を錠剤化した独自...more
カテゴリー:

NTTデータと郡山市、要介護認定事務におけるAI実証実験の最終報告 - 07月27日(月)17:01 

NTTデータ東北と福島県郡山市は、要介護認定事務のAI導入に向けた実証実験に関する最終報告会を2020年7月27日に開催したと発表した。
カテゴリー:

要介護者×3 無職×1(俺) ← 詰んでね? - 07月24日(金)23:22  news4vip

どうすればいいの? ...
»続きを読む
カテゴリー:

通所リハビリテーション(デイケア) - 07月22日(水)14:30 

通所リハビリテーション(デイケア)とは、在宅の要介護者が身体機能の維持・回復などを目的に施設に通い、医師の指導の下、リハビリを受ける介護保険サービスのこと。運営主体は病院および診療所、介護老人保健施設、介護医療院。要支援者向けのサービスとしては介護予防通所リハビリテーションがある
カテゴリー:

通所介護(デイサービス) - 07月20日(月)09:01 

通所介護(デイサービス)とは、在宅の要介護者が施設に通い、入浴や食事などの生活支援や機能訓練を受ける介護保険サービスのこと。リハビリテーションによって心身の機能の維持・回復を図る通所リハビリテーション(デイケア)と異なり、通所介護では生活機能の維持・向上に加えて、利用者の社会的孤
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「要介護」の画像

もっと見る

「要介護」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる