「終身刑」とは?

関連ニュース

ニッキー・ミナージュ兄、11歳少女への性的暴行で.. - 01月28日(火)11:16 

ニッキー・ミナージュ兄、11歳少女への性的暴行で「終身刑」の可能性。 【続きはコチラ↓】
カテゴリー:

「無期懲役は十数年で出所できる」 大嘘だった - 01月27日(月)12:43  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 「無期懲役でも十数年で仮釈放」はうそ https://this.kiji.is/560001174332949601?c=39546741839462401 無期懲役は、仮釈放されなければ死ぬまで刑務所で労働を強制される刑だ。仮釈放されても恩赦にならない限り、生涯にわたって保護観察下に置かれる。 仮釈放には、?悔悟の情と改善更生の意欲がある、?再犯の恐れがない、?社会の感情が仮釈放を認める―などの条件があり、?の判断では、被害者側の意見も聴くので、ハードルは高い。  法務省によると、17年末現在の無期懲役受刑者は17...
»続きを読む
カテゴリー:

インドの3代続く死刑執行人「死刑がないと犯罪減らない」 - 01月26日(日)19:54  news

sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif  2012年にインドの首都ニューデリーを走行していたバスの車内で女子学生が集団にレイプされた後に死亡した事件で、来月死刑囚4人の刑を 執行することになっているパワン・クマール(Pawan Kumar)さん(54)は、4人に全く同情の余地はないと語る。  クマールさんは3代続く死刑執行人で、7人の子どもがいる。北部の街メーラト(Meerut)のこじんまりとした自宅でAFPの取材に応じ、 「死ぬことになっている連中は獣のようなものだ。人間ではない」「残虐な人間だから、命を失うことになる...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】死刑制度、日本人の8割が容認 「やむを得ない」【発展途上国】 - 01月24日(金)12:36  livejupiter

https://snjpn.net/archives/176060 死刑制度、8割が容認=難民受け入れ「慎重」5割超―内閣府調査 ▼記事によると… ・内閣府は17日、5年ごとに実施している「基本的法制度に関する世論調査」の結果を公表した。 ・死刑制度について「やむを得ない」と答えた人は80.8%で、「廃止すべきだ」の9.0%を大幅に上回った。 ・死刑容認は2004年の調査以来、4回連続で8割を超えており、国民の多くが制度を容認する現状が改めて浮き彫りになった。 ・死刑容認の理由(複数回答)は、「廃止...
»続きを読む
カテゴリー:

何で死刑にするの?終身刑じゃダメなの? - 01月21日(火)05:41  news4vip

そんなに人を殺したいのか? ...
»続きを読む
カテゴリー:

死刑反対論者「死刑制反対!」ワオ「うん。キミ達全員四畳半の牢屋で終身刑ね」 - 01月27日(月)17:06  livejupiter

死刑反対論者「そんなの嫌だ!早く死なせて!」 明日は我が身なんだよなあ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【インド】バス集団レイプ事件、死刑執行人が心境語る「死刑がないと犯罪減らない」 - 01月26日(日)23:58  newsplus

【AFP=時事】2012年にインドの首都ニューデリーを走行していたバスの車内で女子学生が集団にレイプされた後に死亡した事件で、来月死刑囚4人の刑を執行することになっているパワン・クマール(Pawan Kumar)さん(54)は、4人に全く同情の余地はないと語る。  クマールさんは3代続く死刑執行人で、7人の子どもがいる。北部の町メーラト(Meerut)のこぢんまりとした自宅でAFPの取材に応じ、「死ぬことになっている連中は獣のようなものだ。人間ではない」「残虐な人間だから、命を失うことになる」と語った。 .  4人はジョテ...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】死刑制度、日本人の8割が容認 「やむを得ない」 - 01月24日(金)13:35  livejupiter

https://snjpn.net/archives/176060 死刑制度、8割が容認=難民受け入れ「慎重」5割超―内閣府調査 ▼記事によると… ・内閣府は17日、5年ごとに実施している「基本的法制度に関する世論調査」の結果を公表した。 ・死刑制度について「やむを得ない」と答えた人は80.8%で、「廃止すべきだ」の9.0%を大幅に上回った。 ・死刑容認は2004年の調査以来、4回連続で8割を超えており、国民の多くが制度を容認する現状が改めて浮き彫りになった。 ・死刑容認の理由(複数回答)は、「廃止...
»続きを読む
カテゴリー:

罪を犯した人は「変われる」のか? 刑務所を撮影したドキュメンタリー映画『プリズン・サークル』に込められた思い - 01月24日(金)07:30 

受刑者たちが円になって座り、自らが犯した罪や、幼い頃に受けた虐待やいじめの経験について語り合う。この場所では、彼らは番号ではなく、名前で呼ばれる。 「機械から生身の人間になれた。生きててよかったと思えた」――。ある受刑者は、そう口にする。これは、先進的な更生プログラムを導入する刑務所「島根あさひ社会促進センター」で見られる光景だ。この刑務所に2年間カメラを入れ、受刑者たちが成長していく姿を記録したドキュメンタリー映画『プリズン・サークル』が1月25日(土)、公開される。監督の坂上香さんは、暴力の連鎖を止めたい、という思いで取材を続ける。本作に込めた思いを聞いた。 日本の刑務所とかけ離れた光景に「衝撃を受けた」 舞台となった『島根あさひ』とは 2008年に開設された「島根あさひ社会促進センター」(以下、島根あさひ)は、国と民間が協働で運営する男子刑務所だ。最大収容人数は2000人。初犯など、犯罪傾向の進んでいない受刑者が服役している。 刑務所といえば、受刑者の行動が刑務官に厳しく管理・制限されているイメージだが、島根あさひでは受刑者が付き添いなしで「独歩」することが許されている。受刑者をICタグやカメラで監視しているためだ。さらに、注目すべきは、島根あさひで実施されている「TC(Therapeutic Community、回復共同体)」という更...more
カテゴリー:

【社会】「精神病床数」が世界一レベルに多い日本の異様 ★3 - 01月21日(火)05:07  newsplus

日本で精神的な「居場所」を見つけられず、心の病を抱えたり、引きこもりになったりしている人は少なくない。こうした問題を抱えるひとは欧米にも多く存在するが、日本のように医療の世界に「閉じ込める」ことはしていない。病院の外でそれぞれにあった働き方をし、自らの力で社会に役立っている。 ならば日本も欧米先進国を参考にできないか――。『日本国・不安の研究―「医療・介護産業」のタブーに斬りこむ!』著者の猪瀬直樹氏が、医療業界の歪んだ構造にメスを入れ、精神的な病気を抱える人が、自力で社会での役割を担うための方策...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「終身刑」の画像

もっと見る

「終身刑」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる