「代替肉」とは?

関連ニュース

ぶっちゃけケンタッキーってたまに食べたくなるよな 皮が美味すぎる - 08月09日(日)15:07  poverty

 米Kentucky Fried Chicken(KFC)は7月16日(現地時間)、ロシアの3Dバイオプリンティングメーカー3D Bioprinting Solutions(以下、3D Bio)と協力し、同社の技術で製造する代替肉のチキンナゲットを今秋にまずはモスクワの店舗で発売する計画を発表した。  3D Bioは、鶏の細胞と植物材料から加工肉を製造するバイオプリンティング技術を開発している。このプロセスで、鶏肉の味と質感を再現できるという。KFCは同社にパン粉やスパイスなどを提供し、KFCのチキンナゲットを共同で開発している。  バイオプリンティングで製...
»続きを読む
カテゴリー:

「KFC」が「3Dプリント」のチキンナゲットの製造実験を開始! - 08月07日(金)19:00 

「ケンタッキーフライドチキン」(以下KFC)が、ロシアでバイオプリンティング事業を展開する「3D Bioprinting Solutions」と協力し、3Dプリントによるチキンナゲットの製造実験を開始すると発表。「未来のお肉」を作る目的で始まった今回のプロジェクトは、現在需要が加速している、より地球環境に優しいお肉や、従来のお肉に変わる代替肉の製造のためであるとか。材料はチキンの細胞と植物性の材料を使って作られ、製造過程で動物を傷つけることなく、KFCのアイコニックなチキンナゲットの味を再現することが目標。今年の秋頃にはモスクワにてテスト用の最終形態が製造される予定で、もしこのプロジェクトが成功した場合は、ラボ内で作られた世界で初めてのチキンナゲットになるとか。Top image: © KFC
カテゴリー:

【ニューヨークからお届けします/シェリーめぐみ.. - 07月30日(木)08:00 

【ニューヨークからお届けします/シェリーめぐみ】コロナ禍で代替肉の消費が倍増…健康目的を上回る人気の理由
カテゴリー:

KFCとロシアが協力して「3Dプリントで作った未来の鶏肉」のチキンナゲットを提供すると発表! - 07月20日(月)17:00 

Credit:depositphotos point KFCとロシア研究所が協力して、3Dプリントで作られたチキンナゲットを開発 鶏の細胞と植物素材を使用して3Dプリントし、鶏肉の味と質感を再現 代替肉作成プロセスは、動物にも環境にも優しい フライドチキンチェーン店の「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」は7月6日、「未来の鶏肉」というコンセプトで、3Dプリンターで作られた代替肉のチキンナゲット開発計画を発表しました。 この計画は、ロシアの3Dバイオプリンティングメーカー「3D Bioprinting Solutions(3D Bio)」と協力して行われており、従来のKFC製品に限りなく近い味と外見を再現できると考えられています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 3Dプリントチキンナゲットは、今秋、KFCモスクワ店舗で販売される予定です。 3Dバイオプリントでチキンナゲットを作る Credit:KFC 3D Bioの共同創設者兼マネージングディレクターであるフセフ・ヘスアニ氏は、「当初、医学で広く認識されていた3Dバイオプリントは、今日では肉などの食品生産の分野で活躍しています」と述べています。 3D Bioでも、鶏の細胞と植物素材を使用した3Dバイオプリント技術を開発しており...more
カテゴリー:

【コンビニ】ローソン、大豆ミートを使ったカツのバーガーなど4品を発売、代替肉を手軽に - 07月20日(月)13:45  bizplus

(左上から時計回りに)「DAIZUMEATかつのバーガー」「同メンチカツのバーガー」「大豆ミートのから揚げ 4個」「もち麦入 生姜とDAIZUMEATそぼろのおにぎり」  ローソンは7月中に、「大豆ミート」を使ったカツのバーガーなど4品を全国の「ローソン」店舗で発売する。環境保護や健康意識の高まりから注目されている植物性タンパク由来の代替肉をコンビニエンスストアで手軽に購入できるようにする。  発売するのは、「DAIZUMEATかつのバーガー」(税込み378円)、「同メンチカツのバーガー」(360円)、「もち麦入 生姜とDAIZUMEA...
»続きを読む
カテゴリー:

プロテインを摂るならチキンより豆【研究結果】 - 08月09日(日)10:00 

昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究により“体にもいい”ということが判明した。「アメリカ国立医学図書館」にあるプロテインの摂取量についての研究結果によると、植物性プロテインを摂取する人の方が動物性のプロテインを摂取する人より癌、糖尿病などの死亡リスクの高い病気になりにくいとか。また、上記研究をもとにした「ハーバード大学」のMingyang Songがおこなった研究によると、動物性プロテインの摂取は循環器疾患による死亡確率を高める危険性があり、一方、植物性プロテインはそのリスクが低いとのこと。植物由来の代替肉がスーパーなどでも手にできる今、これまでの価値観についてあらためて考えてみる必要があるのかも?Reference: Low Protein Intake is Associated with a Major Reduction in IGF-1, Cancer, and Overall Mortality in the 65 and Younger but Not Older PopulationReference: Association of Animal and Plant Protein Intake With All-Caus...more
カテゴリー:

培養肉の最大の問題点に立ち向かうカナダ拠点のFuture Fields、培養を促す安価で人道的な材料を発見 - 08月03日(月)14:15 

細胞農業が抱える最大の問題の解決策、つまり培養肉の培養を促す、安価で人道的な材料の開発に有望な方法が生まれたのは、カナダはアルバータ州にあるドーナッツチェーンのTim Hortons(ティムホートンズ)の店内での会話からだった。 Matt(マット)とJalene(ジャリーン)のAnderson-Baron(アンダーソン=バロン)夫妻は、ティムホートンズでドーナッツとコーヒーを待っている間、2人が設立したスタートアップ企業のFuture Fields(フューチャー・フィールズ)の柱となるテクノロジーについて話し合っていた。そのとき、ジャリーンは新しい増殖用材料を提案した。 マット・アンダーソン=バロン氏は、この研究で壁にぶち当たっていた。そこで、3人で共同創設したFuture Fieldsの3分の2の責任を負う夫婦は、お茶をしに出かけたのだった。友人のLejjy Gafour(レジー・ガフォー)氏を加えた3人は、世界中が動物にタンパク源を依存している現状をなんとかしたいと、このスタートアップをカナダで立ち上げた。 彼らは、世界の食肉の需要に応えようとする畜産業には、膨大な持続不可能な問題があることを承知していた。そこで、細胞ベースの代替品で市場の需要に応えることを目標に定めた。 「これは、私たちが仕事とは別に興味があって進めていたクレイジーなプロジェクトでした。これがビジネスになるな...more
カテゴリー:

チリ拠点の植物由来肉・乳製品メーカーThe Not Companyの企業価値が260億円超に - 07月27日(月)10:45 

中南米最大の植物由来代替肉・乳製品メーカーであるThe Not Company(ザ・ノット・カンパニー/NotCo)が8500万ドル(約9億円)の調達ラウンドをまもなく完了し企業価値は2億5000万ドル(約264億円)となった。 この最新調達ラウンドは、チリ・サンティアゴ拠点の同社による数多くの成功に続くものだ。NotCoが国際舞台に立って(The Ringer記事)から2年間、同社はマヨネーズ製品に始まり、牛乳、アイスクリーム、ハンバーガーへと市場を拡大してきた。代替鶏肉などの製品も計画されている、と同社に詳しい人たちは言っている。 関連記事:高栄養価の代替食品でチリから革命を起こすNot Company NotCoは、チリ、アルゼンチン、および中南米最大の市場であるブラジルでいくつかの製品をすでに販売しているほか、Burger Kingと同社チェーンの植物性ハンバーガーのサプライヤーとして超大型契約を結んだ。このBurger Kingとの契約は、NotCoのたんばく質製法が成功した証だ。NotCoは1店舗1日あたり48個のハンバーガーを販売する契約で、これは店舗あたり販売数でImpossible Foodsを上回る(未訳記事)と情報筋は語る。 NotCoはアルゼンチンとチリの食料品店でもハンバーガーを販売している。同社はまだ黒字転換できていないが、2021年12月には黒字、さら...more
カテゴリー:

細胞培養スタートアップのインテグリカルチャーがエビ細胞培養肉の研究開発を開始、シンガポール企業とタッグ - 07月20日(月)16:57 

細胞培養スタートアップのインテグリカルチャーは7月20日、シンガポールのShiok Meats Pte. Ltd.(Shiok Meats)とともにエビ細胞培養肉の共同研究を開始すると発表した。 インテグリカルチャーの食品グレード培養液と汎用大規模細胞培養技術「CulNet System」は、これまでに牛と家禽の細胞における有効性を確認済み。同共同研究では、これらを新たに甲殻類の細胞にも拡張し、長期的にはエビの細胞培養肉を安価で大規模に製造することを目指す。 細胞培養肉の原料である培養液は、タンパク質・糖質・脂肪・ビタミン・ミネラル・血清成分からなり、特に血清成分の低価格化が培養肉の実用化において鍵となるという。同研究ではCulNet Systemの技術をベースに、血清成分を添加せずにエビの細胞を大量培養する技術を開発。Shiok Meatsは、この培養技術を活用し製造される培養エビ肉を2022年頃商品化することを目指す。 また同研究は、2020年5月開始のCulNet Systemにおいて、個別企業の細胞培養商用化をサポートする「CulNetパイプライン」ソリューションにおいて運用する。 インテグリカルチャーは、細胞農業(細胞培養)が普及する世界の実現に向けて、その低価格化・大規模化の技術開発を行うスタートアップ企業。 従来の細胞培養方法で純肉を生産するには、100gで数百万円の...more
カテゴリー:

(ヽ´ん`)「バイトしてた時デブ客にはドラム入れなかった」 - 07月20日(月)13:30  poverty

ケンタッキー、植物性たんぱく代替肉で「フライドチキン」 健康志向に対応 https://mainichi.jp/articles/20200718/k00/00m/040/228000c ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「代替肉」の画像

もっと見る

「代替肉」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる