「乾電池」とは?

関連ニュース

今買っておくべき「防災グッズ」まとめ - 11月30日(月)20:25 

近年は、いつ起こるかわからない災害に備えて、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるという。とくに今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリースされた。今のうちに備えておけば憂いなし!3秒で完成する「簡易トイレ」誰でも簡単に約3秒ほどで組み立てられる簡易トイレ「InstaPrivy」。野外の色彩に溶け込むミリタリーグリーンの生地は、透けない素材なのでどんな場面でも人目を遮断。一方、中からは周りが見渡せるので、誰かが近づいてくれくれば一目瞭然、領域侵犯を見逃さない。と、これはお察しの通り本来はキャンプグッズ。しかし、断水や停電、上下水道の損壊により多くの水洗トイレが使用できなくなる災害時、すぐに簡易トイレが使えるとも限らない過酷な状況下においても心強いはずだ。詳しくはコチラ>>>女性視点で選んだ「女性用防災セット」「アスクル株式会社」が、災害時における女性の悩みに着目し、女性が「防災セットの中にあったら嬉しい」と思えるラインナップを揃えた「女性用防災セット」を発売。一般的に必要とされる飲料水や保存食、ライト、簡易トイレといった基本的なものに加え、緊急時に女性が備えておきたい特有のアイテムとして生理用品や使い捨てショーツ、ドライシャンプー...more
カテゴリー:

電池BOX、高負荷用途ではうずまきバネ式ではなく板バネ式の検討を - 11月27日(金)15:32 

電池ボックスのマイナス端子側に使われる受けの部分には、うずまきバネ式と板バネ式の2種類があるが、チカラの技術さんの検証によれば、うずまきバネ式は、板バネ式の20倍程度抵抗が高いことが分かったという(チカラの技術)。 この記事の結論部分を引用すると単三乾電池4本の電池BOXにおいてうずまきバネ式の抵抗は0.4Ω程度あり、板バネ式の20倍程度でした。 電池電流が4Aのとき、うずまきバネ式の損失は6.4Wに達し使用する負荷の半分が電池BOXで熱として消費されてしまうため、モーター駆動など2Aを超える高負荷の用途には板バネ式を使用する必要があると判断します。 とのこと。 うずまきバネ式の抵抗値が高い原因を調べた結果、うずまきバネ自体の抵抗値とバネの接触抵抗が抵抗の主要因(全体の92.2%)だったそうだ。 すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力 | 関連ストーリー: バッテリーが分類せずにゴミ箱に入れられた結果、ゴミ処理所の火災が増加中。英国 2020年10月28日 火星探査機InSightの小型杭打ち装置、見えなくなる深さまで地中にもぐる 2020年10月17日 Duracell、コイン型リチウム電池に誤飲防止の苦味コート 2020年10...more
カテゴリー:

乾電池の中に“紙”が入ってるって知ってた? - 11月24日(火)11:53 

乾電池に紙が入ってるって本当?乾電池の中は、大きくプラス極とマイナス極に分かれています。その2つの極を分けるために絶対に必要なものが「セパレーター」という紙です。セパレーターの表面は穴があいていて、乾電池の固体の粒は通さず液体に溶けたイオンだけを通すよう、絶妙な大きさの穴に調整しています。和紙づくりの技術で開発セパレーターの原料は、合成繊維100%です。セパレーター作りでは「ちょうどいい大きさの穴を作る合成繊維を水に均一に混ぜること」が重要。しかし、合成繊維を水に入れるだけでは分離してしまい、紙を作ることができません。そこで取り入れたのが、和紙づくりのノウハウ。和紙づくりでは「木の繊維を均等に水に混ぜるため、粘剤を入れる」という技が昔からあり、その技を応用して、糊を入れることで合成繊維と水を均一に混ぜることに成功したのです。セパレーター業界でNo.1の会社が開発この乾電池セパレーターを作っているのは、高知県にある「廣瀬製紙」。土佐の和紙づくりのノウハウを活かした、世界最高レベルの技術を持つ会社です。国内の乾電池のほとんどが廣瀬製紙のセパレーター(単3・単4電池)を使用しており、2019年の年間売り上げは約33億円。狭い乾電池業界のなかでもさらに狭い「乾電池セパレーター業界」を牽引する、儲かり会社です。廣瀬製紙では乾電池向けのセパレーターだけでなく、和紙づくりの技術を活かして世界最薄...more
カテゴリー:

カタカナの"コ"って"匚"って逆に書いちゃうよね。 紛らわしいんだよクソが!!!!死ね死ね!!!😡 - 11月21日(土)13:59  poverty

https://mainichi.jp/articles/20201116/ddm/014/040/008000c 毎日歌壇 篠弘・選 カタカナ語それも略語の洪水に思考能力が呑み込まれいる 唐津市 仁部四郎  <評>コロナ禍の現象が悪化してから、急速に対応策が専門化し、新聞記事などを書いている人も、おそらく受け売りであろう。 みずからの落ち度にあれど最近は減りしと遺失物係りは語る 横浜市 芝公男  <評>外出者の減少が主たる理由であろうが、自分の置き忘れは認知症の走りなのか。 店のドアの色を変えよと告げくれし友と夜まで街を議論す 秋田市 山田...
»続きを読む
カテゴリー:

Corsair製軽量マウス「KATAR PRO」シリーズが発売。ワイヤレスモデルは単3形乾電池1本で最大135時間動作を実現 - 11月20日(金)00:00 

 2020年11月20日,アスクは,Corsair製ゲーマー向け軽量マウス「KATARPRO」シリーズを11月28日に国内発売すると発表した。独自の低遅延ワイヤレスに対応した「KATARPROWIRELESS」と,ワイヤードモデル「KATARPRO」の2モデル展開で,税込の想定売価は順に6710円前後,3520円前後となる。
カテゴリー:

音楽に合わせてダンスが楽しめるなわとび 『ダンスキップ!』 2021年1月16日(土)新発売 - 11月30日(月)10:00 

2020年11月30日 株式会社タカラトミー 今人気の”なわとび”と”Girls2派生グループの新曲”がコラボレーション! CDリリース/デジタル配信前の新曲音源を収録 音楽に合わせてダンスが楽しめるなわとび 『ダンスキップ!』  2021年1月16日(土)新発売 ガールズ・パフォーマンスグループ”Girls2”を基にした オリジナルアニメ「ガル学。~聖ガールズスクエア学院~」内の3つのグループが歌う新曲を収録!    株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)は、音楽に合わせてダンスが楽しめるホルダースピーカー付きのなわとび『ダンスキップ!』(3種・希望小売価格:各3,500円/税抜き)を2021年1月16日(土)から玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(takaratomymall.jp)等にて発売します。  『ダンスキップ!』は、曲が内蔵されているホルダースピーカーとなわとびがセットになっており、音楽に合わせてなわとびを使ったダンスを楽しむことができます。ホルダースピーカー内になわとびを収納することができるため、おしゃれに持ち運びができます。  また、ホルダースピーカーには、次世代ガールズ・パフォーマンスグループ「Girls2(ガールズガールズ)」か...more
カテゴリー:

EV車はチャージに時間がかかる?取り替えたら20秒なんだが・・・ ここまできてる中国EV事情 - 11月25日(水)12:16  poverty

https://youtu.be/92wtNQz0Emg チャージをするより、チャージされた電池を乾電池のごとく 取り替える そういう考えになってるそうです、中国では 中国のAulton(オウルトン)がドイツのINFRADianbaと組んで 展開しているEV車用バッテリー交換ステーション このシステムは中国の6つの自動車メーカー9車種と 互換性があり、現在20の都市に設置されているステーションで 700万回の交換実績があるんだそうです。 今後5年の間に新たに5000のステーションを設置する予定 バッテリー規格の統一化がすすみば中国全土に拡大しそう ...
»続きを読む
カテゴリー:

うずまきバネ式の接触抵抗は板バネ式の数十倍ある - チカラの技術 - 11月23日(月)16:43 

うずまきバネ式の接触抵抗は板バネ式の数十倍ある - チカラの技術お久しぶりです、元気です! 結論から 単三乾電池4本の電池BOXにおいてうずまきバネ式の接触抵抗は0.4Ω程度あり、板バネ式の20倍程度でした。 電池電流が4Aのとき、うずまきバネ式の損失は6.4Wに達し使用する負荷の半分が電池BOXで熱として消費されてしまうため、モーター駆動など2Aを超える高負荷の用途には板バネ式を...
カテゴリー:

自立学習をサポートする電動文具2製品を新発売 鉛筆削り「SASITEMI(サシテミ)」 卓上クリーナー「AIR-IN SUITTO(エアイン スイット)」 - 11月20日(金)12:00 

プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉忠久)は、子どもの自立学習を楽しく、効率的にサポートする、鉛筆削り「SASITEMI(サシテミ)」と卓上クリーナー「AIR-IN SUITTO(エアイン スイット)」を、2020年 11月27日に新発売します。学習スタイルの定番となった「リビング学習」。ウィズコロナの生活が続く中で、子どもが家庭で勉強する時間が増えたこともあり、子ども自身が率先して取り組めるような環境づくりが求められています。そこで今回、子どもが自主的に、学習の準備や後片付けができる実用的な電動文具として、鉛筆を差しこむと自動で引き込み、削り、出てくるスーパー全自動な鉛筆削り「サシテミ」と、消しゴムのカスを簡単に掃除できる、子どものために一からつくった卓上クリーナー「エアイン スイット」が新登場。リビング学習にもぴったりです。メーカー希望小売価格(税抜)は「サシテミ」4,800円、「エアイン スイット」1,500円です。スーパー全自動な鉛筆削り 「SASITEMI(サシテミ)」≪主な製品特長≫■自動的に鉛筆を引き込み、削り、出てくる。1本約6秒!真上から鉛筆をまっすぐ差し込むと自動的に引き込み、削って、出てくる全自動タイプ。1本約6秒(新品の鉛筆は約12秒)の速さで削れるので、面倒な鉛筆削りが苦になりません。■充電式だから、おうちの中のどこでも使える付属のUSBケーブ...more
カテゴリー:

【災害対策:第5話】マスクにトイレットペーパー、次に備えておくべき備蓄品は? - 11月19日(木)12:00 

新型コロナウイルス感染症の影響で、マスクやトイレットペーパー、消毒薬が一時的に購入できなくなったり、値段が高くなったりしました。次の感染症対策や地震、台風災害、首都直下地震などのために備えるべきものは何なのでしょうか。『マンション防災の新常識』(合同フォレスト)の著者であり、防災コンサルタントとしても活躍するマンション防災士の釜石徹さんに、詳しくお話を伺いました。 デマに振りまわされたトイレットペーパーショック、なぜ起きた? ――新型コロナウイルス感染症の影響でマスクやトイレットペーパーが一時品薄になりました。この騒動をどうみますか? 今回、国内でマスクが不足したのは、マスクの生産の9割を中国から輸入していたことが原因です。その影響で、国内でのマスクの需要が急激に高まり、需要と供給のバランスが崩れてしまったのです。 これに対してトイレットペーパーは、9割を国内で生産していました。にもかかわらず、マスクショックもあり、トイレットペーパーがたりなくなるといううわさが独り歩きしてしまいました。その結果、一時的に市場から消えてしまいました。人々がうわさをうのみにしてしまったことが原因と言えるでしょう。 トイレットペーパーがなぜなくなるのか、生産国が中国なのか日本なのかを調べればわかることだとは思いますが、心配でつい買いに走ってしまう人もいます。 まずは、日ごろからしっかりと日用品を備蓄す...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「乾電池」の画像

もっと見る

「乾電池」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる