「利用可能」とは?

関連ニュース

ドトールが3月2日よりNFC-A/Bの非接触決済を導入、VisaやMastercardなど主要ブランドを網羅 - 02月21日(金)11:26 

ドトールコーヒーは2月21日、ジェーシービー、三井住友カード、セディナと連携し、非接触IC決済サービスの導入することを発表した。3月2日から、全国のドトールコーヒーショップ、エクセルシオールカフェ、カフェレクセル、ル・カフェドトールで利用可能になる。NFC-A/Bの非接触ICで決済したい場合は、店員に「タッチ決済で」もしくは「かざして決済で」と伝えよう。 対応する非接触決済は、Visaタッチ、Mastercardコンタクトレス、JCBコンタクトレス、アメリカン・エキスプレス・コンタクトレスのNFC-A/B方式。加えて、クレジットカード決済も可能となり、非接触決済に対応する4ブランドほか、ダイナースクラブとディスカバーが利用できる。7大国際ブランドとしては中国銀聯(ぎんれん)以外はすべて利用できる。ジャパンネット銀行、ソニー銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行が発行するVisaのプリペイドカードについてはGoogle Payにも登録可能で、Android端末を使ってのNFC-A/Bでの非接触決済も可能だ。 ドトールでは以前から、SuicaやPASMOなどの交通系ICカード、iDやQUICPayなどのNFC-F(FeliCa)を使った非接触決済や、ドトールカードやiPhoneやAndorid端末に対応したDVC(ドトール バリューカード)アプリを使ったバーコ...more
カテゴリー:

ゆいレール、「Suica」など交通系ICカード10種類導入 3月10日から - 02月21日(金)06:18 

沖縄都市モノレール(ゆいレール)は、交通系ICカード「Suica(スイカ)」を導入し、3月10日よりサービスを開始する。 現在は独自に展開しているICカード「OKICA(オキカ)」は利用できるものの、主要な交通系ICカードの利用はできない。全国相互利用サービスに参画する交通系ICカードである、「Kitaca」、「PASMO」、「manaca」、「TOICA」、「PiTaPa」、「ICOCA」、「はやかけん」、「nimoca」、「SUGOCA」も利用可能になる。 3月10日午前10時から、那覇空港駅でセレモニーを開催する。 ⇒詳細はこちら 投稿 ゆいレール、「Suica」など交通系ICカード10種類導入 3月10日から は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

「モーフォシス」の手掛けるLAのユニークな大型施設 - 02月21日(金)06:00 

建築家トム・メイン率いる建築事務所「モーフォシス」が、ロサンゼルスに建設予定である大型施設のデザインを公開した。2つのビルを合体させたような外見を持つこの15階建ての建造物は、見る角度によって景観が変わるように設計されたユニークな形状が特徴。緑で包まれたビルには居住施設が、反対の白いビルにはホテルが収容されるという。また、両ビルをつなぐ屋上部分には、宿泊者と居住者が利用可能なプールやレストラン、イベントスペースなどが作られる予定だ。また、地上部分には小売店舗が並ぶほか、同敷地内にある伝説的なクラブ「Viper Room」もリニューアルしてオープンする。同クラブは、かつてジョニー・デップが所有していたことでも知られ、多くのセレブが夜な夜な訪れているという。着工は2021年を予定。“21世紀の持続可能なLA”をイメージして作られ、緑が溢れる地域を目指している。周辺を歩くだけでも楽しめる同施設。早くも完成が楽しみだ!Top image: © Morphosis Architects
カテゴリー:

「イオンモール沖縄ライカム」に自動外貨両替機を設置 アクトプロ・日本で一番人口密度が高い村・沖縄県北中城村へ進出 - 02月20日(木)18:00 

株式会社アクトプロ(所在地:東京都千代田区 代表取締役社長:新谷 学)は2月7日、沖縄県内最大級の商業施設「イオンモール沖縄ライカム」内に自動外貨両替機「SMART EXCHANGE」を設置しました。日本でもっとも人口密度が高い村である沖縄県北中城村での設置はアクトプロでは初となります。訪日外国人観光客が年々増加する中、沖縄県内でも観光客数が増えています。法務省「出入国管理統計」によると、那覇空港の外国人入国者数は2015年は1,077,518人でしたが、2016年1,354,791人、2017年1,631,063人と上昇を続け、2018年は1,757,176人に達しました。増え続ける観光客数に対し、国内ではまだまだ外国人に利用しやすいキャッシュレス環境が整っているとは言い切れず、両替スポットの数も十分ではありません。沖縄県内にが現在、約30台のSMART EXCHANGE1が設置されていますが、2020年1月の平均利用額は昨年同時期の約1.3倍、2018年と比べると約1.9倍で、外貨両替機のニーズも高まっていることが分かりました。沖縄県北中城村は世界遺産の「中城城跡」や重要文化財指定の「中村住宅」などの観光スポットがあります。数多くの観光客も利用する県内最大級の商業施設「イオンモール沖縄ライカム」にSMART EXCHANGEを設置することで、インバウンド需要に貢献してまいります...more
カテゴリー:

TikTokが子供のアプリ使用を制限する新ペアレンタルコントロールを導入 - 02月20日(木)13:30 

TikTokは2月19日、「ファミリー・セーフティ・モード」という新ペアレンタルコントロールの導入を発表した。これは親がティーンエイジャーの子どものTikTokモバイルアプリの使用に制限を設けることが可能にするためのもの。スクリーンタイム管理のコントロール、ダイレクトメッセージの制限、不適切なコンテンツの表示を制限するモードなどを備える。 TikTokによると、ファミリー・セーフティ・モードを利用できるようにしたい親は最初にアプリで自分のアカウントを作らなければならない。このアカウントは子供のアカウントにリンクされる。利用可能な状態になったら、親は子どもが毎日TikTokアプリに費やすことのできる時間や、ダイレクトメッセージを送受信できる相手の制限や排除、不適切なコンテンツの表示を制限するモードなどをコントロールできるようになる。 はっきりさせておくと、これらの機能はすでにユーザー本人が自分のために利用することができる。新ファミリー・セーフティ・モードは単に親や保護者がティーンエイジャーのスイッチをオンにしたりオフにしたりといった設定をできるようにするものだ。親が関与しないところで子どもが変更することはできない。 TikTokがどのようなスクリーニングプロセスを採用しているのか説明がないため、制限モードがどれくらいうまく機能するのかははっきりしない。ただ、TikTokほどのスケール...more
カテゴリー:

ドトールが3月2日よりNFC-A/Bの非接触決済を導入、VisaやMasterCardなど主要ブランドを網羅 - 02月21日(金)11:26 

ドトールコーヒーは2月21日、ジェーシービー、三井住友カード、セディナと連携し、非接触IC決済サービスの導入することを発表した。3月2日から、全国のドトールコーヒーショップ、エクセルシオールカフェ、カフェレクセル、ル・カフェドトールで利用可能になる。 対応する非接触決済は、Visaタッチ、Mastercardコンタクトレス、JCBコンタクトレス、アメリカン・エキスプレス・コンタクトレスのNFC-A/B方式。加えて、クレジットカード決済も可能となり、非接触決済に対応する4ブランドほか、ダイナースクラブとディスカバーが利用できる。7大国際ブランドとしては中国銀聯(ぎんれん)以外はすべて利用できる。ジャパンネット銀行、ソニー銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行が発行するVisaのプリペイドカードについてはGoogle Payにも登録可能で、Android端末を使ってのNFC-A/Bでの非接触決済も可能だ。 ドトールでは以前から、SuicaやPASMOなどの交通系ICカード、iDやQUICPay、ドトールカードなどのNFC-F(FeliCa)を使った非接触決済や、iPhoneやAndorid端末に対応したDVC(ドトール バリューカード)アプリを使ったバーコード決済に対応していたが、今回のNFC-A/B非接触決済とクレジットカード決済の導入で支払い方法が大幅に広...more
カテゴリー:

無料の社員食堂を通じて食生活を改善させたGoogleの戦略とは? - 02月21日(金)06:00 

Googleは質の高い料理を無料の社員食堂で提供する企業として有名ですが、ここ数年は「従業員に野菜を食べさせる」という困難な課題に取り掛かってきたとのこと。実験やデータ、人の認知を利用して従業員の食生活を改善させたGoogleの戦略は、他の企業や組織でも利用可能な可能性があるとして公開されています。
カテゴリー:

CoincheckとLiquid by Quoineはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較! - 02月21日(金)00:55 

CoincheckとLiquid by Quoineはどちらも日本で有名な仮想通貨取引所として知られています。どちらも初心者から上級者まで広く利用している取引所ですが、機能や手数料、取扱通貨など様々な部分を比較することでどちらが利用しやすいのか、あるいは自分に向いているのかが分かってきます。そこで今回はGMOコインとLiquid by Quoineはどっちがおすすめなのか、客観的な比較などを分かりやすく解説していきます。 目次 Coincheckの特徴・機能まとめ 1-1. 取り扱い仮想通貨は11種類で国内最多! 1-2. 長期投資向けサービス「貸仮想通貨」「Coincheckつみたて」が利用可能 1-3. ダウンロード数250万件突破のスマホアプリ Liquidの特徴・機能まとめ 2-1. 板取引に特化したサービス設計 2-2. 初心者にも優しいスマホアプリ、電話でのサポート 2-3. 顧客資金の100%をコールドウォレットで管理 CoincheckとLiquidの取扱通貨手数料を徹底比較! 3-1. 取扱仮想通貨の比較 3-3. 各種手数料の比較 まとめ ①Coincheckの特徴・機能まとめ Coincheckは、コインチェック株式会社が2014年8月に運営をスタートした仮想通貨取引所サービスです。Coincheckは複雑になりがちな仮想通貨取引アプリケーションの中でも...more
カテゴリー:

エデンレッドジャパン、3月1日より「デニーズ」等441店で 「チケットレストラン タッチ」の運用を開始 - 02月20日(木)16:00 

  報道関係者各位 Pressrelease 2020年2月20日   エデンレッドジャパンとセブン&アイ・フードシステムズ、 3月1日より「デニーズ」を含む441店にて 「チケットレストランタッチ」の運用を開始 福利厚生の食事補助に対応した電子カード加盟店網が59,500店超に   株式会社エデンレッドジャパン(所在地:東京都千代田区、代表取締役:マリック・ルマーヌ)と株式会社セブン&アイ・フードシステムズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:小松雅美)は、企業の従業員が利用可能な電子食事カード「TicketRestaurant® Touch(以下チケットレストランタッチ)」の運用を、ファミリーレストラン「デニーズ」などの441店にて、2020年3月1日より開始いたします。これにより全国の「チケットレストランタッチ」の利用可能店舗数は59,500店を超えます。   食事補助は、会社から従業員に提供される福利厚生として数十年の歴史がありますが、近年では従業員の健康を守る中長期的な先行投資型の福利厚生として注目を集めており、「健康経営」「働き方改革」などの人事・総務面の課題解決を促すツールとして積極的に導入を検討する企業が増えています。   エデンレッドジャパンの「チケットレストランタッチ」は、「全国どこでも」「外勤や内勤の区別...more
カテゴリー:

GoogleがAndroid 11最初のデベロッパープレビューを公開 - 02月20日(木)13:30 

米国時間2月19日にGoogleは、デザートをテーマにした公式リリースの日々を終え、Android 11のデベロッパープレビューを発表した。プレビューは現在Google自身のPixel端末のシステムイメージとして提供されており、Pixel 2以上で利用可能だ。 今のところ、このアップデートをネットワーク経由でインストールする方法はない。通常それは開発の後期段階になってから提供される。こうした早期リリースはそもそも一般ユーザーのためではない。デベロッパーがオペレーティングシステムの最新機能を早くテストできるようにすることが目的だ。 「Android 11では、ユーザーが最新イノベーションを利用できるようにすると同時に、プライバシーとセキュリティーを最優先にし続けることに集中している」とGoogleのエンジニアリング担当VPであるDave Burke(デイブ・バーク)氏は説明した。「機密性の高いデータやファイルのアクセスを管理するための新機能を複数追加し、OSの回復力と安全を高めるためにプラットフォームの重要部分を強化した。Android 11は折りたたみ端末や5G向けの拡張、迷惑電話API、新しいメディアおよびカメラ機能、機械学習などさまざまな新機能をデベロッパーに提供する」。 これまでのGoogleの早期プレビューと異なり、Android 11の初バージョンはかなり多くの新機能が盛...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「利用可能」の画像

もっと見る

「利用可能」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる