「利用可能」とは?

関連ニュース

待ち時間・フィルターなしで浄水!再利用可能ストロー「LUMISTRAW」が画期的 - 12月13日(金)17:00 

浄水は、なかなか手間がかかる。水が沸騰するのを待ったり、フィルターを交換したり、浄水タブレットを使用したりしなくてはならない。最新の浄水ボトルでも1分ほどの待ち時間が必要だ。 そこで今回、待ち時間・フィルターなしで浄水できる再利用可能ストロー「LUMISTRAW」が登場した。 ・最先端の紫外線水処理技術を使用 シンガポールに本拠を置くChamps Industrial社が開発したLUMISTRAWは、現在特許種申請中で最先端の紫外線水処理技術を使用しており、すぐにきれいな水が飲めるのが特長。 使い方は簡単で、水を入れてボタンを押して飲むだけ。充電ポートを使った1回の充電で45回浄水でき、フィルターやボトルなどを交換する必要はないため、無限に浄水できる。 ・再利用可能ストローは柔らかいシリコン製 再利用可能ストローは柔らかいシリコン製で飲みやすく、カップやボトルなどから好きなものを飲めるのも嬉しい。また、どこにでも持ち運べるように作られており、こぼれたり漏れたりすることはないので安心だ。 現在キックスターターでキャンペーンを行っており、すでに目標額の2倍以上を達成している。価格は今なら110シンガポールドル(約8810円)で、日本へも25シンガポールドル(約2000円)で配達してくれる。 LUMISTRAW/Kickstarter
カテゴリー:

「キャラが映える構図イラストポーズ集 一枚絵がキマるひとり構図から複数名の構図まで」【12月16日(月)発売】 - 12月13日(金)15:00 

株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、マンガ・イラストを描きたい方のためのお役立ち書籍『キャラが映える構図イラストポーズ集 一枚絵がキマるひとり構図から複数名の構図まで』を、12月16日(月)に発売いたします。大人気イラストポーズ集シリーズ最新作。 キャラをかっこよく見せる「構図」専門ポーズ集! キャラクターイラストの魅力を左右する重要な要素「構図」。画面の真ん中にキャラクターをなんとなく置いただけでは、かっこよくキマるイラストにはなりにくいもの。「構図」を考えて描くと、イラストは何倍も魅力的になります。 しかし、キャラの描き方やデッサンの方法に比べて、「構図」はなかなか学ぶ機会が少ないもの。そこで本書は、キャラクターが映える「構図」の例をイラストポーズ集としてまとめました。躍動感が伝わる構図、楽しさが伝わる構図、不安な気持ちが伝わる構図、キャラとキャラの関係性が伝わる構図など……。一枚絵がキマる構図を約200点掲載しています。●特色1:日の丸構図、三分割構図、黄金比など、基本の構図から解説!絵画や映像の世界で用いられる基本の構図から順を追って紹介。主役を引き立てる日の丸構図、バランスよく見せる三分割構図、黄金比など……。それぞれの構図の特徴と、それを活かした画面の組み立て方を解説付きで紹介していきます。●特色2:ひとり構図はもちろん、恋人やグル...more
カテゴリー:

ライドシェアLyftがレンタカー参入、Uberは撤退済み - 12月13日(金)12:58 

ライドシェアの登場により、金をかけて車を所有する必要性は減ってきた。だが、遠くまで行く際などにはライドシェア以外の選択肢が必要なこともあるだろう。米ライドシェア大手のLyftは、レンタカーでそのようなニーズを満たすことを目指す。Lyftは12月12日、サンフランシスコ、オークランドとロサンゼルスでレンタカーサービスの「Lyft Rentals」を、まずは一部ユーザーを対象に提供開始した。 Lyft Rentalsでは、ユーザーはLyftのアプリから予約などの手続きができ、同社いわく、並ぶことなく車両をピックアップすることが可能だ。それ以外の強みは、Lyftいわく、想定外の追加料金が発生しない点。走行可能な距離は無制限で、期間は最長で2週間。ガソリンを入れずに返却しても、地域の市場価格に基づいたガソリン料金が請求されるだけで済む。 車をピックアップする場所への移動、そして返却後の移動に関しては、各移動に対しLyftが最大20ドル分のライドシェア料金を負担するため、同社は「ドア・ツー・ドア」のサービスであることを売りにしている。車をピックアップする際にはLyftのコンシェルジュから鍵を受け取る必要がある。ここに関しては、スマホで車両を探し鍵を開ける個人間カーシェアリングのGetaroundが持つようなコネクテッドカー技術による利便性は今のところ見られない。車の返却時には、鍵を専用のボ...more
カテゴリー:

アクシオ、FAX受注業務をRPAで自動化するソフトウェア部品を提供、WinActorで利用可能 | IT Leaders - 12月13日(金)11:18 

アクシオは2019年12月13日、FAX受注業務をRPA(ロボットによる業務自動化)で自動化するためのライブラリ「FAX受注業務用OnRPAライブラリ」を発表した。RPAソフトウェア「WinActor」を効率的に利用するためのライブラリ「OnRPA」シリーズの第3弾として提供する。価格は、オープン。
カテゴリー:

都内〜成田間の往復空港シャトルの片道約4000円をアマギフ還元、NearMeがキャンペーンを実施 - 12月13日(金)10:27 

タクシー相乗りアプリ「nearMe.」(ニアミー)を開発・提供するNearMeは12月13日、成田空港〜都内の往復送迎の利用者の先着100名限定で、片道が実質無料になるキャンペーンを開始した。本日から12月25日23時59分までの10日間予約を受け付けるが、指定できる乗車日時は12月16日〜2020年5月14日の約半年間と長い。ただし、乗車日の2日前までに予約が必要だ。 具体的には、往復の予約・配車が完了し、アンケートに答えた場合に限り、総額の半額相当をアマゾンギフト券にてキャッシュバックするというもの。なおNearMe側の都合でシャトルを片道しか使えなかった場合も、特例として総額の半分相当を同様の方法で還元する。 都内の発着場所として利用できるのは、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、豊島区、江戸川区の15カ所。ホテルはもちろん、自宅近辺での乗車も可能だ。成田空港の発着場所は、第1、第2、第3の各ターミナル。費用は1人あたり片道3980円、往復7960円なので、アマゾンギフト券で還元されるのは3980円ぶんとなる。 NearMeは主力事業であるタクシー相乗りサービスのほか、同サービスで培ったマッチングやルート最適化のテクノロジーを活用し、東急や京急のグループ会社と組んだオンデマンド型シャトルサービスを展開してい...more
カテゴリー:

BMWがようやくAndroid Autoを採用へ - 12月13日(金)17:00 

BMWは米国時間12月11日、ようやく2020年7月からAndroid Autoを同社の車に搭載することを発表した。これにより同社の車では、AppleのCarPlayと併せて利用できるようになる。 BMWによるAndroid Autoの最初のライブデモは、来月のCES 2020で行われる。その後、BMW OS 7.0を搭載した車で、20か国のドライバーに対するアップデートとして利用可能になる予定だ。ただし、BMWはAndroid Autoをワイヤレス接続でサポートするので、一般のものとまったく同じにはならない。 わずか2年前には、同社はAndroid Autoのサポートに興味がないと述べていた。当時、デジタルサービスおよびビジネスモデル担当の上級副社長だったDieter May(ディーター・メイ)氏は独占インタビューで「車内のインターフェイスを完全に掌握するため、自社の純正アプリにこだわっている」と語っていた。従って、BMWではAndroid Autoの採用に興味はないと。メイ氏はその後退社したが、Android Auto自体、その後の2年間で大幅に洗練されたものになったことも頭に入れておく必要があるだろう。 「Android Auto上でGoogleアシスタントを利用すれば、道順の検索も簡単で、人との連絡を保ち、生産性を維持できます。多くのお客様が、BMW独自の機能とサービスに...more
カテゴリー:

「渋谷フクラス」に新しい待ち合わせスポット「デジタル・ハチ公」が誕生 - 12月13日(金)15:00 

「GMOインターネットグループ」は、12月5日に開業した「渋谷フクラス」の商業施設「東急プラザ渋谷」にて、渋谷の新しい待ち合わせスポット「GMOデジタル・ハチ公」をオープンした。ここには、最先端のホログラムディスプレイ技術を用いた「デジタル・ハチ公」が登場。タブレットによる操作でディスプレイ上に現れたハチ公を着せ替えできるなど、待ち合わせ時間が楽しくなるようなさまざまなコンテンツが用意されている。ほかにも、「ソニー」の空間音響技術「Sonic Surf VR」による立体的なサウンドや、壁全面に広がるベルギー「バルコ社」の「ベゼルレス・ビデオウォールシステム」による映像で没入感を味わえるデジタルアート空間など注目のコンテンツが充実。また、オリジナルの「渋谷ハチ公物語」などの映像作品も楽しむことができる。無料で利用可能なWi-Fiや充電用スペースも備えているので、いざという時には心強いスポットとなるだろう。渋谷の新しいランドマークとして、待ち合わせ時間の「エンタメ化」を狙う。『待ち合わせスポット GMOデジタル・ハチ公』【住所】東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ渋谷 2F(渋谷フクラス内)【営業時間】10:00~21:00Top image: © 2019 GMOインターネットグループ
カテゴリー:

仮想通貨取引所ビットメックス、ビットコイン出金時にセグウィットを利用可能に【ニュース】 - 12月13日(金)12:29 

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)が12月12日、仮想通貨ビットコイン(BTC)の出金において、Segwit(セグウィット)の「Bech32」形式アドレスをサポートしたと発表した。Segwitは、スケーラビリティ問題解決と手数料削減のために開発された技術で、同社顧客はより安価な手数料で利用できるようになる。
カテゴリー:

グーグルのリアルタイム翻訳ツールがスマホにも登場 - 12月13日(金)10:30 

今年初めにスマートスピーカーとディスプレイ向けに配信された後、Google(グーグル)のリアルタイム翻訳モードがついにモバイル対応となった。この機能は米国時間12月12日から、世界中のAndroidとiOS端末に配信される。 この機能はGoogle アシスタントと連携して動作する。「ねぇGoogle、私のドイツ語の翻訳者になって」や、「ねえGoogle、タイ語を話すの手伝って」と話しかければこの機能が起動し、リアルタイムで翻訳されたトランスクリプト(書き起こし)と音声が表示される。この機能では会話を続けるのに役立つ、GmailにおけるSmart Reply(返答の推測)も表示される。 スマートディスプレイやスピーカーで利用可能な29言語から拡大され、この機能は44言語(全リストはこちら)で利用できる。機能はGoogle アシスタントに統合されており、追加の翻訳アプリをダウンロードする必要はない。この機能とGoogle レンズを組み合わせることで、グーグルのアプリは旅行向けアプリとして急速に有用性を高めている。 [原文へ] (翻訳:塚本直樹 Twitter)
カテゴリー:

「Windows 10 20H1」新プレビュー、「クイック検索」を日本でも利用可能に - 12月13日(金)10:21 

マイクロソフトは米国時間12月10日、「Windows Insider」の「Slow」および「Fast」リングのテスター向けに「Windows 10 20H1」のプレビュービルド「Build 19041.1」をリリースした。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「利用可能」の画像

もっと見る

「利用可能」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる