「入管法」とは?

関連ニュース

株式会社インフォキュービック・ジャパン5月1日より新サービスの実施を開始 英語業務専門のオンラインアシスタント「Onsta!」 新サービスインを記念して6月30日まで無料体験版をご用意 - 05月20日(月)10:00 

海外デジタルマーケティングの支援を行う株式会社インフォキュービック・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:山岸ロハン、以下インフォキュービック・ジャパン)はこのたび、英語業務に特化したオンラインアシスタントサービス「Onsta!」(オンスタ)の提供を5月1日(水)より新サービスの実施を開始いたしました。サービスインを記念して2019年6月30日まで無料体験版をご用意します。■「Onsta!」 は、日本企業様の“英語業務に関するお悩み“を解決するサービスです。2019年4月施工の改正入管法により、外国人の労働者受け入れの法整備がすすんできたり、日本の大手企業が英語を公用語にすると発表するなど、国際化の波は今まで以上に盛んになってきています。ラグビーのW杯や東京オリンピック、パラリンピック、大阪のサミットなど一般社会においてもグローバルな話題が目白押しとなっています。厚生労働省によると、日本国内で就業する外国人労働者数(技能実習生なども含む)は、2018年10月時点で1,460,463人。前年同期比で約18万人、14.2%の増加で、届出が義務化されて以降、過去最高を更新しています。しかし、「外国人が活躍できる環境が整っていない」や「現場の受け入れ体制が整っていない」という理由が多く、積極的な外国人の雇用やグローバルなビジネス展開を行う企業はまだそれほど多くないのが現状です。長年、海...more
カテゴリー:

【無料セミナー】入管法改正で広がる多様な雇用 これから始める外国人材活用セミナー - 05月17日(金)05:00 

本年4月1日、新たな在留資格「特定技能」に係る改正入管法が施行され、今後ますます広がる外国人材の活用。 弊組合は2002年から外国人技能実習生受け入れ事業を行っており、長年の経験から培った外国人材の受け入れノウハウがあります。 セミナーでは制度及び、より良い形で外国人材を活用するための取り組み等について実例も含めたお話をいたします。
カテゴリー:

『改正入管法対応 外国人材受入れガイドブック』発刊のお知らせ - 05月10日(金)09:00 

2019年5月10日 (株)ぎょうせい 『改正入管法対応 外国人材受入れガイドブック』発刊!  株式会社ぎょうせいは、『改正入管法対応 外国人材受入れガイドブック』(https://shop.gyosei.jp/products/detail/9981)を発刊しました。本書は、2019年4月1日に施行された「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」(改正入管法)によって変わる在留資格制度について、分かりやすく解説した入門書です。 【書 名】   改正入管法対応 外国人材受入れガイドブック 【著 者】 杉田 昌平 【体 裁】 B5判・104頁・並製本・カバー装  紙版/電子書籍版 【定 価】 本体1,200円+税 【発行日】 2019年5月10日(金) 【発 行】 株式会社 ぎょうせい  著者は、弁護士で外国人材受入れに関して、法務・労務の両面から講演や研修を多数行っている杉田昌平氏です。 〔著者紹介〕 杉田 昌平(すぎた・しょうへい)/弁護士(センチュリー法律事務所) 平成23年弁護士登録(東京弁護士会)・入管届出済弁護士(平成25年~)・日本弁護士連合会中小企業海外展開支援担当弁護士(平成30年度)・名古屋大学大学院法学研究科研究員・慶応義塾大学法科大学院・グローバル法研究所研究員・ハノイ法科大学客員研究員。外...more
カテゴリー:

凸版印刷の翻訳サービス、自治体での採用増加--改正入管法で外国人増加に対応 - 05月09日(木)06:45 

凸版印刷の翻訳サービスが6つの自治体、2つの学校などに採用。2019年4月に施行された改正入管法に伴う外国人増加を見据えた動きだ。
カテゴリー:

【単刀直言】優秀な外国人は共生で獲得 山下貴司法相に入管法の狙いを聞く - 05月08日(水)06:50 

 入管法審議で首相の信頼感じた 外国人労働者の受け入れ拡大を図る改正出入国管理法(入管法)が4月1日、施行されました。法改正による新制度には2つの狙いがあります。1つは国内の人手不足の解消です。15~64歳の生産年齢人口は昨年1月、統計開始以来、初めて全体の6割を切った。少子高齢化の進展で労働力不足はさらに深刻になるでしょう。
カテゴリー:

今の若者「水道法?入管法改正?辺野古埋め立て?増税?ふーん、自民党に投票しよ」 - 05月18日(土)19:27  poverty

何故なのか    自由民主党とは (ジユウミンシュトウとは) [単語記事] - ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/自由民主党 ...
»続きを読む
カテゴリー:

リネットジャパングループがカンボジア、インドネシアに続いてミャンマーに進出 ミャンマーにおける外国人材送出し事業の業務提携に関するお知らせ - 05月16日(木)09:54 

[リネットジャパングループ株式会社]  リネットジャパングループ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:黒田武志)は、現在、カンボジアにて外国人技能実習生送出し事業を展開中ですが、本年4月より改正入管法が施行され、今後5年間で...
カテゴリー:

関西学院 佐竹教授とDELL執行役員が語った「なぜ大阪でミニMBAコースを開講するのか?」 - 05月09日(木)12:00 

世界的なPCメーカー、デル株式会社 広域営業統括本部プレゼンツの同社上席執行役員の清水博さんによるブログが連載中です。第14弾は、デルが関西学院とミニMBAコースを大阪の中堅・中小企業に向けて開講する背景について、テレビでもお馴染みの中小・中堅企業経営のスペシャリストの関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科長 佐竹隆幸教授との対談です。 2019年をどう総括するか清水「昨年、私たちの本部は、2年前から検討していた大阪進出計画を具体的に進めることができました。9月中旬に大阪堂島にオフィスを構えたのですが、昨年は、大阪府北部地震や大阪万博決定など、とてもいろいろなことがあった年だったと思います。先生にとって昨年は、どのような1年だったでしょうか?」佐竹「平成の時代の最後にあって、平成を象徴する年になったと思います。災害の年だったとも言えます。また、大阪万博の開催決定は、入管法の改定などと合わせて、今後見据えるグローバル化に向けて大きな変化の年だったと思います」清水「先生の著書には、1970年の万博には、183日間の会期中、約90日は会場に足を運んだと記されています。そこで、興味のある分野を深く追求し整理する能力が磨かれ、学者としてのベースが築かれたようですね」佐竹「私は、万博オタクです。1970年の日本万国博覧会(大阪)、1975年の沖縄国際海洋博覧会、1985年の国際科学技...more
カテゴリー:

移民の受け入れ加速 日本が単一民族国家であった時代は平成で終焉を迎えた - 05月08日(水)07:59  news

「入管法」改正、外国人材の受け入れ急ぐ中小製造業 https://newswitch.jp/p/17535 御代替わりに考える 日本人とは何なのか https://blogos.com/article/375049/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

多文化共生の地域づくり学ぶ 県内20市町の職員が研修会 - 05月07日(火)22:35 

外国人住民のコミュニケーション支援や多文化共生を学ぶ自治体職員の研修会が4月25、26の両日、佐賀市白山の佐賀商工ビルで開かれた。県内20市町の担当職員らが、講師から今後の地域づくりのヒントを得た。 人口が減少し、働き手不足が深刻となる中、県内でも労働者として外国人住民の増加が見込まれる。4月から改正入管法が施行されたことなどを踏まえ、県と県国際交流協会が初開催した。
カテゴリー:

もっと見る

「入管法」の画像

もっと見る

「入管法」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる