「ベッキー」とは?

関連ニュース

【芸能】佐々木希も消えた「ママタレバトルロワイアル」それでも生き残る最強王者 #はと - 06月29日(月)07:00  mnewsplus

(略) ■そもそもママタレとは何?  ママタレとは文字通り、ママであることで売れているタレントのこと。ただ、最初からママタレだったわけではない。結婚して出産してもタレントでありたい人たち。つまり、欲張りな目立ちたがり屋が多かったりする。  その先駆けが、松田聖子だろう。ひとり娘(神田沙也加)を出産してしばらく、彼女は「ママドル」と呼ばれた。その生き方は前時代の女王・山口百恵と対照的で、時代を先取りするものでもあったが、現在の「ママタレ」とはちょっと違う。  たとえば当時、海外での仕事から帰国し...
»続きを読む
カテゴリー:

エリザベス・マリー:ベッキーのいとこが美しい死神に 舞台「死神遣いの… - 06月26日(金)12:17 

 「東映ムビ×ステ」の舞台「死神遣いの事件帖 -鎮魂侠曲-」の全出演者が6月26日に公開され、タレントのベッキーさんのいとこで、女優のエリザベス・マリーさんが死神のヴァニタス役を演じることが分かった…
カテゴリー:

【芸能】渡部建が不倫降板し、チャラ男・藤森慎吾が生き残れるワケ - 06月21日(日)21:47  mnewsplus

『週刊文春』の報道で明らかになった、アンジャッシュ・渡部建(47)のテイクアウト不倫。全てのレギュラー番組から降板ということで、13日(土)に放送された人気情報番組『王様のブランチ』(TBS系)も、例に漏れず渡部抜きでの放送となった。そして彼のワクに座っていたのが、オリエンタルラジオの藤森慎吾(37)だ。 よく考えれば藤森も、2012年に、関係を持った女性に350万円の慰謝料を払って中絶をさせたと『週刊文春』に報じられている。しかも当時、彼は人気女子アナウンサーの田中みな実と交際中だったため、このスキャンダル...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】渡部は会見すべきか?しても炎上のベッキー、当時しなかった矢口、今もしてないアメフトの日大理事長 - 06月18日(木)17:49  mnewsplus

■矢口真里さんのケース 2013年に衝撃的な「クローゼット不倫」が明らかになったことで、矢口さんは日本中からバッシングを受けたが、 公の場に出ることはまったくなく、そのまま無期限の芸能活動休止に突入した。 「会見しろ」「なぜ説明しない」と、全方向から叩かれた矢口さんが公の場で「すべて私が悪い」と謝罪をしたのは、騒動から1年5カ月を経てからだ。 その後、日清カップヌードルのCMに新垣隆さんらとともに起用されるも、 「危機管理の権威 心理学部 矢口真里 准教授」という自虐ネタに批判が殺到し、CMは1週間で放...
»続きを読む
カテゴリー:

全盛期の有吉のあだ名wwww - 06月30日(火)11:19  livejupiter

息の長い一発屋   ダウンタウン 元気の押し売り   ベッキー ファイナルカウントダウン  森光子 リズムアンド暴力  和田アキ子 凄く怖いしゃもじ   島田紳助  田村淳 クラミジアフォックス サンド富澤 悲しきモンスター 太田光 田中の親友 設楽 放火魔 アメトーークP 加地 オシャレガイコツ 宮崎哲弥 インテリ原始人 笑福亭鶴瓶 無駄話うそ太郎 魔裟斗 栃木のホスト ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】「会見開かない」渡部建、謝罪の場にあえて憎き『文春』誌上を選んだワケ - 06月27日(土)15:59  mnewsplus

 報道が出て2週間が経とうとしているが、アンジャッシュ渡部建に対する非難の声はなくなりそうもない。報道前に活動自粛。謝罪会見も開かず、雲隠れしたことが大きな理由となっている。ところが、『週刊文春』(7月1日号)で突如公開されたのが、渡部の独占インタビュー記事。世間を大きくを驚かせた。 『独占告白90分』というタイトルが付いているように、渡部は長時間にわたって取材を受け、女性たちと関係に至った経緯や謝罪、相方の児島や妻である佐々木希への思いを語っている。内容は想像していた通りのものだが、何よりも驚か...
»続きを読む
カテゴリー:

女とチョメチョメしたことある? - 06月23日(火)19:01  news

藤森は2011年8月22日におこなわれたギャルイベント「LOVESUNSHINE」でベッキーへの発言を反省。 『24時間テレビ34』(日本テレビ系)で、「チョメチョメしたい芸能人」ランキングを発表した際、 うっかりベッキーの名前を出してしまい、「あの直後に中継が(ベッキーと)一緒で、『面白かったです、 楽屋で見てました』って(言われた)。本当に迷惑かかっちゃいました」と反省しきりだった。 https://news.yahoo.co.jp/articles/1ee5809d49925dc78350f780194e7385c0b0c580 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】東出昌大の一途と渡部建の乱倫、妻が許せない不倫はどっち? 本気で恋愛していた東出のほうがよっぽど罪深い - 06月20日(土)12:50  mnewsplus

六本木ヒルズの地下駐車場トイレなどを舞台に複数女性との不倫関係が発覚したアンジャッシュ・渡部建(47) 四面楚歌の渡部に対して、「“あの男”に比べたらまだマシ」という声が上がる。 俎上に上がるのは、今年1月に女優・唐田えりか(22)との3年間にわたる不倫が発覚した東出昌大(32)である。 「妻がいながら3年間も本気で“恋愛”していた東出のほうがよっぽど罪深い。 相手女性にどんな表情で、どんな甘い言葉をかけていたのか。妻は想像するだけで絶望的な気持ちになるものです。 渡部は、言葉は悪いけど肉体関係を持っただ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】渡部“建”の不倫発覚であの芸人が指摘! スキャンダル有名人に「Kの法則」が復活中 - 06月15日(月)20:51  mnewsplus

2020/06/15 18:00 https://www.cyzo.com/2020/06/post_243982_entry.html 「週刊文春」の不倫報道により、アンジャッシュ・渡部建が芸能活動を自粛したことで、またぞろ「Kの悲劇」「Kの法則」が叫ばれているという。 「もともとは4年ほど前に、スキャンダルを報じられた人物の名前のイニシャルに『K』が多いことを、お笑い芸人のナイツが指摘したのが始まりです。  ベッキーと不倫していた川谷絵音に始まり、籠池夫妻、清原和博、ショーンK、桂文枝、ファンキー加藤、宮?謙介、小室哲哉など、不思議なくらいに  『K』が世間を...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ベッキー」の画像

もっと見る

「ベッキー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる