「死亡例」とは?

関連ニュース

日本人「大麻をやったら人間終わり…!さて一服するか。電子タバコスパスパ」なぜなのか - 09月19日(木)12:29  poverty

米NY州が電子たばこの販売禁止、国内2州目 相次ぐ被害受け 2019年9月18日 【9月18日 AFP】米ニューヨーク州は17日、風味(フレーバー)付き電子たばこの販売を禁止した。販売禁止の措置に出たのは、ミシガン州に次いで国内2州目。電子たばこ関連の死亡例が複数報告されていることから、同製品に対する懸念が高まっている。 紙巻きたばこよりも害が少ないと長年宣伝されてきた電子たばこに関連して、肺疾患で7人が死亡、数百人が吐き気などの症状を訴えている現状を受け、ニューヨーク州のアンドルー・クオモ(Andrew Cuomo)知事...
»続きを読む
カテゴリー:

「命を守るという親として最低限度の行動を起こさなかった」検察が懲役11年を求刑した理由【目黒5歳児虐待死裁判・結審①】 - 09月14日(土)12:20 

東京都目黒区で2018年3月2日、虐待を受けていた船戸結愛ちゃん(当時5)が死亡した。父親の雄大被告(34)とともに、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里被告(27)。東京地裁(守下実裁判長)で開かれていた優里被告の裁判員裁判が9月9日午後、結審した。この日の公判は、午前10時の開廷が予定されていたが、関東一円を襲った台風15号の影響で午後3時に延期された。「本日は、台風の影響によりまして、大変ご心配をおかけしましたが、関係者のご協力によって時間と法廷を変更の上、本日予定通り、論告・弁論期日開くことになりましたので、よろしくお願いいたします」裁判長は冒頭、台風の影響で開廷時間が変更になったことについて、傍聴人らに説明した。公判ではまず、論告が行われ、検察側は優里被告の罪状に対し「命を守るという親として最低限度の責任を果たさなかった」として懲役11年を求刑した。資料を手にした検察官が、証言台に進み出た。裁判長らを見まわし「それでは検察官の意見を申し上げます」と言い、裁判員らに配られたメモの説明を加え、次のように論告を始めた。 「夫からの心理的影響は様々な情状のうちの一つでしかない」本件は、被告人と夫の雄大が、娘である被害者、当時5歳に十分な栄養を与えず、雄大が、被害者に暴行を加えるなどし、被告人がそれを放置する虐待により、被害者を極度に衰弱させたにもかかわらず、被告人と...more
カテゴリー:

【米国】トランプ大統領、電子たばこの販売を全面禁止 日本にも影響が出る可能性 ★2 - 09月12日(木)11:38  newsplus

トランプ米大統領は11日、香りや味の付いた蒸気を吸う電子たばこについて、ほぼ全ての販売を禁止する方針を表明した。 若者の間に急速に浸透し、使用との関連が疑われる死亡例が相次ぐなど社会問題化している。 トランプ氏は「子供が被害を受けてはならない」と訴え、規制の必要性を強調した。 日本でも電子たばこは販売されている。 米国で規制が広がれば、日本にも影響が出る可能性がある。 電子たばこは、風味の付いた液体を、電池を内蔵した専用器具で加熱し、発生した蒸気を吸い込む嗜好(しこう)品。 ガムやメンソール風...
»続きを読む
カテゴリー:

【米国】トランプ大統領、電子たばこの販売を全面禁止 日本にも影響が出る可能性 - 09月12日(木)08:26  newsplus

トランプ米大統領は11日、香りや味の付いた蒸気を吸う電子たばこについて、ほぼ全ての販売を禁止する方針を表明した。 若者の間に急速に浸透し、使用との関連が疑われる死亡例が相次ぐなど社会問題化している。 トランプ氏は「子供が被害を受けてはならない」と訴え、規制の必要性を強調した。 日本でも電子たばこは販売されている。 米国で規制が広がれば、日本にも影響が出る可能性がある。 電子たばこは、風味の付いた液体を、電池を内蔵した専用器具で加熱し、発生した蒸気を吸い込む嗜好(しこう)品。 ガムやメンソール風...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】トランプ大統領、死亡例が相次ぐ電子たばこを禁止へ。日本への影響も避けられず - 09月12日(木)07:56  livejupiter

トランプ米大統領は11日、香りや味の付いた蒸気を吸う電子たばこについて、ほぼ全ての販売を禁止する方針を表明した。  若者の間に急速に浸透し、使用との関連が疑われる死亡例が相次ぐなど社会問題化している。トランプ氏は「子供が被害を受けてはならない」と訴え、規制の必要性を強調した。  日本でも電子たばこは販売されている。米国で規制が広がれば、日本にも影響が出る可能性がある。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

内視鏡で『魚の骨』を発見した研修医。上司に抜くべきか確認すると… - 09月18日(水)10:45 

医師のさとう (@drsatoh)さんが投稿した、研修医時代の恐ろしいエピソードに注目が集まっています。 研修医の時内視鏡で、食道を貫通していた魚骨があり、上司に「これ、抜いたほうがいいっすかね?」と聞いたら「バカ言え、手術の可能性もある」となりCT→開胸手術大動脈にも刺さっていて、抜いたらそこからピュッと出血したとの外科の先生怖い話ですね— さとう (@drsatoh) 2019年9月4日 間一髪…!!(((;゚Д゚))) もし内視鏡下で抜いていたらと考えると…背筋が凍る思いです。 死亡例も その後、今回のお話を聞いた別の医師たちからも… 魚骨は本当に怖い。法医学の授業で、大量の血液まみれて自宅で死亡している症例が取り上げられたことがあった。解剖の末特定された死因は、鯛の骨が食道を貫き胸部大動脈に達し、大量に出血を来たしたというものだった。 https://t.co/RUueEvobQT— 総合外科医 Dr.T (@surgeon_DrT) 2019年9月4日 エビのしっぽで食道〜胸部大動脈損傷で大量吐血してきたCT を診断したことあります。手術準備中に亡くなりました。それ以降、エビのしっぽ食べないように言ってまわってるけど、甥っ子4歳がエビの尻尾好きで困る https://t.co/ZXg0zBS9ZT— RIE (@...more
カテゴリー:

トランプ政権が電子たばこの規制強化、フレーバーの禁止も - 09月13日(金)11:15 

米保健福祉省(HHS)と米食品医薬品局(FDA)は、電子たばこに関する厳格な規制の導入を検討している。規制案にはフレーバー電子たばこの禁止も含まれている。 FDAのコンプライアンスポリシー案では、たばこ風味以外のフレーバー電子たばこはすべて、販売前にFDAの承認が必要となる。フレーバー電子たばこは、FDAの審査に合格するまでの間、市場から撤去される。 2016年8月に発効した規制により、電子たばこ会社はその発効から2年以内に「市販前たばこ製品申請」をFDAに提出する義務が生じた。HHSによると、期限内にFDAの承認を受けなかった製品は、現在違法とみなされている。 「トランプ政権は、フレーバー電子たばこが青少年に蔓延している深刻な現状を改善し、市場の透明性を高める姿勢を明確にした。フレーバー電子たばこは子供、家庭、学校、コミュニティーに大きな影響を与えている」とHSS長官のAlex Azar(アレックス・アザール)氏は述べた。「この状況は看過できない。電子たばこは若い世代にとって従来の燃焼式たばこやニコチン中毒への入り口になる」。 過去1年間、電子たばこ業界は絶えず批判にさらされてきた。健康へ悪影響を及ぼすのみならず、未成年者への販売方法に問題があるというものだ。 HHSによると、最新の全国青少年たばこ調査で、青少年の電子たばこ使用率が継続的に上昇しており、特にたばこ以外のフレーバー...more
カテゴリー:

【悲報】アメリカが電子タバコ禁止に 使用との関連が疑われる死亡例が相次ぐ どうすんだ日本・・・ - 09月12日(木)09:45  poverty

トランプ米大統領は11日、香りや味の付いた蒸気を吸う電子たばこについて、ほぼ全ての販売を禁止する方針を表明した。 若者の間に急速に浸透し、使用との関連が疑われる死亡例が相次ぐなど社会問題化している。 トランプ氏は「子供が被害を受けてはならない」と訴え、規制の必要性を強調した。  日本でも電子たばこは販売されている。米国で規制が広がれば、日本にも影響が出る可能性がある。  電子たばこは、風味の付いた液体を、電池を内蔵した専用器具で加熱し、発生した蒸気を吸い込む嗜好(しこう)品。ガムやメンソール...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】情報弱者御用達こと電子タバコ、アメリカで全面販売禁止へ - 09月12日(木)08:10  news4vip

    米、電子たばこ禁止へ=香りや味付き、ほぼ全て 9/12(木) 6:31配信 トランプ米大統領は11日、香りや味の付いた蒸気を吸う電子たばこについて、ほぼ全ての販売を禁止する方針を表明した。 若者の間に急速に浸透し、使用との関連が疑われる死亡例が相次ぐなど社会問題化している。トランプ氏は「子供が被害を受けてはならない」と訴え、規制の必要性を強調した。 日本でも電子たばこは販売されている。米国で規制が広がれば、日本にも影響が出る可能性がある。 電子たばこは、風味の付いた液体を、電池を内蔵した専用器具...
»続きを読む
カテゴリー:

米、電子たばこ禁止へ トランプ氏「子供が被害を受けてはならない」 - 09月12日(木)07:25  poverty

トランプ米大統領は11日、香りや味の付いた蒸気を吸う電子たばこについて、ほぼ全ての販売を禁止する方針を表明した。 若者の間に急速に浸透し、使用との関連が疑われる死亡例が相次ぐなど社会問題化している。 トランプ氏は「子供が被害を受けてはならない」と訴え、規制の必要性を強調した。<下へ続く>  日本でも電子たばこは販売されている。米国で規制が広がれば、日本にも影響が出る可能性がある。  電子たばこは、風味の付いた液体を、電池を内蔵した専用器具で加熱し、発生した蒸気を吸い込む嗜好(しこう)品。ガム...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「死亡例」の画像

もっと見る

「死亡例」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる