「地域枠」とは?

関連ニュース

セミナーで地域医療担う医師育成 岡山大生ら手術室見学や診療体験 - 08月17日(土)22:11 

 地域医療を担う医師の育成に向け、岡山県が岡山大と広島大の医学部に設けている「地域枠」の学生と自治医科大(栃木県)学生による合同セミナーが17日、赤磐市などで2日間の日程で始まった。 3大学か...
カテゴリー:

 株式会社 労務研究所は「旬刊福利厚生」誌上に企業内保育所・託児所の地域枠・他社従業員枠をマッチングする企画ページ「我が社の保育所!」の掲載を開始しました - 07月30日(火)13:00 

国内最大の福利厚生専門出版社で「旬刊福利厚生」を刊行する株式会社労務研究所(創業:1949年・本社:東京都港区赤坂)は、刊行する福利厚生専門誌「旬刊福利厚生」の7月号(7月24日発行No.2276)から、従業員の待機児童問題対策として企業が社内に設置する企業内保育所・託児所に用意されている地域枠・他社従業員枠をマッチングする企画ページ「我が社の保育所!」の掲載を開始しました。1.社内に保育所・託児所を設置する企業が増えている背景 待機児童問題は依然として深刻な状況にあり、産休・育休取得後に予定していた職場復帰ができないといった悩みを抱える従業員も増えています。こうした状況は企業側にとっては人手不足、休業中の従業員にとってはキャリア形成上の支障、その他の従業員にとっては過重労働を招くといった様々な弊害を生じさせています。そこで、大企業を中心に従業員の産休・育休からの円滑な復帰を支援するために、社内に保育所・託児所を設ける企業が増えています。国でも待機児童問題対策の一環として、企業が設置する保育所・託児所を支援するため、18年度から新たに「企業主導型保育所」の制度を創設、設置・運営に要する費用の助成を行うなどして支援を行っています。2.利用者の少なさに悩む社内保育所・託児所が多い 社内保育所・託児所の整備が進む一方で,利用者が従業員が主となることから、年ごとに利用者数に変動があり、利用...more
カテゴリー:

高まる日本の医師不足への不安解消へ。8月18日より始まる城南医志塾の「夏合宿」は、現役医師と予備校講師による集中特訓で医学部合格を目指します。 - 08月02日(金)16:00 

【2036年の医師不足2.4万人 厚労省試算「偏在解消」達成できず】厚生労働省が将来の地域の医師数を新たに試算した結果、医師の偏在を解消する目標年としている2036年でも全国335地域のうち約220地域で約2万4000人の医師不足が見込まれることが、関係者への取材で判明した。厚労省は試算に基づき青森、千葉、静岡、山口など15県を「医師少数区域」と定め、地元で一定期間働くことを義務付ける大学医学部の「地域枠」を重点的に配分するなど対策を加速させる。(2019年2月6日毎日新聞より)「団塊の世代」が75歳以上となる2025年には様々な問題が起こると予想されている、俗にいう「2025年問題」。その中でもっとも影響が大きいのが医療業界であると言われています。それは、後期高齢者の人口が急増する一方、少子化の高まりや人工知能の進化によって若い世代の人口と労働力は減少傾向となることから医療業界における需要と供給のバランスが崩れ、病院数の減少や医師不足といった問題が生じるおそれがあるためです。上記のような問題に一石を投じるべく、株式会社城南進学研究社(所在地:神奈川県川崎市・代表取締役 CEO:下村勝己)が運営する医学部受験塾「城南医志塾」は、医学部受験のエキスパートによる学科試験対策だけでなく、現役の医師が医療業界の実状を医学部受験生に伝え、それを踏まえた二次試験対策を行っております。受験生にと...more
カテゴリー:

「地域枠」の画像

もっと見る

「地域枠」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる