「黒田東彦総裁」とは?

関連ニュース

【金融機関】巨大IT企業の金融進出に警鐘 国際決済銀行が報告書【仮想通貨】 - 06月24日(月)13:08  bizplus

【ベルリン=石川潤】主要国・地域の中央銀行が加盟する国際決済銀行(BIS)は23日、米国のフェイスブックやアマゾン・ドット・コム、中国のアリババ集団などの巨大IT(情報技術)企業が提供する金融サービスが「新たな難問」をもたらしかねないと警鐘を鳴らすリポートを公表した。巨大IT企業はデータを武器に一気に市場を支配する可能性があり、規制当局にリスクを抑えるための対応を促している。 フェイスブックが18日に新たな仮想通貨(暗号資産)「リブラ」を公表するなど、巨大IT企業による金融進出が相次いでいる。英イングランド...
»続きを読む
カテゴリー:

【日銀】黒田総裁、必要なら「緩和検討」 - 06月21日(金)15:46  bizplus

日銀は20日の金融政策決定会合で、長短金利操作を柱とする大規模緩和策の維持を賛成多数で決めた。会合後に記者会見した黒田東彦総裁は世界経済について「今年後半から成長が加速するシナリオは変わっていない」と強調。一方で米中貿易摩擦などをリスク要因に挙げ、「物価上昇の勢いが損なわれれば、ちゅうちょなく追加緩和を検討する」との考えを改めて示した。 各国の金融政策をめぐっては、米連邦準備制度理事会(FRB)が19日の会合で年内に利下げする方針を示唆。欧州中央銀行(ECB)も利下げの検討を表明するなど、主要国で緩和姿...
»続きを読む
カテゴリー:

日銀の黒田総裁、仮想通貨リブラについて言及「動向を注視したい」【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 06月21日(金)13:58 

日本銀行の黒田東彦総裁は20日、フェイスブックの独自仮想通貨「Libra(リブラ)」について「仮想通貨が支払い手段として人々の信認を得られるのか、金融システムにどのような影響を及ぼすのか、動向を注視したい」と発言したことが一部報道により明らかとなった。報道によれば、黒田総裁は、仮想通貨「リブラ」の報道については承知しているが、内容は十分に承知しておらず、具体的なコメントは差し控えるとしたようだ。フ
カテゴリー:

「ちゅうちょなく緩和検討」 黒田日銀総裁 追加余地は限定的 - 06月20日(木)22:28 

 「世界経済について下方リスクが強まっている。特に保護主義の帰趨(きすう)について懸念しており十分配慮して注視していく」。日銀の黒田東彦総裁は20日の金融政策決定会合後の記者会見で、米中貿易戦争など先行きを注意深く見守っていく考えを示した。
カテゴリー:

長期金利マイナス幅拡大 2年11カ月ぶり水準 - 06月20日(木)21:25 

 20日の国債市場は、日銀の黒田東彦総裁がマイナス金利の幅拡大を容認したとの見方が広がり、長期金利の指標である新発10年債利回りが夜間取引で急低下した。一時、マイナス0・185%と平成28年7月以来約2年11カ月ぶりの水準に下がった。
カテゴリー:

【国債】長期金利、マイナス0.195%に低下 数年ぶり低水準 。皆言わないけど不景気だよな - 06月22日(土)11:22  news

21日の債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが一時、前日比0.025%低いマイナス0.195%に低下した。2016年7月29日以来、2年11カ月ぶりの低水準 。日銀が21日午前に通知した国債買い入れオペ(公開市場操作)で購入額を据え置き、市場では金利低下を容認するとの受け止めが広がった。 日銀の黒田東彦総裁は20日の記者会見で、プラスマイナス0.2%程度を念頭に置いている長期金利の変動幅について 「具体的な範囲を過度に厳格にとらえる必要はない。ある程度弾力的に対応していくことが適当だ」と述べていた。 一方...
»続きを読む
カテゴリー:

【国債】長期金利、マイナス0.195%に低下 約3年ぶり低水準 - 06月21日(金)14:20  bizplus

21日の債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが一時、前日比0.025%低いマイナス0.195%に低下した。2016年7月29日以来、2年11カ月ぶりの低水準。日銀が21日午前に通知した国債買い入れオペ(公開市場操作)で購入額を据え置き、市場では金利低下を容認するとの受け止めが広がった。 日銀の黒田東彦総裁は20日の記者会見で、プラスマイナス0.2%程度を念頭に置いている長期金利の変動幅について「具体的な範囲を過度に厳格にとらえる必要はない。ある程度弾力的に対応していくことが適当だ」と述べていた。 一方、21日...
»続きを読む
カテゴリー:

【日銀】黒田総裁「物価上昇の勢いが損なわれれば、ちゅうちょなく追加緩和を検討する」 - 06月21日(金)05:24  newsplus

日銀は20日の金融政策決定会合で、長短金利操作を柱とする大規模緩和策の維持を賛成多数で決めた。会合後に記者会見した黒田東彦総裁は世界経済について「今年後半から成長が加速するシナリオは変わっていない」と強調。一方で米中貿易摩擦などをリスク要因に挙げ、「物価上昇の勢いが損なわれれば、ちゅうちょなく追加緩和を検討する」との考えを改めて示した。 各国の金融政策をめぐっては、米連邦準備制度理事会(FRB)が19日の会合で年内に利下げする方針を示唆。欧州中央銀行(ECB)も利下げの検討を表明するなど、主要国で緩和姿...
»続きを読む
カテゴリー:

米、年内利下げ示唆 景気失速に警戒感 - 06月20日(木)22:25 

 米連邦準備制度理事会(FRB)は19日、連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で、利下げに踏み切る可能性を示唆。日銀の黒田東彦総裁も20日の金融政策決定会合後の記者会見で、状況に応じて追加緩和を検討する姿勢を強調した。米中貿易戦争の激化などに伴う先行き不透明感の高まりが背景にあるが、長期にわたる大
カテゴリー:

日銀が金融政策維持 総裁、物価失速なら追加緩和「躊躇なく」 - 06月20日(木)19:20 

米欧の中央銀行が金融緩和姿勢を強める中、20日に開かれた金融政策決定会合で日銀は、現行の金融緩和政策の継続を賛成多数で決定した。黒田東彦総裁は、その後の会見で物価2%目標に向けたモメンタム(勢い)が損なわれる状況になれば、「躊躇(ちゅうちょ)なく追加金融緩和を検討する」と強調し、追加緩和も辞さない考えを示した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「黒田東彦総裁」の画像

もっと見る

「黒田東彦総裁」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる