「麻薬取締法違反」とは?

関連ニュース

ピエール瀧被告出演作の公開決定で、“自粛ありき”に歯止め? あの俳優主演作はいまだ未定 - 05月16日(木)21:00 

コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴されたテクノバンド・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧被告が、今秋公開の映画「宮本から君へ」に出演していること...
カテゴリー:

【芸能】ピエール瀧被告 今秋公開「宮本から君へ」に出演「改編・追加撮影を行わず」 - 05月16日(木)09:35  mnewsplus

コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴された「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が 今秋公開の映画「宮本から君へ」に出演していることが16日、同作の公式SNSで発表され、「本作品の改編・追加撮影を行わず、劇場公開する」ことが明らかになった。 公式ツイッターで「2018年9月29日から10月30日に撮影した『宮本から君へ』にはピエール瀧氏が出演しています」と瀧被告の出演を告知。 「事件発覚後協議を重ねた結果、本作品の改編・追加撮影を行わず、劇場公開することを決定しま...
»続きを読む
カテゴリー:

ピエール瀧被告「宮本から君へ」に出演、公開へ - 05月16日(木)09:20 

麻薬取締法違反の罪で起訴されたミュージシャンで俳優のピエール瀧被告(52)が、今年秋公開予定の「宮本から君へ」に出演していたことがわかった。 同作のフェイスブックが16日、更新され「麻薬取締法違反容疑で逮捕、同法違反罪で起訴されたピエー…
カテゴリー:

捜査当局を困惑させたピエール瀧被告の“行動” | 東スポのニュースに関するニュースを掲載 - 05月16日(木)02:31 

捜査当局を困惑させたピエール瀧被告の“行動” | 東スポのニュースに関するニュースを掲載ピエール瀧被告 6月5日の初公判を控える電気グルーヴのピエール瀧こと瀧正則被告の“ある行動”が捜査当局を困惑させているという。 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された瀧被告は4月4日に保釈保証金400万円を納付し、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。保釈の際は、報道陣に向かって頭...
カテゴリー:

【芸能】NHK『いだてん』崖っぷち…“あまちゃん化”失敗で悪夢の5%寸前! - 05月14日(火)11:49  mnewsplus

去る4月28日の放送回で“歴代最低”の平均視聴率7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)という不名誉な記録を残してしまったNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』。 その後、5月5日の放送回では7.7%、12日の放送回が8.7%と、多少の盛り返しを見せているが、一桁の低空飛行であることに変わりはない。 「悪夢の5%以下というのも現実になるかもしれません。というのも、もはや打つ手がないのです。 NHKはのん(能年玲奈)のサプライズ出演を一縷の望みとしていましたが、それも消滅してしまい、局内は完全に諦め...
»続きを読む
カテゴリー:

ピエール瀧被告出演の「宮本から君へ」、改編・追加撮影なしで公開へ 監督「顔ぶれに微塵も悔いはない」 - 05月16日(木)11:31 

麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧被告が出演している映画「宮本から君へ」が、「改編・追加撮影」はせずに劇場公開されることが決まった。作品の公式TwitterやFacebookが5月16日に発表した。発表によると、撮影は2018年9月29日から10月30日に行われていた。事件発覚後、製作委員会で協議を重ねた結果、「ピエール瀧氏は、今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論」に至ったという。「宮本から君へ」は、新井英樹の漫画が原作。連続ドラマがテレビ東京などで2018年4月から6月に放送された。映画は今秋公開予定。主人公を池松壮亮 、ヒロインを蒼井優が演じる。作品の公式Twitterは、映画公開に向けた真利子哲也監督のコメントも掲載している。「ついに実写化の舵が切られ、分厚くて重たい定本を握りしめ、ボロボロになるまで読み込み書き込み、かなり手強いこの原作をどうやったら映画にできるか、みんなで真剣に向き合いました」「この映画の顔ぶれに微塵も悔いはありません」【#真利子哲也 監督コメント】ついに実写化の舵が切られ、分厚くて重たい定本を握りしめ、ボロボロになるまで読み込み書き込み、かなり手強いこの原作をどうやったら映画にできるか、みんなで真剣に向き合いました。 ⇒(続)#宮本から君へ— 映画『宮本から君へ』 (...more
カテゴリー:

ピエール瀧被告出演 監督「顔ぶれに悔いない」 - 05月16日(木)09:24 

コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴されたミュージシャン、俳優ピエール瀧被告(52)が、映画「宮本から君へ」(真利子哲也監督、今秋公開)に出演していること、改編、追加撮影せずに公開することが16日、同作SNSで発表された。…
カテゴリー:

ピエール瀧:映画「宮本から君へ」に出演 改編・追撮なしで劇場公開へ - 05月16日(木)07:00 

 麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧さんが出演した映画「宮本から君へ」(真利子哲也監督、今秋公開)が、改編や追加撮影をせずに公開されることが16日、明らかになった…
カテゴリー:

【芸能】 国民的超人気ドラマ出演の有名女優に迫る 「麻薬逮捕」 Xデー - 05月15日(水)11:13  mnewsplus

電気グルーヴのピエール瀧こと瀧正則被告が、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴され、 来月にはいよいよ初公判を迎えるが、そんな中、「捜査当局は次なる大物芸能人の逮捕を狙っている」との最新情報を入手した。 本紙でもすでに、個性派若手俳優が次の薬物逮捕の捜査対象になっていると報じたが、 その俳優以上に当局が本気で逮捕を狙っているのは、国民的超人気ドラマに出演していた有名女優だ。 瀧被告が来月5日に初公判を迎えるタイミングにもかかわらず、芸能界の薬物汚染はなくなっていなかった。捜査関係...
»続きを読む
カテゴリー:

子どもにはスマホより読書が良い? 情報収集に「終わり」があるということ - 05月13日(月)06:45 

子どもがなかなか読書をしてくれない——。小学生の子どもを持つ多くの保護者の悩みではないでしょうか。私の子どもは現在11歳の小学生。本を読む時間より、YouTubeを見たり、友達とオンラインゲームをしたりする方が長いです。宿題のレポートを書くときも、本を開くよりも先に、スマホやタブレットで調べています。 読書の魅力はたくさんあります。面白い小説のページを開けば、わくわくするようなストーリーを楽しめますし、歴史や科学の本を読むと知識を身につけることができます。でもよく考えると、ネットでも同じ「メリット」が期待できる。ネットより「本の方が優れている」という理由には、全くならない。 ただ、本にしかないメリットを一つあげるとすれば、それは「終わり」があるということ。際限なく閲覧できるネットと違って、本は紙幅に制限があるので、楽しんだり調べたりすることを「ある程度のところ」でやめることができます。あとは、一人で考えるしかない。みなさんは「本の魅力」についてどう子どもに伝えてますか? 読書は「ハードル」が高い 「読書」とは何でしょうか。私のiPhoneに入っている辞書アプリ「新明解国語辞典」を引いて意味を調べてみました(ちなみに紙の辞書より便利です)。 《 一時(イツトキ)現実の世界を離れ、精神を未知の世界に遊ば...more
カテゴリー:

もっと見る

「麻薬取締法違反」の画像

もっと見る

「麻薬取締法違反」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる