「高齢社会」とは?

関連ニュース

2040年までに60歳以上人口が4億人に… 中国では「高齢者介護」が新たな課題に - 01月26日(木)07:30 

中国は1960年代以来初めて人口が減少に転じたと発表しました。 専門家は「中国は1999年に高齢化社会になりました。2026年までに高齢社会に、2047年までには超高齢社会になるでしょう」と話しています。
カテゴリー:

なぜ入獄後10年もすると死刑囚と無期囚で変化が見られるのか? - 01月20日(金)17:16 

精神科医として東京拘置所の医務技官を務めた加賀乙彦氏が93歳で亡くなりました。今回のメルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、加賀氏が文学博士の鈴木秀子氏との対談で語った、囚人の違いと自身の死生観について紹介しています。 拘置所で見た死刑囚と無期囚との違い 追悼・加賀乙彦氏 作家で精神科医でもある加賀乙彦氏が12日、老衰のため93歳で逝去されました。加賀氏は精神科医として東京拘置所の医務技官を務め、多くの死刑囚、無期囚と向き合ってこられました。 『致知』2021年3月号では、文学博士の鈴木秀子氏と対談。加賀氏はこの中で文学談義に加え、拘置所内で感じた死刑囚、無期囚との違い、ご自身の死生観などについても語り合われています。 ───────────────── 加賀 「一つ興味深い話をしますとね、多くの場合、重大な犯罪を起こした人は死刑囚、無期囚ということになるわけですが、同じタイプの囚人でも、入獄して10年経つとその様子はそれぞれで大きく違ってくるんです。 無期囚の人たちはむやみに暴れて発作を起こしていたような者でも10年経つと、本当に人が変わったように大人しくなってしまう。」 鈴木 「無期囚の人たちは大人しくなるのですか」 加賀 「ええ。死刑囚はどうかというと、真剣にいろいろなことを考えるし、人の悪口は言う。一方で心を開いてくれる人も多い。亡くなるまでずっと元気なんです。 僕...more
カテゴリー:

【新潮】由美かおるが語る「終活」をしない理由と充実の「おひとりさま」生活 英会話やアコーディオンにも挑戦 - 01月15日(日)05:46  mnewsplus

由美かおるが語る「終活」をしない理由と充実の「おひとりさま」生活 英会話やアコーディオンにも挑戦 2023年1月14日 10時58分 デイリー新潮 https://news.livedoor.com/article/detail/23533386/ 由美かおる  超高齢社会である日本で、もはや当たり前となっている「おひとりさま」という生き方。女優・由美かおるが語った、知らないものに挑戦しまくる充実した日々、そして終活を一切しない理由とは――。 ***  もう長い間、芸能界で活動してきたけれど「おひとりさま」なんてテーマで取材を受けるのは初めて! ...
»続きを読む
カテゴリー:

【尾身会長インタビュー】「この病気は100年に一度の感染症だ」 - 01月14日(土)01:07  newsplus

現在の第8波をどう見ればよいのか。この先、このウイルスとどう向き合っていくべきなのか。 尾身会長は90分にわたって語りました。(このインタビューは1月13日夕方に行いました) Q.この3年間で初めて行動制限のない年末年始があり、感染は拡大しています。亡くなる人も過去最多の状況が続いていますが、現状をどう見ていますか。 A.感染者の数は、去年夏の第7波を超えていませんが、亡くなる人の数は第7波を超えてきています。 感染者の届け出の方法が変わったことが背景にあると見られます。 報告されている感染者数は、実際...
»続きを読む
カテゴリー:

【見守りカメラ】月30ギガプラン新登場/インターネット不要『ユーコとヨーコ』/1月11日リリース - 01月11日(水)13:00 

防犯カメラ・AIカメラの専門店 株式会社トリニティー(代表取締役:兼松拓也、本社:愛知県名古屋市)は、インターネット環境不要の遠隔見守りカメラ『ユーコとヨーコ』の新プランを発表いたします。「月10時間では足りない」というお客様のお声を受けて「長時間見守りたい」「複数人(兄弟姉妹)で見守りたい」というお客様からのご要望を受け、このたび、月約30時間程度の見守りが可能なプランを追加発売いたします。※スマートフォン1台あたりの閲覧可能時間(スマートフォンの台数により閲覧可能時間は変わります)▼インターネット不要の見守りカメラ『ユーコとヨーコ』https://www.trinity4e.com/mimamori.htmlインターネット環境のないご家庭からの問合せが多数90歳を迎えた高齢の祖母をいつでも見守ることができたら―-そんな社員の声から生まれた見守りカメラ『ユーコとヨーコ』。弊社へのお問い合わせのほとんどが「インターネットを引いていない」「スマートフォンを持っていない」というご家庭からのご相談です。機器概要◎基本機能・保証についてSIM内蔵(インターネット環境不要)/高画質200万画素映像/暗闇でも鮮明映像の赤外線カメラ/音声による相互通話も可能/レンタル期間中の不具合は全期間無償保証/初期導入費0円◎レンタル価格【月10時間プラン】月額3,850円(本体価格3,500円)【月30時...more
カテゴリー:

みんなの“性教育・生殖教育の学び直し”コンテンツ YELLOW SPHERE PROJECT Enjoy Life School - 01月25日(水)10:00 

2023年1月25日 メルクバイオファーマ株式会社     “新しい命を宿す為の努力を、皆が応援する社会”を目指した YELLOW SPHERE PROJECT 「もっと早いうちから知っていれば良かった・・・」を解決 みんなの“性教育・生殖教育の学び直し”コンテンツ YELLOW SPHERE PROJECT  Enjoy Life School  - みんなのカラダと新しい命の授業 - YouTube配信スタート   https://youtu.be/3pLTJKt2veI     サイエンスとテクノロジーの企業であるメルク(Merck)の日本法人、メルクバイオファーマ株式会社(本社:東京、代表取締役社長:アレキサンダー・デ・モラルト、以下「メルク」)は、 “新しい命を宿す為の努力を、皆が応援する社会”を目指したYELLOW SPHERE PROJECTの一環として、本日より「YELLOW SPHERE PROJECT Enjoy Life School - みんなのカラダと新しい命の授業 -」のYouTube配信を開始いたしました。   世界の中でも日本は特に高齢化率が高く※1、引き続き少子高齢化への対応が求められて...more
カテゴリー:

東京ホームタウン大学 超高齢社会の地域づくり - 01月16日(月)17:30 

東京都は、「いくつになっても、いきいきと暮らせるまちをつくる」をテーマに、人がつながり、安心して暮らせる地域づくりを応援する「東京ホームタウンプロジェクト」を実施しています。このたび、これからの地域づくりのあり方や身近な地域とつながるヒントを提案する、年に一度の学び場「東京ホームタウン大学」を開校し、専門家による講演や、生活支援コーディネーターなど地域づくり担当者や地域福祉に携わる団体による活動報告等を行い地域づくりの工夫や現状、地域参加の「いま」をわかりやすく学べます。
カテゴリー:

【尾身会長インタビュー】「この病気は100年に一度の感染症だ」★2 - 01月14日(土)19:20  newsplus

現在の第8波をどう見ればよいのか。この先、このウイルスとどう向き合っていくべきなのか。 尾身会長は90分にわたって語りました。(このインタビューは1月13日夕方に行いました) Q.この3年間で初めて行動制限のない年末年始があり、感染は拡大しています。亡くなる人も過去最多の状況が続いていますが、現状をどう見ていますか。 A.感染者の数は、去年夏の第7波を超えていませんが、亡くなる人の数は第7波を超えてきています。 感染者の届け出の方法が変わったことが背景にあると見られます。 報告されている感染者数は、実際...
»続きを読む
カテゴリー:

FPK研修センター、日本FP協会認定継続教育セミナー「超高齢社会に必須!成年・任意後見制度の知識と現状~相談現場から」を1月12日から開講 - 01月12日(木)17:00 

日本FP協会認定教育機関であるFPK研修センターは、継続教育セミナー「超高齢社会に必須!成年・任意後見制度の知識と現状~相談現場から」を1月12日から開講したことをお知らせいたします。
カテゴリー:

【経済】様々な業界に影響を与えることが確実な「2023年問題」「2024年問題」「2025年問題」 - 01月08日(日)04:14  newsplus

(中略) 2023年問題とは 2023年問題とは、働き方改革関連法の施行や社会情勢の影響で起こり得る諸問題のことを指す。業界ごとに問題視されている内容は異なるが、ここでは主に問題視されている3つの問題を紹介する。 時間外労働の割増賃金の引き上げ 2023年4月1日から、月60時間を超える時間外労働の割増賃金率がすべての企業を対象に50%となる。すでに大企業は1か月の時間外労働に対する割増賃金を50%に定められているが、中小企業については従来の割増賃金率が25%であったため大幅な変更となる。 このことから、月60...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる