「高齢化社会」とは?

関連ニュース

(ヽ´ん`)「ChatGPT、日本の問題点と改善方を教えて」🤖「超高齢化社会、少子高齢化、経済格差、環境問題、改善方は…」 - 02月02日(木)22:00  poverty

こんにちは こんにちは!どのようにお手伝いできますか? Q.日本社会の問題点を4つ挙げて、その改善方法教えて。 1.超高齢化社会: 日本の人口は高齢化が進む中、将来的に労働力不足が深刻な問題となりそうです。改善方法としては、女性・高齢者・外国人などのタレントを活用する労働力政策を進め、介護分野などでの新しい仕事創出などが挙げられます。 2.少子高齢化: 日本は少子高齢化社会となり、将来的に子育て世帯や高齢者のサポートなどが問題になる可能性があります。改善方法としては、家族や社会のサポートの充実、...
»続きを読む
カテゴリー:

寿命より先にお金が尽きる「長生きリスク」。60代以降の満足いく生活のために、何から始めればいい? - 01月31日(火)14:39 

【合わせて読みたい】NISA、インボイス、贈与、暮らしにかかわる税金どう変わる?変更点を専門家が解説60代以降も満足感のある生活をできるかーー。寿命が延び続ける中で、自分の持っている資産では十分に足りなくなる「長生きリスク」への対応の重要性が増している。足りなければ、節約する、積み立て投資など資産を運用する、想定よりも長く働き続けるなどいろんな選択肢を組み合わせていくことが必要になってくる。野村証券の池田肇常務(デジタル・カンパニー担当兼営業部門マーケティング担当 )はそのためにも「保有する資産を一括して円グラフにし、自分の資産状況を把握することがスタートラインです」と話す。野村証券の池田肇さん健康上の問題で日常生活が制約されることなく過ごせる「健康寿命」は男女ともに延び続けている。男性平均は70.42歳(2010年)から72.68歳(2019年)、女性平均は同期間に73.62歳から75.38歳になった。平均寿命は、男性で9年弱、女性では12年超延びている。「安心して資産を活用できる超高齢化社会」をめざしてお金にまつわる調査をしている「フィンウェル研究所」が2022年1〜2月に全国の60代6000人に生活満足度などについて尋ねたところ、保有資産で自分の寿命をカバーできないと答えた人は3割に上った。5割が「なんとかギリギリ足りると思う」と答え、「十分できると思う」は2割弱だった。池田...more
カテゴリー:

ミトコンドリアを改造してリアルで「スタミナゲージを伸ばす薬」を発見! - 01月27日(金)18:00 

スタミナ増強剤のような効果があるようです。 東京都健康長寿医療センター研究所で行われた研究によって、ミトコンドリアの生産するエネルギー量を増幅させる薬物(SYK阻害薬)が発見され、持久力を大幅に増加させることに成功しました。 また薬物がマウスの体に起こした変化を調べたところ、マウスの能力向上が筋肉量の増加によるものではなく、筋肉の質が高まったからであることも示されました。 研究者たちは筋肉の質を向上させることで高齢者たちの健康増進やスポーツ能力を向上させるだけでなく、生活の質(QOL)の改善にも役立つと述べています。 しかし、いったいどんな種類の薬物が、ミトコンドリアのエネルギー生産量を増やしたのでしょうか? 研究内容の詳細は2023年1月25日に『Nature Communications』にて公開されています。 目次 ミトコンドリア超複合体はエネルギー生産を加速させるマウスの持久力を大幅に上げる「スタミナ増強剤」を発見 ミトコンドリア超複合体はエネルギー生産を加速させる Credit:Canva . ナゾロジー編集部 日常生活からスポーツレジャーに至るまで、筋肉は運動のために大量のエネルギーを消費しています。 このエネルギーは主に細胞内に存在するミトコンドリアによって生産されています。 ミトコンドリアは「細胞の発電所」とも呼べる役割を担っており、生命活動に必須な電子の流れ...more
カテゴリー:

2040年までに60歳以上人口が4億人に… 中国では「高齢者介護」が新たな課題に - 01月26日(木)07:30 

中国は1960年代以来初めて人口が減少に転じたと発表しました。 専門家は「中国は1999年に高齢化社会になりました。2026年までに高齢社会に、2047年までには超高齢社会になるでしょう」と話しています。
カテゴリー:

高齢者を受け入れる不動産投資のポイントは?自治体のサポート事例も - 01月18日(水)16:07 

世界でも屈指の超高齢化社会をむかえる国内において、投資家が事前に知っておきたいのは高齢者を受け入れるための不動産投資のポイントではないでしょうか。 超高齢化社会では賃貸希望者の高齢者割合が増加するため、今後の不動産投資家にとっても深く関わりのある課題です。将来的な日本の人口推移は、2030年時点でおよそ3人に1人は65歳以上という統計調査が行われています。(※参照:国立社会保障・人口問題研究所「人口ピラミッドの推移」) そんな超高齢化社会において、不動産投資家にとって気になるのは事前に知っておきたい高齢者を受け入れるメリットや注意点ではないでしょうか。今回のコラムでは高齢者による賃貸需要の増加が予想される国内の不動産投資でのメリットやデメリット、受け入れるための準備に関する概要をお伝えしていきます。 初心者に人気の不動産投資セミナー7選 目次 高齢者を受け入れる不動産投資のメリット 1-1.長期の入居期間になる傾向がある 1-2.入居募集期間が短くなる可能性がある 1-3.物件によっては地域・自治体のサポートを得ることが可能 高齢者を受け入れる不動産投資のデメリット 2-1.孤独死や事故のリスク 2-2.認知症によって引き起こされるトラブル 高齢者を受け入れる不動産投資で押さえておきたい対策ポイント 3-1.入居者とのマメなコミュニケーション 3-2.見守りサービスの利用 3-...more
カテゴリー:

自分の老後のために育児する、中国「養児防老」が現実的ではなくなっている - 02月02日(木)17:39 

中国の伝統的な「養児防老」という考え方。親の老後を子供に背負わせるために子供を育てる、という意味なのだそうですが、日本にはあまりない考え方ではないでしょうか。今回のメルマガ『黄文葦の日中楽話』では、 現在の中国では難しくなってきている「養児防老」はこれからどう変えていくべきなのかについて語っています。 この記事の著者・黄文葦さんのメルマガ初月無料で読む  中国は老後を子供に背負わせるために子育てする「養児防老」の意識を変えるのか? 「養児防老」とは、中国の伝統的な考え方で、自分の老後を子供に背負わせるために子供を育てるという意味である。中国では昔から、娘よりも息子を好む傾向が強い。一族を受け継ぐだけでなく、男は強く、金を稼ぐことができると広く信じられているからでもある。 国内の親族には、「養児防老」という考え方が残っている。子供を離さない、留学させない、息子が異郷へ出て行くのを恐れて息子に故郷のガールフレンドを探さなければならないと考えることさえある。 長年日本に住んでいると、「養児防老」の観念が薄くなってきた。子どもには子どもの人生があるのだから、無理に考えを変える必要はない。何歳であっても自立心を持ち、他人に迷惑をかけないということは、自分の家族に迷惑をかけないということも含まれるはずだ。一方、中国から見ると、日本人は人情に乏しく、中国人は家族意識が強く、子供や孫に恵まれること...more
カテゴリー:

TPCマーケティングリサーチ株式会社、ヌートロピック市場について調査結果を発表 - 01月31日(火)11:00 

この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=松本竜馬)は、ヌートロピック市場について調査を実施、その結果を発表した。【調査結果】◆ヌートロピック(認知機能をサポートする食品)の市場規模は2022年で前年比1割増の248億円となった。2021年に65歳以上の高齢者人口が過去最高となる中、近年、大手メーカーが認知機能関連の機能性表示食品市場に続々と参入している。また、高齢化社会の中で認知症患者数が増加の一途をたどっており、その対策が社会的課題とされていることから、認知機能関連の機能性表示食品の役割もますます大きくなっていると言える。◆ヌートロピック市場を規格別でみると、機能性表示食品が全体の8割強を占めている。従来、脳機能や認知機能関連は、健康食品の中でも訴求が難しい分野であったが、機能性表示食品制度の創設が追い風となり、機能性表示食品の届出が増加。さらに、種類別ではサプリメントのみならず、飲料や乳製品、菓子、加工食品など身近な食品で機能性表示食品が登場し、一般消費者の認知度・利用率向上につながっており、マーケットの開拓が急速に進んでいる。◆一方で、市場競争が激化する中で、エビデンスなどの機能的価値だけでは、差別化が難しくなっており、広告等における情緒的コンテンツ活用による差別化や、リピート/トライアルにつなげる仕掛けづくりもますます重要となっている...more
カテゴリー:

「どこ行ってたんだ! このクソババア!」母に先立たれ認知症になり大暴れする父に突き付けられた“超難問” - 01月26日(木)11:00 

 2025年にはおよそ750万人が認知症になる、という予想もある高齢化社会の現代ニッポン。ここでは認知症の実父と過ごした436日をつづったノンフィクション作家・髙橋秀実の新刊『おやじはニーチェ』より一部…
カテゴリー:

日本の生産人口減少問題、カギは歯?口腔環境の改善で健康寿命が劇的に延びる? - 01月26日(木)05:30 

 今回は拙著『歯・口・咀嚼の健康医学』(さくら舎)をもとに、日本の未来についてお話しさせていただきます。 現在、日本の出生率は減少の一途をたどっており、すでに未曽有の高齢化社会に突入しています。また、日本の人口ピラミッド図(総務省統計局・2021年10月1日現在)を見れば、...
カテゴリー:

人材不足の深刻化で企業は従業員の離職・定着を懸念 昇給:企業と会社員の期待値にギャップ 人材紹介会社ロバート・ウォルターズ、首都圏・関西圏の給与・採用動向を発表 - 01月17日(火)15:00 

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジェレミー・サンプソン)は1月17日、日本を含めた、世界約31カ国、数千職種の給与相場を無料検索できるオンラインツール「給与調査2023」の公開しました。それに合わせ、首都圏、関西圏を中心に国内で働く会社員864人と、国内196社が回答を寄せたアンケート調査結果などをもとに、国内の採用・給与動向を発表しました。給与調査2023 閲覧登録フォーム URL:https://www.robertwalters.co.jp/salarysurvey.html【転職】66%が1年以内の転職を視野に入れており、うち半数は転職活動中66%の会社員が、1年以内に転職を検討していると回答しました。また、そのうちの約半数はすでに新しい転職先を見据え転職活動を始めていることが分かりました。一方、回答企業の76%が、従業員の離職・定着率が懸念事項であると認識しています。では実際に企業は従業員の定着へ向け、どのような取り組みをしているのでしょうか?企業が従業員の定着率向上対策として行っている施策内容は、1位「ハイブリッド・ワーク制導入」(63%)、2位「トレーニングやスキルアップ支援向上」(62%)、3位「ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組み」(44%)でした。企業は高齢化社会...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる