「高崎線」とは?

関連ニュース

JR高崎線が運転再開 - 09月24日(日)04:08 

JR高崎線は、埼玉県の北上尾駅で起きた人身事故の影響で、上野駅と高崎駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、上り線に続いて午前1時40分ごろ下り線も運転を再開しました。
カテゴリー:

人身事故 高崎線は運転見合わせ - 09月23日(土)23:20 

23:08頃、北上尾駅で発生した人身事故の影響で、高崎線は上野〜高崎駅間の運転を見合わせています。
カテゴリー:

JR東日本、終電後の大宮駅で撮影会 - 高崎線など希少な行先表示も - 09月21日(木)17:38 

JR東日本大宮支社は21日、終電後の大宮駅ホームで撮影会を開催すると発表した。「#大宮駅撮影会 ~高崎線開業140周年記念編~」と題して10月21日と11月18日に開催し、高崎線などで活躍するE233系またはE231系を展示する。
カテゴリー:

人身事故 高崎線は運転見合わせ - 09月23日(土)23:49 

23:08頃、北上尾駅で発生した人身事故の影響で、高崎線は上野~高崎駅間の運転を見合わせています。
カテゴリー:

消えたアクティー。アーバンやラビットは残るか。JR東日本はなぜ快速に愛称を付け、やめていったのか - 09月23日(土)15:49  poverty

ほとんどのJR新幹線や特急列車には、「のぞみ」「踊り子」といった愛称が付いていますが、特別料金や指定席を必要としない快速列車にも愛称が付いているケースがあります。  たとえば首都圏では、1988(昭和63)年に東北本線(2年後に宇都宮線の愛称制定)で「スイフト」「ラビット」、高崎線で「タウン」が登場。1989(平成元)年には東海道本線に「アクティー」、高崎線に「アーバン」が登場しています。2023年3月のダイヤ改正で「アクティー」が消滅したことは、記憶に新しいでしょう。  こういった「愛称付き快速列車」は...
»続きを読む
カテゴリー:

店先ベンチで「暑くても出歩ける街」目指す 埼玉・鴻巣の旧中山道 - 09月19日(火)15:30 

 江戸時代から中山道の鴻巣宿を中心として発展してきた埼玉県鴻巣市。現在も旧中山道沿いに老舗などが並ぶ商店街がある。ただ、交通の中心がJR高崎線や国道17号などに移り、旧中山道商店街は車の往来が多い割には人通りが少ないのが悩みだ。暑い夏でも高齢者らが安心して出歩けるよう、商店街関係者が今夏からそれぞれ
カテゴリー:

こんなの見てる