「香港理工大」とは?

関連ニュース

【香港加油】香港デモ半年 反政府から反中へ抵抗運動続く 当局の「テロ」認定でウイグル化も - 12月09日(月)20:31  newsplus

産経新聞12/9(月) 20:24配信 香港デモ半年 反政府から反中へ抵抗運動続く 当局の「テロ」認定でウイグル化も  【香港=藤本欣也】香港で大規模な反政府デモが起きてから9日で半年を迎えた。「逃亡犯条例」改正案の撤回や林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官の引責辞任を求めていた反政府デモはその後、政府を背後で操る中国共産党への抵抗運動に発展した。8日の大規模デモを経て抗議活動はどこに向かい、中国当局はどう対応するのか。  「昨日の疆蔵(きょうぞう)」「今日の香港」「明日の台湾」-。  8日のデモ行進で...
»続きを読む
カテゴリー:

「むしろ灰に…」香港理工大に若者が残した言葉 - 12月04日(水)08:06 

「むしろ灰に…」香港理工大に若者が残した言葉
カテゴリー:

香港の留置房に響く抵抗歌 逮捕の日本人が伝えたかった自由求める熱情 - 12月01日(日)20:19 

 「『HELP香港』を世界に伝えたい。日本の人にも関心を持ち続けてほしい」――。香港の民主化運動で警察当局と学生らの激しい攻防があった香港理工大で逮捕され、一時的に拘束された東京農大3年、井田光さん(21)は、毎日新聞のインタビューにそう答え、緊迫した街の様子や逮捕時の自身の様子などを生々しく語った
カテゴリー:

香港 抗議デモ 大学の封鎖を解除  - 11月29日(金)20:01 

政府への抗議デモで学生らが立てこもった香港理工大学について、警察は2週間近く続いた封鎖を解除し、管理を大学側に戻した。  警察は、28日からキャンパスに立ち入り、火炎瓶およそ4,000本や弓矢などの武
カテゴリー:

香港理工大の包囲 警察が12日ぶりに解除 校内に「自由か、さもなくば死か」 - 11月29日(金)19:47 

 香港警察は29日、若者らが立てこもりを続けていた香港理工大の包囲を12日ぶりに解除した。警察は現場検証で火炎瓶約4万本や大量の化学薬品などを押収した。27日夜の時点で立てこもりをしていた男性が校内で香港メディアに「まだ校内に約20人いる」と答えていたが、警察は若者らを発見できなかった。
カテゴリー:

香港警察、理工大を再捜索 火炎瓶などさらに押収 - 12月04日(水)13:49 

香港警察は今週、前月にデモ隊が10日あまり占拠していた香港理工大学の構内を再捜索し、デモ隊が所有していたとみられる化学薬品や火炎瓶などを新たに押収した。
カテゴリー:

【香港の留置房に響く抵抗歌】逮捕の日本人が伝えたかった自由求める熱情 「自分の目で見て、日本に伝えたい」 - 12月03日(火)01:19  newsplus

https://mainichi.jp/articles/20191201/k00/00m/030/133000c 香港の留置房に響く抵抗歌 逮捕の日本人が伝えたかった自由求める熱情 毎日新聞 2019年12月1日 20時15分(最終更新 12月1日 21時37分)  「『HELP香港』を世界に伝えたい。日本の人にも関心を持ち続けてほしい」――。香港の民主化運動で警察当局と学生らの激しい攻防があった香港理工大で逮捕され、一時的に拘束された東京農大3年、井田光さん(21)は、毎日新聞のインタビューにそう答え、緊迫した街の様子や逮捕時の自身の様子などを生々しく語った。【東海林智、南...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】香港デモさん 警察のサイバー攻撃に対抗、警官の個人情報抜いて拡散してしまう もうこれ何Jやろ…OS - 11月30日(土)01:06  poverty

銃や催涙弾で攻撃を加える香港警察。デモ隊は、傘を盾に火炎瓶で応酬する。町中で火の手が上がり、物が焼け焦げたような臭いが立ち込めている――。 11月中旬に入り、香港内では冒頭のような衝突が相次いでいる。デモ隊が立てこもる香港理工大学では、警官隊が突入し多数の逮捕者が出た。 だが、これは香港で起こっている戦いの一部分にすぎない。いま、デモ隊、中国当局側双方が最も力を入れているのは、ネットを使用したサイバー攻撃だ。 「デモ隊への攻撃で代表的なものは、デモ隊が使用しているメッセージアプリ『Telegram』へ...
»続きを読む
カテゴリー:

香港警察、理工大の包囲解除 未成年ら1300人超検挙 - 11月29日(金)19:52 

 香港政府に抗議するデモ隊が立てこもっていた香港理工大の周辺を包囲していた香港警察は29日、大学周辺から撤退した。一連の騒動で理工大の周辺で未成年者を含む1300人以上を取り締まり、火炎瓶約4千本を回…
カテゴリー:

香港警察、香港理工大学の包囲を解除 - 11月29日(金)17:48 

 政府へ抗議する大学生らデモ隊が立てこもり、激しい衝突の舞台となった香港理工大学。警察は29日、およそ2週間にわたる包囲を解除し、大学を開放しました。  香港理工大学は政府に抗議する大学生らデモ隊の活動拠点となり、18日には警官隊とデモ隊が激しく衝突。その後、2週間にわたり、警察が装甲車を配置するなどして大学を包囲していました。  AP通信などによりますと、香港警察は29日、爆弾処理班や消防隊員らからなるおよそ100人のチームで、大学内で証拠を収集したほか、危険物を除去。28日とあわせて2日間で少なくとも4000本の火炎瓶を回収しました。  また、一部メディアは大学内にはデモ隊がおよそ20人残っていると報じていましたが、警察がデモ隊を見かけることはなかったということで、昼すぎには撤退し、大学を開放しました。(29日15:15)
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「香港理工大」の画像

もっと見る

「香港理工大」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる