「香港デモ」とは?

関連ニュース

【香港デモ】香港警察の過度な暴力を非難、「拷問に等しい」 アムネスティ報告 - 09月20日(金)23:17  newsplus

香港警察の過度な暴力を非難、「拷問に等しい」 アムネスティ報告 AFP 2019年9月20日 18:52 発信地:香港/中国 [ 香港 アジア・オセアニア ] https://www.afpbb.com/articles/-/3245546 香港・九龍湾地区で行われたデモで、警察の機動隊に取り押さえられるデモ参加者(2019年8月24日撮影)。(c)Lillian SUWANRUMPHA / AFP 香港・九龍湾地区で行われたデモで、警察の機動隊に取り押さえられるデモ参加者(2019年8月24日撮影)。(c)ANTHONY WALLACE / AFP 香港・九龍湾地区で行われたデモで、警察の機動隊に取り押さえられるデ...
»続きを読む
カテゴリー:

中国当局が香港デモをおとしめるためにTwitter上で展開している作戦とは? - 09月20日(金)06:00 

香港でいまだ続いているデモ活動の裏側で、「香港デモに対する不信感を投げかけるために中国当局がTwitter上で暗躍していた」と2019年8月にTwitterが公式に発表しました。そんな中国当局のTwitter戦略について、ニューヨークタイムズが解説しています。
カテゴリー:

デモ続く香港の民主化リーダーがドイツで見せた鮮やかな情報戦 - 09月19日(木)04:30 

デモが本格化してから100日を超えた香港。未だ収束の気配が見られないばかりか、新しい動きも出てきているようです。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、香港の民主派リーダーがベルリンを訪問した事実と、彼の巧みな「情報戦戦略」を紹介しています。 香港の民主派リーダーがドイツで外交戦 香港情勢、今月に入って大きな動きがありました。 香港行政長官、逃亡犯条例の改正案撤回を正式表明 読売新聞オンライン 9/4(水)19:15配信   【香港=角谷志保美】香港政府トップの林鄭(りんてい)月娥(げつが)行政長官は4日、中国本土への犯罪容疑者引き渡しを可能にする逃亡犯条例の改正案を正式に撤回すると発表した。林鄭氏は、改正案撤回を求めて6月に大規模化した抗議運動を受け、既に改正案を事実上の廃案としている。今回の撤回発表は、廃案では納得せずに抗議運動を激化させるデモ隊に譲歩した形だ。 6月9日に、103万人デモが起こった。理由は、「逃亡犯条例改定反対!」でした。それで、香港デモは、「最初の目的」を達成したことになります。しかし、デモはおさまりそうにありません。キャリー・ラム行政長官が3か月考えている間に、民主派の要求が5つに増えてしまった。5つの要求とは??? 逃亡犯条例改正案の完全撤回 (今回実現) 平和的な市民活動を「暴動」と定義しないこ...more
カテゴリー:

香港デモ隊に広がる監視の恐怖、「身元隠し」で団.. - 09月18日(水)17:40 

香港デモ隊に広がる監視の恐怖、「身元隠し」で団結 #香港 
カテゴリー:

リーダー不在の香港デモ…若新雄純が考える“妥協点”とは? - 09月18日(水)06:50 

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。9月5日(木)の放送は、木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が登場。最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「逃亡犯条例」改正案をめぐる香港のデモについて取り上げました。
カテゴリー:

【テロリスト】香港デモって胡散臭くないか?アメリカCIAにやらされてるのかもしれないぞ?どう思う? - 09月20日(金)17:56  poverty

100日が経過した香港デモの不確かな未来 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/100-43.php 俺は中国の方に感情移入しちゃうなあ… ...
»続きを読む
カテゴリー:

中国、本土人権活動家を拘束 投稿動画のBGMに香港デモのテーマソング - 09月19日(木)13:11 

中国当局は15日、香港抗議デモの主題歌「香港に栄光あれ」をネット上に投稿したとして、広東省広州市に住む人権活動家の賴日福氏を拘束した。中国国内の人権状況を伝えるサイト「民生観察」によると、当局は6月以降香港の抗議活動を支持する人権活動家や市民を相次いで拘束し、嫌がらせをしている。
カテゴリー:

香港デモ隊に広がる監視の恐怖、「身元隠し」で団.. - 09月18日(水)22:20 

香港デモ隊に広がる監視の恐怖、「身元隠し」で団結 #香港 
カテゴリー:

アジア「巨大十字路」の正体に 香港デモの表と裏...総力取材!:未来世紀ジパング - 09月18日(水)10:42 

9月18日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時)は、いよいよ最終回! 90分の拡大版でおくる。急成長する東南アジア経済から、アフリカが直面しているエネルギー問題など、世界で起きている最新事情を総力取材。想像を超えるスピードで変化する世界で、日本が直面する近未来を予測する。アジアの消費を狙え!日本企業の挑戦親日国として知られるベトナムには、現在約2000社の日系企業が進出。特に最近は、米中の貿易摩擦の影響で、生産拠点を中国から移管する企業が増えている。そんな日系企業からの依頼が急増しているのが、物流大手の「日本通運」。番組が取材した5年前から、将来に備え、東南アジア各国の物流ルートの調査を続けてきた。そして今、悲願だった新たなルートが完成。これまでは、船便で首都・ハノイからタイまでを周回し、2週間かかっていた行程を、陸送で3泊4日で運ぶことが可能に。これを実現したのがインドシナ半島を横断する「東西経済回廊」。この大動脈が繋がったことで、東南アジア間の陸上輸送体制が整った。番組は、総距離1500キロにも及ぶ東西ルートでの輸送トラックに同行。東南アジアのインフラの発展ぶりを目の当たりにする。ベトナム国内は南北を貫く高速道路が整備され、かつて煩雑だったラオスでの通関手続は大幅に短縮。2015年に発足した東南アジア10カ国のASEAN経済共同体により、人や物の自...more
カテゴリー:

香港の民主化運動…民主の女神・周庭が独白!『未来世紀ジパング』 - 09月17日(火)19:37 

2011年の番組スタート以来、世界のニュースの現場、知られざる親日国、これから注目すべき国などを紹介してきた『未来世紀ジパング』(テレビ東京系、毎週水曜22:00~)が、9月18日に最終回を迎える。この日は「総力取材!世界の沸騰現場から…日本の未来が見える」と題して、1.5時間のスペシャルだ。番組では成長著しい東南アジアをはじめ、これからの日本が注目すべき「フロンティア」はどこなのか? そこで繰り広げられる日中の支援バトルに密着。さらに、私たちの日常と密接にかかわるエネルギー問題では、東日本大震災を経験したからこそ知っておきたい「チェルノブイリのその後の姿」についても迫る。そして、ジパング取材班が追い続けてきた香港の民主化運動。3か月以上に渡り、デモと混乱が続く“アジアの真珠”香港で、番組が追い続けてきた民主化運動のリーダー周庭(アグネス・チョウ)が逮捕された。中国政府に楯突く香港デモの知られざる真実と、その先に待ち受ける衝撃の結末とは? 逃亡犯条例が撤廃されても続く混乱について、周庭(アグネス・チョウ)の独白も紹介する。 関連リンク 楽天・三木谷社長の元秘書が家業の魚屋を切り盛り!マグロ解体ショーにも挑戦 カレーをめぐる競争激化!月額制で毎日一皿無料店も!?『ガイアの...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「香港デモ」の画像

もっと見る

「香港デモ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる