「飲食業界」とは?

関連ニュース

「木村拓哉さんのアイデアに助けられました」三ツ星シェフが明かす『グランメゾン東京』監修秘話 - 06月06日(土)06:00 

 新型コロナウイルスの影響で営業自粛が相次ぎ、打撃を受けている飲食業界。その状況は緊急事態宣言が明けた今も大きくは改善されていない。 2007年に発売された「ミシュランガイド東京」で三ツ星を獲得して以来…
カテゴリー:

【YouTuber】宮迫博之が「芸人YouTuber」のモデルケースに? - 06月04日(木)20:20  mnewsplus

 表舞台から消えた人気者は、いかに糊口をしのいでいるのか。底なしのダメージとなった醜聞に続き、コロナ禍のダブルショック。そのさなか「雨上がり決死隊」の宮迫博之がたどり着いた“食い扶持”とは……。  ***  一連の「闇営業」問題で、昨年7月に吉本興業から契約解消を言い渡された宮迫は、今年1月末に「ユーチューバー」デビュー。さらに先日、通販サイトのテレビCM出演を果たしたのだが、   「こうした動きを古巣の吉本が快く思うわけがなく、影響力を持つテレビ番組への復帰はいっそう難しくなりました」(スポーツ紙記...
»続きを読む
カテゴリー:

大阪府、関西圏の宿泊客に現金還元 19日から - 06月02日(火)22:07 

 大阪府の吉村洋文知事は2日、府庁で記者団の取材に応じ、新型コロナウイルスの影響で客足が減った観光・飲食業界を支援するキャンペーンを開始する方針を明らかにした。関西地域から大阪を訪れ府内の宿泊施設を利用した人に宿泊代金の一部を還元する。期間は今月19日から7月末までで調整している。
カテゴリー:

キッチンDIVE店長「弁当が売れまくって今は高級マンションの最上階に住んでますw 第2店舗出すから更に儲かるおw」 - 06月01日(月)17:31  poverty

街の弁当屋が「夢のタワマン生活」を実現できた訳。秘訣はネット集客 新型コロナの影響で、営業自粛をせざるを得ない状況が続く飲食業界。 新規感染者数の緩和の兆しが見えてきたなか、ソーシャル・ディスタンスの実施や仕切りを設けるなど、飲食店の営業スタイルも変わってきている。 そんな中、コロナ禍の影響をもろに受けず、売上を伸ばしている弁当屋がある。 江東区亀戸にある「キッチンDIVE」だ。 4月の月商は約1000万円を達成し、確実に売上を伸ばしているのはどのような経営手法があるのだろうか。 https://news.ya...
»続きを読む
カテゴリー:

人気商品「十勝ハーブ牛のコンビーフ」、「OMOTENASHI Selection 2020」受賞 ~「食品・飲料」ジャンルで北海道事業者から唯一選出 - 06月01日(月)14:00 

北海道最大規模の畜産グループ、ノベルズグループで6次産業化、食品事業を推進する、株式会社ノベルズ食品(本社:北海道河東郡上士幌町、代表取締役:西尾康宏)は、当社「十勝ハーブ牛のコンビーフ白と黒」のギフトセット商品が、6月1日発表の「OMOTENASHI Selection 2020(おもてなしセレクション)(第1期)」(主催:おもてなしニッポン実行委員会)を受賞しました。十勝ハーブ牛のコンビーフ白と黒 3缶ギフトセット◆「十勝ハーブ牛と塩だけで作ったコンビーフ(白)」2缶◆「十勝ハーブ牛と黒胡椒で作ったコンビーフ(黒)」1缶内容量: 1缶95g価格: 3,500円(税別)おもてなしセレクションは、日本の優れた“おもてなし心”あふれる商品・サービスを発掘し、世界に広めることを目的に、2015年に創設されたアワードです。民間企業20社以上で運営しており、認定に際しては、日本在住の外国人有識者による現物審査と日本人専門家によるクオリティチェックを実施しています。使う人を思いやる心から生まれたこだわりの技、伝統を継承しながらも現代に向けて改良を重ねる創意工夫の活動を「OMOTENASHI」「GLOBAL」の基準で評価。「世界に発信したい“日本ならでは”の魅力にあふれている」と認められた対象を、おもてなしセレクション受賞商品・サービスとして認定しています。「おもてなしセレクション2020(第...more
カテゴリー:

シモジマ---テイクアウト・お持ち帰り用食品容器の引き合い増で注目される包装資材の老舗 - 最新株式ニュース - 06月05日(金)12:17 

<7482>  シモジマ  1292  0「包装用品を通じ、快適な社会づくりに貢献する」という経営理念を掲げるシモジマ<7482>。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下で、同社には思わぬ影響があった。「今回の事態で、飲食業界向けにテイクアウト用の容器の引き合いが増えたり、当社のPB商品のマスクや業務用の消毒液が売れたりすることは想定していませんでした」と語るのは下島和光(しもじま わこう)社長だ
カテゴリー:

「接待を伴う飲食店」とは? 料亭の悲鳴受け、菅氏はキャバレーなど例示  - 06月03日(水)23:55  newsplus

 菅義偉官房長官は3日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)が発生しやすい「接待を伴う飲食店」に言及した際、「キャバレーなどの」と具体的に例示した。菅氏は「『接待』という文言が、企業による取引先などの接待と誤解される恐れがあり、飲食店に客が訪れていない現状があった」と説明。客足が遠のいたままの料亭などからの悲鳴を受けた。  内閣官房から自治体への通知では、「キャバレー、ナイトクラブなどの接待を伴う飲食店」と記載している。菅氏はこれを踏まえて、例示を加えて発言したという...
»続きを読む
カテゴリー:

成功報酬型でコロナ時代の飲食業を支援、「シンクロライフ」運営が2.8億円を調達 - 06月02日(火)09:30 

写真右からGINKAN代表取締役CEO 神谷知愛氏、同CTO 三田大志氏 グルメレビュー投稿や加盟店利用で暗号通貨が貯まるグルメSNS「シンクロライフ」を運営するGINKANは6月2日、MTG Ventures、ギフティ、オリエントコーポレーションなどから総額約2.8億円の資金調達を実施したことを明らかにした。今回の調達は同社にとってシリーズAラウンドに当たり、これまでの累計調達額は約4億円となった。 シンクロライフはグルメSNSとして、レストランの口コミ投稿・閲覧機能のほか、AIが口コミを分析してユーザーの嗜好に合ったレストランをレコメンドする機能を備える。ユーザーは、投稿やレストラン利用により暗号通貨「シンクロコイン(SYC)」をアプリ内のウォレットに貯めることができ、貯まったシンクロコインをギフティが提供する「giftee for Business」のeギフト購入に使うことが可能だ。 「シンクロライフ」アプリ画面イメージ 飲食店側は、初期費用・月額費用0円、売上の5%の成功報酬で加盟店として参加ができる仕組みとなっている。 シンクロライフのスキーム インバウンド重視からリピーター見直しへシフトした飲食業界 新型コロナウイルス感染拡大にともなう自粛要請や、緊急事態宣言の発令により、特に都市部の飲食店では営業を自粛したり、テイクアウト販売への転換を余儀なくされていた。 GINKA...more
カテゴリー:

アマビエワインで疫病退散 ワイナリーと販売店が連携 - 06月01日(月)14:00 

 新型コロナウイルスの流行で飲食業界が大きな影響を受ける中、疫病から人々を救う妖怪「アマビエ」のシールを付けた日本ワインを飲食店で販売し、支援につなげるプロジェクトが始まった。1日時点で全国で36のワ…
カテゴリー:

沖縄県民による飲食店応援プロジェクト「沖縄エール飯」を立ち上げ - 06月01日(月)13:00 

~6月1日より、県内飲食店向けに無料掲載の受付を開始~沖縄発のインターネットベンチャーである琉球インタラクティブ株式会社(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社長:臼井 隆秀、以下「琉球インタラクティブ」)は、沖縄県民による飲食店応援プロジェクト「沖縄エール飯」を6月1日にオープンしました。同時に、県内飲食店向けに「沖縄エール飯」への無料掲載の受付を開始しました。「沖縄エール飯」:https://yell-meshi.okinawalikes.jp/「沖縄エール飯」は、新型コロナウイルスの影響で大きな被害を受けている沖縄の飲食業界を支援・応援するためのプロジェクトです。サイト上では、テイクアウト・デリバリーを行っている店舗やイートインを再開された店舗などを検索することができるほか、メニューや料理などの情報を見ることができます。そして、この度の正式オープンに伴い、県内飲食店向けに「沖縄エール飯」への店舗情報の無料掲載の受付を開始しました。サイト上には現時点で300店舗以上の飲食店情報を掲載しており、【#沖縄エール飯】で県民や飲食店の皆様にSNSへ投稿いただくことで、支援の輪を広げていくことを目指しています。今後は、「沖縄エール飯」に掲載された店舗については、当社が運営する総フォロワー数・約25万人のコミュニティメディア「おきなわLikes」で情報発信していくほか、県内の飲食店を支援する様...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「飲食業界」の画像

もっと見る

「飲食業界」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる