「飲食代金」とは?

関連ニュース

【GoToイート】1人で「10人予約」要求…予約は大幅増も抜け道、裏技続々 メリット享受できない店も - 11月17日(火)12:02  newsplus

 新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた飲食業界を支援するため10月1日から始まった「Go Toイート」。  インターネット予約をした客に対し飲食代に応じてポイントなどが還元される仕組みだが、ポイントの予算が想定より早く底をつき、大手サイトのオンライン予約が相次いで終了した。制度の隙を突く「裏技」が現れるなど何かと話題を集め、「イート」自体は売り上げアップに貢献したとみられるが、小規模な店の中には恩恵にあずかれないところも。コロナ禍での支援策の難しさが浮かぶ。(荒船清太) ■1人で「10人...
»続きを読む
カテゴリー:

飲食店の空席を有効活用、コロナ禍を乗り越えるための新たなワークスペースサービスとは? - 11月12日(木)09:00 

コロナ禍に臨時休業したまま事業を撤退し、閉店を余儀なくされる飲食店が増えている。帝国データバンクの調査(2020年10月公開)によると、2020年度上半期における飲食店事業者の倒産は392件発生。このままのペースで倒産が発生すると、2020年度の年間倒産件数は過去最多を更新する可能性があるという。 10月1日から飲食業界を支援する「GoToイート」キャンペーンが始まったものの、店側は予約サイトに登録する際に手数料を負担する必要があるため、参加を見送る飲食店も。飲食業界が苦境に立たされる中、助け舟となる新たなワークスペースビジネスが誕生している。 1分6円から飲食店・カラオケボックスをワークスペース化する「サブスペ」 動画で組織実行力を高めるマネジメント支援サービス「ClipLine」(クリップライン)を提供するClipLineは2020年9月14日、ワークスペースを貸し出す「サブスぺ」を開始した。サービス開始時の対象地域は1都3県で、240拠点以上から選べる(拡大予定)。 同サービスは、飲食店やカラオケボックスといった「スペースを提供する店舗」(ホスト)が、空席をワークスペースとして提供するというもの。「リモートワークを推進する企業」(サポーター)が法人契約を行うと、「サポーター企業所属の従業員」(ゲスト)がホストの空席をワークスペースとして利用できるようになる。またゲスト5名から...more
カテゴリー:

「飲食代金」の画像

もっと見る

「飲食代金」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる