「飛行可能」とは?

関連ニュース

NASA、ニュー・フロンティア計画の次期ミッションにタイタン探査機「Dragonfly」を選定 - 07月03日(水)14:13 

AC0x01曰く、 NASAは6月28日、ニューフロンティア計画の4つ目のミッションとして、土星の衛星タイタンを探査する「Dragonfly(ドラゴンフライ)」を選定したと発表した(プレスリリース、イメージ動画、朝日新聞、CNN、Yahooニュース)。 Dragonflyはトンボの意味で、その名の通り、八つの回転翼がついた飛行可能なドローン型探査機によるミッションとなっている。タイタンは重力が小さいものの、窒素を主成分とする濃い大気が存在しており、ドローンは一度に最大8kmの距離を、総計175kmに渡って飛行して、様々な地点の調査を行う。赤道付近のShangri-Laと呼ばれる地域に着陸する予定。 探査機の打ち上げは2026年、タイタン到着は2034年ということでだいぶ先の話だが、タイタンの雲の下の姿がどうなっているのか、期待が高まるところである。 すべて読む |
カテゴリー:

上空シェアリングサービス「sora:share」を提供するトルビズオン、セイノーホールディングス株式会社と連携し、拠点など登録開始。 - 06月27日(木)16:00 

株式会社トルビズオン(代表取締役社長:増本 衛 、以下「トルビズオン」)は、九州西濃運輸株式会社(代表取締役社長:西浦敏哉、以下「九州西濃」)及び、株式会社モエ・アグリファーム(取締役社長:内山拓也、以下「モエ・アグリファーム」)とドローンの社会利用の発展のため、上空シェアリングサービス「sora:share」への拠点登録を開始します(2019.6.26)。1.上空シェアリングサービス「sora:share」とはトルビズオンが展開する「sora:share」は、土地所有者とドローンユーザー(以下「ユーザー」)をつなぐプラットフォームであり、「sora:share」に登録した両者をマッチングし、合意形成したうえで安心なドローン飛行を支援するサービスとなります。「sora:share」は、ドローン飛行のための空中利用の予約・販売から管理までの全てを請け負う「空の不動産会社」ともいえるサービスです。2.連携イメージトルビズオンは、ドローンの操縦訓練のために利用可能な空域として、九州西濃運輸とモエ・アグリファームの拠点上空を登録開始します。現在、モエ・アグリファームの農地 (東京ドーム3.5個分)の一部が登録されており、九州西濃の拠点も順次登録を予定しています。これらの空域は「sora:share」を通じて、予約、利用することが可能になります。この取り組みを通して、ドローンユーザは利用料金...more
カテゴリー:

「空に道をつくる」上空シェアリングサービス“sora:share”を運営するトルビズオン、Kipsより総額2,500万円の資金調達を発表~ドローン社会を見据えた空のインフラ整備を加速~ - 07月01日(月)16:30 

ドローンスタートアップの株式会社トルビズオン(所在地:福岡市中央区、代表取締役社長兼CEO:増本衛、以下「トルビズオン」)は、The Independents Angel投資事業有限責任組合 (東京都千代田区 無限責任組合員 株式会社Kips 代表取締役:國本行彦、以下「Kips」)を引受先とする第三者割当増資により、総額2,500万円の資金調達を実施しました(2019/7/1)。今回の資金調達により、上空シェアリングサービス(sora:share)の更なる拡大、ユーザビリティ向上に関する取り組みを継続して行ってまいります。■上空シェアリングサービス「sora:share」について(HP:https://www.sorashare.com)空撮やインフラ点検の分野において、年々拡大を続けるドローン市場。近い将来にはドローンを用いた配送や空飛ぶタクシーなどの実現が見込まれています。しかし、日本では民法207条「土地の所有権は、法令の制限内において、その土地の上下に及ぶ。」という制限により、無許可に第三者土地上空でドローンを飛行させることは困難です。その結果、ドローンユーザー(事業者)は飛行可能な空の確保に課題を感じており、日本全体としてのドローン普及の足かせにもなっています。そこで私たちは「上空の利用許可を売買する」という、全く新しいサービスを開発しました。ドローン航行のための空中権...more
カテゴリー:

「飛行可能」の画像

もっと見る

「飛行可能」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる