「風物詩」とは?

関連ニュース

宮城・丸森の阿武隈ライン舟下り 冬の味「しし鍋」復活 被災の提供店再開に客笑顔 - 01月26日(日)06:05 

昨年10月の台風19号豪雨の影響で、宮城県丸森町の「阿武隈ライン舟下り」で提供が休止されていたイノシシの肉を使った名物「しし鍋」が復活した。25日は町の冬の風物詩を待ちわびた観光客が船に乗り込み、こた
カテゴリー:

新型肺炎の感染拡大、死者41人に - 01月25日(土)12:13 

 中国では25日、旧正月の春節を迎える中、ほぼ全土に感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎で、死者が新たに15人増え、41人となりました。  国家衛生当局によりますと、現地25日午前0時の時点で、感染拡大が最も深刻な武漢市のある湖北省での死者数が新たに15人増え、41人になりました。感染が確認された患者の数は合わせて1287人、このうち重症は237人となっています。  また、ヨーロッパで初めてフランスで3人の感染が確認。アメリカでは武漢から帰国した60代の女性の感染が確認され、オーストラリアでも50代男性の感染者が出ています。  「北京市内の公園です。縁日が開かれ多くの出店が並ぶはずだったこちらの通りも、寂しい雰囲気になっています」(記者) 「(出店がなくて)残念です」(北京市民) 「本当に寂しいです」(北京市民)  北京では25日、春節を迎える中、旧正月の風物詩ともいえる縁日が中止となったほか、世界遺産の故宮が25日から当面閉館となるなど、静かな年明けとなっています。さらに国営の中央テレビによりますと、中国の人民解放軍は24日、上海などから武漢に向けておよそ450人の医療チームを派遣したということです。  湖北省や北京市、上海市などは24日、今回の肺炎について肺ペストなどと同じレベルの「重大な公共衛生事件」として、「1級」の防疫態勢に入ったとしています。(25日11:40...more
カテゴリー:

【北海道】まるでオホーツク海? 話題の「青いビール」実際に飲んでみた - 01月23日(木)23:23  newsplus

特徴的な色のビールが、ツイッターで注目を集めている。「こんな綺麗なビールはじめて!」とつぶやく投稿者。投稿には、  「色がキレイ」  「ほんとに北極とかの海のようです」  「これガチうまいっすよね!」 といった声が挙がっているのだ。 いったいどんなビールなのだろうか。それがこちらである。 こちらは、地ビール製造を手がける「網走ビール」(本社北海道・網走市)が販売する「流氷ドラフト」だ。ビールといえば黄色や茶色、黒色を想像する人も多いだろう。しかし、こちらのビールは、海の色をしている。 缶に...
»続きを読む
カテゴリー:

【華コンパニオン】AIWAガールズ「今年の衣装はラグジュアリーで上品な高級店のイメージ!」 - 01月23日(木)11:30 

「東京オートサロン」の風物詩となっている大人気のAIWAブースで美脚ポーズを披露する彼女たち。LISAクンは「今年の衣装はラグジュアリーで上品な高級店のイメージ…
カテゴリー:

長崎の夜いろどるランタンフェス 24日開幕へ試験点灯 - 01月22日(水)23:24 

 長崎市の冬の風物詩「長崎ランタンフェスティバル」が24日開幕するのを前に、22日夜、同市の湊公園などで試験点灯があった。街ゆく人々が足を止め、暖かな光に見入っていた。 中国の旧正月を祝う春節祭が起源…
カテゴリー:

ぎゅっとくっつき暖を取る 香川・小豆島「サル団子」 - 01月25日(土)16:12 

 野生のニホンザル約500匹を餌付けしている香川県土庄町の小豆島銚子渓自然動物園お猿の国で、多数のサルが体をくっつけ合って暖を取る冬の風物詩「サル団子」が見られるようになり、来場者を楽しませている。
カテゴリー:

サンマのうま味、天日干しで凝縮 宮城・女川 - 01月24日(金)09:39 

全国有数のサンマの水揚げ港がある宮城県女川町で、冬の風物詩「サンマの天日干し」が始まった。 同町針浜にある水産加工会社「ヤマホンベイフーズ」の工場敷地内では21日、特製塩だれに漬け串刺しにされた約30
カテゴリー:

浜の風物詩、存続危機 石巻・雄勝で伝統行事「おめつき」中止 山車渡御や寸劇取りやめ - 01月23日(木)14:48 

宮城県石巻市雄勝町名振地区で毎年1月24日に開かれる県無形民俗文化財の祭事「おめつき」が今年、中止されることになった。同地区は東日本大震災で甚大な被害を受け、急速な人口減と高齢化で担い手確保が困難にな
カテゴリー:

冬の風物詩「氷上ワカサギ釣り」が解禁 - 01月23日(木)01:22 

 群馬県の赤城山にある赤城大沼では、冬の風物詩である氷の上のワカサギ釣りが22日、解禁されました。  凍った真っ白な湖の上を、多くの人がそりをひいて歩いています。朝早くから集まった釣り人たちの目当ては「ワカサギ」。赤城山の大沼では、冬の風物詩「氷上ワカサギ釣り」が22日、解禁されました。  今年は暖冬の影響で去年より11日遅れての解禁となり、待ちわびたおよそ300人の釣り人が寒さに耐えながら、じっと“当たり”を待ち、ワカサギを釣り上げていました。  このワカサギ釣りは、3月下旬まで楽しめるということです。(22日18:16)
カテゴリー:

ワカサギ釣り、やっと一部解禁 暖冬で解禁10日ほど遅れ 群馬・赤城大沼 - 01月22日(水)18:55 

 前橋市の赤城大沼で22日、冬の風物詩「氷上ワカサギ釣り」が一部解禁された。今年は暖冬の影響で、解禁が例年より10日ほど遅れていたこともあり、多くのファンたちが氷に開けた丸い穴に釣り糸を垂らし、待ちに待ったワカサギ釣りを楽しんでいた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「風物詩」の画像

もっと見る

「風物詩」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる