「顧客獲得」とは?

関連ニュース

【悲報】価格破壊・激安ジム「ちょこザップ(月3280円)」が強すぎて競合他社が倒産しまくってしまう - 04月20日(土)09:25  news

フィットネスクラブの倒産が急増、過去最多を更新中  サービスの差別化で競争激化、投資とコスト増も負担 https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/tsr_net/business/tsr_net-1198427 フィットネスクラブは、高価格帯で設備やトレーナーなどが充実したクラブと、一部のトレーニングマシーンを設置した安価なクラブに二極化している。老若男女を問わず健康志向の高まりで市場は拡大するが、急速に全国展開する「ChocoZAP(チョコザップ)」やグローバル展開する有力クラブの大手企業と、地場企業の間で価格、設備などを前面に出し...
»続きを読む
カテゴリー:

ラジオ広告効果を体感! 運用型ラジオCM広告「CMドクター」 - 04月17日(水)15:02 

株式会社スカイシーズ(本社:名古屋市中区、代表取締役:井口達史、以下スカイシーズ)は、業界初の新サービス<運用型>のラジオCM広告「CMドクター」(以降、「CMドクター」)」を、2024年4月22日から本格的にサービスインします。 「CMドクター」は、ラジオCMの知られざる広告パワー数字で体感できる“効果測定レポート”を含み、「CM制作」+「CM放送」+「効果測定レポート」全てセットで<30万円~>。ブランディング(マス)広告を試してみたい法人におすすめのサービスです。       経済界もラジオ業界も盛り上げたい!という強い想い ラジオというメディア(媒体)は震災以降、その必要性・重要性が見直されている大切なメディアです。しかし、現在の広告業界では“効果測定ができること”が当たり前となりつつあり、ラジオCMの効果測定ができないという点は、今後のラジオCM広告の拡大を妨げる要因となりうるのではないか?とスカイシーズは分析。   <ラジオCMの効果測定>ができれば、広告主にとって広告効果を体感・実感できるメリットがあることはもちろん、同時にラジオ業界にとっても、メディアの価値を再認識いただけるツールとなるのではないか?と考え、先行して開発したテレビCM広告の効果測定手法を取り入れた“ラジオCM広告の効果測定サービス”の開発に着手。テストを重ねながら今回...more
カテゴリー:

コメダHD---24/2営業利益 8.6%増 87.17億円、25/2予想 7.3%増 93.5億円 - 最新株式ニュース - 04月11日(木)12:19 

<3543> コメダHD 2643 -492024年2月期業績は、売上収益が前期比14.3%増の432.36億円、営業利益は同8.6%増の87.17億円だった。コーヒーチケットをリニューアルしたことで多くの常連の顧客獲得につながったほか、FC加盟店に対する卸売価格の値上げ等の効果もあった。2025年2月期業績は、売上収益が前期比5.2%増の454.65億円、営業利益は同7.3%増の93.50億円を
カテゴリー:

アイ・エヌ・ジー・ドットコム  ライブコマースを開始、短尺の動画広告も作成、2段階で顧客獲得 - 04月11日(木)12:00 

 コールセンター事業などを行うアイ・エヌ・ジー・ドットコムは4月より、ライブコマースの新サービスとして「ブレインメーカー」の提供を開始した。ライブ配信中の販売だけを主目的とせずに、配信動画をウェブで広告することにより2段階で顧客を獲得する仕組みとしている。  同サービスはライブコマースを手掛ける協力会社と連携して行うもの。動画の構成や企画立案、出演者のキャスティング、撮影、ディレクションなどはクライアント企業の要望をもとにすべて両社で提供が可能。出演者となる芸能人や著名インフルエンサーなどは、幅広い候補者から選んで起用することができる。商品の問い合せに回答できるよう、コールセンターを設置することで注文を逃さない仕組みも用意している。  キャスティングは著名な芸能人だけでなく、美容専門のインフルエンサーや、女性誌の人気モデルなどがそろっており、女性層に向けて説明が必要となるコスメ関連商材などとの相性を高く見込んでいる。 配信後にも売れる仕組みで設計  「視聴中に買う場合もあるが、動画が終わってから購買を検討しているケースも多いはず」(同社)と説明する通り、同サービスでは従来のライブコマースとは異なり、配信中だけの販売を主目的としておらず、アーカイブ動画とライブ配信動画を素材に活用した広告で、その後のマーケティング展開も含めて、2段階で顧客獲得を図る内容となっている。  同サ...more
カテゴリー:

鹿児島銀行、住宅ローンの変動金利を0.35%下げ 低金利維持のネットバンクに対抗、顧客獲得へ大胆見直し - 04月06日(土)06:40 

 鹿児島銀行(鹿児島市)は10日から、住宅ローン変動金利の最低金利をこれまでの0.825%から0.35%引き下げ、0.475%とする。日銀のマイナス金利政策解除後、貸付金利の上昇が懸念される中、引き下げに踏み切った。同行は「商品力を強化して、顧客獲得につなげたい」としている。
カテゴリー:

メタ の広告が「壊れた」? これまでにないほどCPMは高く、コンバージョンは低下 - 04月19日(金)08:50 

欧米のソーシャルメディア上では、D2Cブランドの関係者がここ1カ月同じことを言い続けている。IT大手のメタ(Meta)が「壊れている」と。 4月はじめ、独立系メディアバイヤーのデビッド・ハーマン氏は「D2Cで悲惨な話をたくさん聞いている」とXに投稿した。また、ギフトおよびアクセサリーブランドのボアドウォーク(Boredwalk)創業者であるメレディス・エリン氏は「パフォーマンスが落ちていることを決して認めようとしないエージェンシーたちがついに話題にしているのだから、メタが壊れていることはわかるだろう」と投稿した。「これと比べるとiOS14の問題なんて大したことなかったように思える」とも同氏は続けている。 マーケターのなかでは「メタが壊れている」とはよくある不満で、普段でも月に1度くらいは耳にする。広告ツールのバグが原因のこともあり、この場合は1週間以内に修正される。余計な支出が生じた場合、メタが返金対応することもある。それでもD2Cブランドは、顧客獲得のためにメタに依存している。なぜならメタは新興企業にとって、ほかのどの広告プラットフォームよりも安く、より多くの顧客にリーチできるからだ。 しかしマーケターは、今回は違うという。これまでメタが「壊れた」ときと比べて、今回は何か異質で、長期にわたって続きそうだとしている。 メタの問題は「長期戦」に メタでどんな問題があったのか、...more
カテゴリー:

成功している ブランド と、そうでないブランドの差はどこにあるのか。ある人気ブランドマーケティングコンサルタントの告白 - 04月16日(火)09:50 

2024年がブランドの年であるなら、苦戦するブランドと成功するブランドを分ける決め手となるのは「信頼性」だ。 デジタルメディア全体でのパフォーマンスマーケティングを通じて、ブランドが安定した収益を上げるようになって数年経つが、ブランドリーダーは多くの要因からマーケティング戦略の再考を迫られている。その要因には、顧客獲得コストの上昇、パブリッシャーの減少、ソーシャルメディアのアルゴリズムの急速な変化、Cookieの終焉などが挙げられる。 オーガニックな成長と売上を促進し、もしかしたらバイラル化するかもしれないという期待からブランドマーケティングに投資することが、ブランドにとっての最優先事項となっている。だが飽和状態の市場で、再生回数にコストをかけずに目立つにはどうすればいいのだろうか? オーガニックグロースを維持するには、ブランドとしてどのような役割を果たすべきなのか? 信頼性を追求するのであれば、ソーシャルメディアでの二極化が進む話題にアプローチするための最適解は何か? そして、本当にすべてのブランドがTikTokに参入する必要があるのだろうか?  あるブランドマーケティングコンサルタントの告白 今回の告白者は、デジタルネイティブなブランドでキャリアを築き、こうした話題すべてに関する研鑽を積んでいる重要な意見の持ち主である。現在、彼女は人気のブランドマーケティングコンサルタントとし...more
カテゴリー:

ニッセンのテレビ通販支援 「通販ノウハウ」活かし急拡大、キャラバン型番組が好評 - 04月11日(木)12:00 

 ニッセンがテレビ通販支援事業を強化している。複数社が協賛して番組を作る「キャラバン型」のニッセンオリジナルテレビ通販番組「売れ筋解明! 買いたい新書」が通販企業から好評を博しているほか、昨年12月にはテレビ通販の短尺インフォマーシャル制作サービス「ミズカラ!」を開始。大小さまざまな企業 からの需要に応えていく。  総合通販企業として50年以上の歴史を誇るニッセンだが、近年は通販支援事業でも存在感を示している。後払い決済サービスを中心に、現在の支援企業数は約1600社。近年、特に注力しているのは2016年から開始したテレビ通販支援事業だ。  同社BtoB事業本部DMソリューションサービス部映像メディアサービスチームの新井翔太マネージャーは「テレビ通販に必要な、制作・メディアバイイング・コールセンターの3つに関して、トータルで支援できる体制を整えている」と話す。最近は体制強化を図っており、テレビ番組制作歴25年以上のプロデューサーを迎え入れ、内製化を図るべく人員を充実させている。  特に通販会社からの需要が高い「買いたい新書」は複数社協賛のキャラバン型の制作スタイルを採り、1社単独で29分番組を放送する。キャラバン型の良さである価格メリットに加え、インフォマーシャルの良さである制作の自由度・情報量を備えたスタイルだ。新井マネージャーは「社内では、キャラバンとインフォマーシャルを...more
カテゴリー:

MRO---大幅続伸、3月の月次動向をポジティブ視へ - 最新株式ニュース - 04月11日(木)11:16 

<3064> MRO 1966 +165大幅続伸。前日に3月の月次動向を発表している。売上高は前年同月比6.6%増となり、2月の同14.6%増からは鈍化しているものの、営業日数調整後では同17.2%増と高い伸びになっている。2月の営業日数は前年と同じであった。会社計画も上回る伸びとなっているもようだ。また、新規顧客獲得数も9万2900人となり、前年同月では減少も前月の8万3000人からは増加、底打
カテゴリー:

サムライズ、「マーケティングオートメーション構築サービス」に「HIRAMEKI XD」を追加、2024年4月4日 - 04月04日(木)13:00 

株式会社サムライズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷 利太郎、以下 サムライズ)は、トライベック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋、以下 トライベック)が提供する、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI XD(ヒラメキクロスディー)」(以下、「HIRAMEKI XD」)を活用した「マーケティングオートメーション構築サービス」を2024年4月4日より提供開始いたします。■経緯サムライズは、創業以来、国内外の最新のデジタルマーケティング関連製品や「マーケティング業務支援サービス(※1)」ならびに「MA・SFA構築の支援サービス(※2)」等のサービスを市場に提供し、企業のマーケティング活動を幅広く支援してまいりました。新型感染症の流行によってリアルからバーチャルへと事業モデルの展開が加速され、MA(※3)への関心の裾野は一段と広がりました。そんなデジタルマーケティングへの必要性の拡大に反し、Eコマース市場などでは、数々の課題が山積しています。(1) 価格競争激化による収益の縮小(2) 新規顧客獲得コストの増大(3) 既存のお客様を大切にする仕組みがほしい(4) MAを導入したいがどのツールを選んで良いか分からない(5) 今使っているECサービスと連携できるMAツールを見つけたい(6) キャンペーンやイベントを案内するメルマガを配信したいが時間とノウハウが...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる