「顔認識」とは?

関連ニュース

雨傘広げ顔認識AIに抵抗 香港市民、中国本土並み監視懸念 - 11月14日(木)07:00 

 香港の法執行当局は、あらゆる画像に映った顔を警察のデータベースに照合できる人工知能(AI)ソフトウエアにアクセスできる。ただこのソフトが数カ月続く民主化要求の抗議活動を鎮圧するため使われているかどうかは明らかではない。事情に詳しい関係者が語った。
カテゴリー:

【amsプレスリリース】ams、新たなアクティブステレオビジョンシステムを発表、スマートフォン、HABA、IoTにおける3D採用を拡大 - 11月12日(火)13:00 

amsのアクティブステレオビジョンシステムにより、新型のプロジェクター、カメラ、ソフトウェアを組み合わせた完全な市販システムが提供可能に高性能センサソリューションの大手グローバルサプライヤーであり、ストラクチャードライト(SL)、飛行時間(ToF)、アクティブステレオビジョン(ASV)のすべての3Dセンシング分野におけるリーダーであるamsの日本法人amsジャパン株式会社(本社:東京都港区、カントリーマネージャー:岩本桂一)は本日、新たなASV技術製品を発表しました。これにより、消費者向け製品、コンピューティング製品、産業向け製品のメーカーは、より手軽に、より低コストで顔認識やその他の3Dセンシングアプリケーションを導入できるようになります。豊富な3D実績を持つamsは、新たなASV技術製品のポートフォリオへの追加を通して、新しい、また異なる種類の3Dセンシングアプリケーションに対応するだけでなく、モバイルセグメント向けに低価格を実現しています。今秋、第一弾となる複数の大手携帯電話OEMが、amsのASV技術を搭載した製品を発表する予定です。さらに、この新たなASV技術は、コンピューティング、スマートホーム、スマートビルなど、様々な業界でのアプリケーションに使用できます。amsの3Dセンシングモジュールおよびソリューション事業部門のバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー、ルーカ...more
カテゴリー:

IBM、顔認識技術を禁止するのではなく規制することを求める - 11月11日(月)16:31 

Anonymous Coward曰く、 中国政府は顔認識技術を用いた監視システムをすでに導入しているが、こうした顔認識技術の使われ方にはプライバシ侵害などの危惧もある。そのため米国では複数の自治体が顔認識技術を使用することを禁止する事態になっている。こういった状況を受け、IBMは顔認識技術が今後全面的に禁止されるような事態にならないよう、政府による規制が必要だと考えているようだ。 顔認識技術には空港のセキュリティの迅速化や行方不明の子供の発見など、有益な面もある。そのため同社は米国時間11月5日に発表したホワイトペーパーの中で、「厳密な規制」によって、害を及ぼす恐れがある使用事例を取り締まりながら、イノベーションを促すことが可能だと主張している。たとえば、個人を特定するなどではなく、イベント会場のような場所にいる人数を数える用途などの例を挙げている(AXIOS、ZDNet、Slashdot)。 すべて読む | YROセクション | テクノロジー | IBM | アメリカ合衆国 | プライバシ | 関連ストーリー: Google、Pixel 4の顔認証を目が開いている場合のみ使用可能にするオプションを追加予定 2019年10月24日 Amazonの顔認識技術、カリフォルニア...more
カテゴリー:

IBM、顔認識技術の「禁止ではなく規制」求める - 11月07日(木)11:43 

IBMは米政府に対し、顔認識技術を全面的に禁止するのではなく規制を求める意向だ。「厳密な規制」によって、害を及ぼす恐れのある使用事例を取り締まりながら、イノベーションを促すことが可能だと主張している。
カテゴリー:

福井銀行など、新改札システムの実証実験 コード決済や顔認識用いた鉄道乗車見据える - 11月07日(木)11:13 

福井銀行と福井新聞社は、福井鉄道、東芝インフラシステムズの協力の下、電子マネーカード「JURACA」などの非接触ICカードを利用した鉄道乗降実証実験を、11月8日から20日まで行う。 駅に設置される簡易改札機と運賃計算などを行うクラウドサーバで構成される改札システムで、非接触ICカードを利用した実証実験を行う。実際に福井鉄道の福井城址大名町駅と清明駅に簡易改札機を設置し、非接触ICカードを用いた乗車券・定期券利用や、改札システムの使用感の確認を行う。一般利用者は参加できない。 東芝インフラシステムズは、簡易改札機、運賃計算などを行うクラウドサーバ等で構成される改札システムを提供する。改札は、ICカードの固有IDをキーにして、ICカードのタッチにより駅での乗降車場所や時刻などの乗降情報、定期区間などの乗車効力情報を全てクラウド等のセンターサーバにて記録・参照(ICカードには情報を書き込まない)する。 「JURACA」は福井県が公認する唯一の電子マネーカード(ふるさと県民カード)だが、鉄道利用情報を記録する仕組みを持っていないため、鉄道利用ができなかった。今回同社が提供する改札システムでは、鉄道利用情報を一元管理するクラウドサーバを利用することで、鉄道での乗車券利用や定期券利用が可能となる。 実証実験では、利用者がICカードを駅ホームに設置された簡易改札機にタッチした瞬間にクラウドサー...more
カテゴリー:

インドを中心に新興市場を席巻する新進スマホメーカーRealme - 11月12日(火)17:15 

インドのスマホ市場では、シャオミ(Xiaomi)がSamsung(サムスン)に対するリードを拡げるなか、新たな競合が存在感を増している。 Realmeは、Oppoからスピンアウトしてまだ1年半ほどの新しいスマホベンダーだ。調査会社のIDCによると、この9月に終了した第四半期には、世界で2番目に大きいスマホ市場インドで14.3%のシェアを確保したという。 同調査では、一方のXiaomiが、27.1%のシェアを押さえて、まだ同市場を支配しているものの、Realmeがインド市場に出荷したデバイスの台数は、前年同期と比べて401.3%と驚異的な伸びを示している。 インドのスマホベンダー別市場シェア Realmeのインド市場での拡大が注目を集めているのは、同国内でのXiaomiのやり方を、ほぼ忠実に再現しているからだ。Xiaomiと同様、Realmeも最初の1年間、間接費用を削減するため、オンラインでのみスマホを販売していた。しかし前の四半期から、インド国内のオフラインストアでも販売を開始した。オフラインの実店舗は、まだインドのスマホ売り上げの3分の2以上を担っている。 オンライン販売のみに限れば、Realmeの市場シェアは、今年の第2四半期の16.5%から、同第3四半期は26.5%へ急増したと、IDCは述べている。 Realmeはこれまでに、いずれもアグレッシブな価格設定で、10数種類の...more
カテゴリー:

ITRI、2分野で「CES 2020イノベーションアワード」受賞 - 11月12日(火)00:00 

財団法人工業技術研究院(工研院、ITRI)はこのほど、米CES(世界最大級の家電・電子機器の見本市)の出展企業・製品の中から特に優れたものに贈られる「CES 2020イノベーションアワード」を、スマートホーム部門とウェアラブルテクノロジー分野の2分野で受賞した。スマートホーム部門で受賞したのは高齢者見守りロボット「PECOLA」、ウェアラブルテクノロジー分野で受賞したのは多機能インテリジェント・ウェアラブルシステム「iStimUweaR」。いずれもAI(人工知能)とインテリジェント・システムのテクノロジーを導入した、スマートで生活をより便利にしてくれる技術だ。   ITRIがCESイノベーションアワードを受賞するのは3年連続のこと。消費者にとって魅力のある商品を評価するこの賞は、市場に焦点を当てたITRIの研究・開発の成果や、民間企業がスピーディーに応用商品を開発できるように協力するITRIの取り組みを評価するものだと言える。   そのうち高齢者見守りロボット「PECOLA」は、「環境知能(Ambient Intelligence)」の技術を運用し、高齢者の食事、睡眠、健康、感情などを観察し、収集した情報を家族と共有するもの。高齢者とその子女に話題を提供し、意思疎通を図らせることを目的とする。「PECOLA」は顔認識機能を使って「見守り」の対象となる人物を設定し...more
カテゴリー:

未だにドラレコつけてないバカおる?てかつけたいんだけどオススメのドラレコある? - 11月07日(木)12:33  news

sssp://img.5ch.net/ico/morara_tya.gif あおり運転による凄惨な交通事故がきっかけとなり、イッキに装着率が高まったドライブレコーダー。なかでも国産メーカーは単なる録画だけにとどまらず、画質や付加機能にこだわった製品を開発している。 東京モーターショー2019での関心も高く、数社が最新ドラレコとそのテクノロジーを披露した。  ドライブレコーダーに求められる性能とは何か。事故や交通トラブルに見舞われた際の証拠にせよ、クルマを使った旅行の思い出として使うにせよ、画質は優れているほどありがたいはずだ。 とは...
»続きを読む
カテゴリー:

IBM、顔認識技術の「禁止ではなく規制」求める - 11月07日(木)11:43 

IBMは米政府に対し、顔認識技術を全面的に禁止するのではなく規制を求める意向だ。「厳密な規制」によって、害を及ぼす恐れのある使用事例を取り締まりながら、イノベーションを促すことが可能だと主張している。
カテゴリー:

心拍や細菌叢であなたを突き止め監視する社会が現実になる - 11月06日(水)07:00 

監視システムといえば、顔認識を思い浮かべる人もいるかもしれないが、それだけではない。レーザーによって心拍を読みとったり、腸内細菌などのマイクロバイオーム(細菌叢)を追跡したりして、あなたを特定する方法を世界中の研究者たちが開発している。規制をかけても、いたちごっこのように次々と現れるテクノロジーによって、いつどこで、誰がどうやって監視しているのかがわからない社会は、ますます身近なものになっていくのだ。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「顔認識」の画像

もっと見る

「顔認識」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる