「顔画像」とは?

関連ニュース

アイデミアとソプラ・ステリアがeu-LISAから選定され、シェンゲン圏の国境保護のための新たな共有型生体情報照合システム(sBMS)を構築へ - 06月05日(金)17:41 

パリ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 「自由・セキュリティー・公正の分野における大規模ITシステムの運用管理のための欧州連合機関」(eu-LISA)は、アイデミアとソプラ・ステリアのコンソーシアムに新たな共有型生体情報照合システム(sBMS)を納入するための枠組み契約を発注しました。sBMSは2022年までに、第三国の市民4億人以上のデータベースを指紋/顔画像と共に統合して、世界最大の生体情報システムの1つとなります。この新システムは欧州の生体情報技術を基盤としており、欧州の新たな入出国システムにおける身元確認の需要を初めて満たすことで、欧州国境の保護にとっての土台となるものです。 今回の契約はeu-LISAによる競争入札に従った発注されたものです(LISA/2019/RP/05 EES BMS and sBMS)。期間は4年間で、最大6年間の延長オプションが付いています。 欧州26カ国が域内国境を廃止した移動地域であるシェンゲン圏は、人々の自由で制限のない移動を促進する上で重要なものです。最新の生体情報技術を使用することで、圏外国境を長期にわたり確実に
カテゴリー:

中国科学院による描画AI「DeepFaceDrawing」、スケッチから写実的な顔画像を生成! - 06月05日(金)13:00 

GoogleのAutoDrawやNVIDIAのGAUGANなど、手書きのスケッチからより精巧なイラストを作成してくれるAIが登場している。 このほど、中国科学院コンピュータ技術研究所らの研究チームが発表した「DeepFaceDrawing」は、顔画像の作成に特化したもの。かなり写実的なイラストが生成できるのが特徴だ。 この描画AIを活用すれば、絵心に自信のない方もラフにスケッチして、リアルな顔画像が描けるようになる。スケッチを修正すると生成画像にも反映されるのも興味深い。 基礎となる顔画像を暗黙的にモデル化 DeepFaceDrawingは、ユーザーのスケッチに応じた表現を可能にする。ユーザーによる入力をソフトな制約として利用しつつ、たとえスケッチが不完全でも高品質な顔画像を生成できる。 研究チームは、もっともらしい顔画像を暗黙的にモデル化し、元スケッチに忠実な顔画像の生成に役立てた。 まず、主要な顔パーツの特徴を学習し、スケッチに対応する部分を表現に沿って情報表現に反映する。 マッピング用のネットワークを作成 中間層での出力を写実的な画像にマッピングする際に、別のディープニューラルネットワークを用いているようだ。 定量的評価の結果、DeepFaceDrawingが既存の描画AIよりも優れた生成能力を発揮。ユーザー調査でも使いやすさと表現力が示されたとのこと。 DeepFaceDr...more
カテゴリー:

【3社合同無料ウェビナー】DX × AI withコロナ時代を生きる!変化する社会への適応術を徹底解説 - 06月02日(火)10:00 

ベトナムオフショア開発を行うバイタリフィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川勝潤治)と子会社Vitalify Asia(本社:ベトナム国ホーチミン市、代表:櫻井岳幸)、Nextremer(本社:東京都板橋区、代表取締役社長 CEO:高橋太一)は、6月10日(水)と6月18日(木)に無料ウェビナー『DX × AI withコロナ時代を生きる!変化する社会への適応術を徹底解説』を開催します。今回のコロナ禍によってさらに進むと報じられているデジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)、通称DX。こういった社会の変化において、AIはどのように活用されていくのでしょうか?日本とベトナム2つの国でAI開発の実績がある専門家が、それぞれの視点から見解を述べ合うウェビナーを開催します。◆こんな方を対象としたセミナーです・自社ビジネスにAI活用をお考えの方・DX推進時代にAIでどんなことができるのか興味がある方・AIを導入したいが、開発費用や導入方法がわからずお困りの方◆登壇者・株式会社Nextremer 栗原 匡 氏Nextremerでは、高度な自然言語処理機能や画像認識機能を有するAIエンジン群の提供やその機能を活用したAIプロダクトの開発を行っています。チャットボットや案内用の対話システム、キャラクターを使った接客システムなどを様々なドメインへ導入頂いていま...more
カテゴリー:

【2020年度決定版】bitFlyerで仮想通貨投資を始める方法:口座開設編 - 05月26日(火)14:57 

ビットコインやXRP(エックスアールピー)、イーサリアムなど、仮想通貨投資に挑戦したい方にとって、最初のステップは仮想通貨取引所でアカウントを開くことです。 数ある仮想通貨取引サービスの中、国内利用率が最も高いサービスを提供しているのが「bitFlyer」です。そこでここでは、bitFlyerで口座開設する方法についてご説明します。なお、bitFlyerを利用できるのは「日本国内に居住する20歳以上の方」のみとなっています。 目次 bitFlyerの3つのポイント 1-1. ビットコイン取引量国内No.1の「bitFlyer Lightning」 1-2. 二種類の損害保険を国内大手損害保険会社と契約 1-3. ポイント交換でビットコインを獲得できる 口座開設プロセスと2つの本人確認方法 2-1. STEP 1:アカウント登録 2-2. STEP 2:本人確認 本人確認書類に関する注意事項 まとめ ①bitFlyerの3つのポイント bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。bitFlyerは2014 年の創業以来一度もハッキング被害に遭っておらず、ビットコイン取引量では国内No.1を維持してい...more
カテゴリー:

【顔画像】“ゲーム条例” 高校生と母親が香川県を提訴へ - 05月16日(土)09:08  news4vip

かわいい https://news.livedoor.com/article/image_detail/18268273/?img_id=25131417 ...
»続きを読む
カテゴリー:

オーストラリア内務省がユニシスのStealth(identity)™とアイデミアのバイオメトリック機能を用いた新しい生体情報システムの運用を開始 - 06月05日(金)13:02 

豪キャンベラ & 米ペンシルベニア州ブルーベル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- ユニシス・コーポレーション(NYSE:UIS)とアイデミアは本日、オーストラリア内務省の新しいエンタープライズ生体情報本人確認サービス(EBIS)システムが、運用を開始したと発表しました。EBISは、多要素アイデンティティ管理・認証ソリューションのUnisys Stealth(identity)™を基盤とし、アイデミアの顔/指紋認識アルゴリズムを使用するもので、世界で最も正確な生体本人情報管理システムの1つです。ビザや国境審査に使用され、オーストラリアの国境を守ると同時に、合法的な移動者の速やかな流れを促進します。 内務省はEBISを使用して、ビザ申請者などオーストラリアへの渡航を希望する方々などの顔画像や指紋、市民権申請者の顔画像を照合します。本システムは合法的な移動者の審査を容易にすると同時に、今後10年間に増加が予想されるビザ申請、国境審査、市民権申請に対応できるように設計されています。 2019年に、オーストラリアへの訪問者は過去最高の950万人に達し、10年前より39
カテゴリー:

手書きスケッチからリアル顔画像を作成、深層学習で「DeepFaceDrawing」 | Seamless - 06月04日(木)09:51 

手書きスケッチからリアル顔画像を作成、深層学習で「DeepFaceDrawing」 | Seamless手書きスケッチからリアル顔画像を作成、深層学習で「DeepFaceDrawing」 2020-06-04 中国科学院と香港城市大学による研究チームが開発した「DeepFaceDrawing」は、手書きスケッチからリアルな顔画像を生成する深層学習フレームワークだ。 手書きスケッチからリアル顔を生成するDeepFaceDrawing このような深層学習を用い...
カテゴリー:

マチエミとドコモ、画像認識エンジンを活用した新しい写真販売サービスを開発 - 06月01日(月)15:30 

2020年6月1日 株式会社マチエミ 株式会社NTTドコモ    株式会社マチエミ社(以下、マチエミ)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、マチエミが提供している「EMii -エミィ-」にドコモの画像認識エンジンを組み合わせた「EMii -エミィエンタープライズプラン-」(以下、本サービス)を開発し、本サービスをマチエミから新聞社や自治体などのイベント主催者向けに本日より提供開始します。    本サービスはドコモの画像認識エンジンを搭載することにより、マラソン大会などのイベントで複数の被写体を撮影した写真からゼッケンや顔の検出・認識を行い、特定の被写体が写っている写真の選別がリアルタイムに実施可能になります。イベントに参加しているユーザーは、イベントを楽しみながら自分や特定の人物が写っている写真を検索することができ、また、イベントを主催する企業は、写真販売における写真選別業務負荷の軽減や販売開始までにかかる時間の短縮による売上向上を見込めます。    本サービスに搭載しているドコモのAI技術を活用した画像認識エンジンは、NTTグループのAI「corevo®」を構成する技術で、撮影した写真からゼッケンや顔などの物体の位置を検出する"物体検出"と、検出したゼッケンの文字を読み取る"文字認識"、大量の写真から特定の顔の画像検索を行う"類似...more
カテゴリー:

【緊急Webセミナー】日本企業のAI 化を一緒に進めるパートナーを募集します。「顔認証システム」の販売パートナーと代理店向け説明会開催! - 05月25日(月)18:00 

株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智、以下トリプルアイズ)は、2020年5月26日(火)、28日(木)の両日、販売パートナーと代理店を検討する企業様を対象に、顔認証システム「AIZE」をご紹介するWebセミナーを開催いたします。info@aize.jp■AIを活用した顧客管理と従業員管理の新しいソリューション緊急事態宣言が解除されましたが、一連のコロナ騒動により、企業経営者はデジタル技術の早急な導入の必要性を感じています。その中でも、最も求められているのがAIを活用した顧客管理や従業員管理、顔決済などの新しいソリューションです。トリプルアイズが開発した画像認識プラットフォームAIZEは、ディープラーニングによる画像認識プラットフォームで、カメラからクラウドに画像データを送信し、ディープラーニングの手法でAI(人工知能)が解析します。世界最大級の512次元の特徴量によって顔の認証率を高めており、正面画像であれば98%の認証率を誇ります。トリプルアイズは、この顔認証技術を活かしたサービスを多角的に展開しており、顧客管理、従業員管理、コロナ対策、顔決済、防犯などの最新ソリューションとして多くの企業様に提供しております。特に2020年2月にヤマダ電機とのコラボレーションで実現した顔決済は、量販店では日本初の試みとして大いに注目を集めました。■店舗マーケティング...more
カテゴリー:

「顔画像」の画像

もっと見る

「顔画像」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる