「音声認識」とは?

関連ニュース

自宅でロボット工作! プログラミングを学べる「ココロキット+」 - 11月26日(木)15:00 

「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、数多くのロボットやIoTプロダクトを企画・開発するユカイ工学株式会社が、つなぐとすぐに動かせ、簡単にロボット工作ができる「ココロキット+(ココロキットプラス)」の発売を開始した。 ロボット工作に気軽にトライ 「ココロキット+」は電池を入れるだけで、角度を変えるモータを手軽に動かせるキット。 角度を変える動きを使うと、「押す・引く」「開く・閉じる」「上げる・下げる」「右向く・左向く」「打つ・投げる」などの動きを使った工作が簡単にできるようになる。また、自分でつくった作品をビジュアルプログラミングやテキストプログラミングで記述した自分のプログラムで動かすことができ、楽しくプログラミングを学ぶことも可能。 上下に動くキャラクターを作ったり、色を認識させるプログラミングで旗揚げ遊びも専門知識を要することなく実装できるため、「動かしたい!」と思った工作を、アイディア次第で自在に動かすことができ、ロボット工作とプログラミングを一気に体験できる点は魅力的だ。 特設サイト活用でさらに楽しみ方倍増 また、「ココロキット+」のサンプルプログラムで気軽にプログラミング体験できる特設サイトも開設。「プログラミングを学ぶ前にまずは体験したい」という人にとって、気軽に「ココロキット+」のプログラミングを試せる場となっている。 サンプルプログラムと「ココロキット+」を...more
カテゴリー:

コーディングは口述で行う時代へ、Serenadeが2.2億円のシード投資を調達 - 11月25日(水)09:00 

数年前、Serenade(セレネード)の共同創設者Matt Wiethoff(マット・ウィートホフ)氏がQuora(クオーラ)の開発者だったころ、手が反復性のストレス障害と診断され、プログラムコードのタイピングができなくなった。そこで彼ともう1人の共同創設者Tommy MacMilliam(トミー・マクミリアム)氏は、AIを使って手を使わずに口述でコードが書けるツールを開発しようと決意。そうしてSerenadeが誕生した。 米国時間11月24日、同社はAmplify PartnersとNeoの主導による210万ドル(約2億2000万円)のシード投資を発表した。同時に、初の市販版製品となるSerenade Pro(セレネード・プロ)の発表も行なった。 「Serenadeは、コンピューターにダウンロードして使用するアプリです。Visual Studio CodeやIntelliJといった既存のエディターに統合すれば、あとは口でコードをいうだけです」と共同創設者のマクミリアム氏は私に話した。そこからは同スタートアップのAIエンジンが主導権を握り、口でいったことを文法上正しいコードに変換してくれる。 汎用の音声テキスト変換エンジンはすでに数多く出回っているが、コード入力の必要性に的を絞ってチューンされたものは見たことがないと彼は話す。非常に狭い市場を狙った製品に見えるかもしれないが、この使...more
カテゴリー:

低年齢児童の英語学習はゲーム化が鍵、ウクライナのAllRightがシリーズAを調達 - 11月21日(土)12:15 

AllRightは4歳以上の子どもを対象とする英語学習プラットフォームで、リアルの先生がレッスンをしてAIが宿題を手伝ってくれる。同社はこの度、Genesis InvestmentsがリードするシリーズAのラウンドで500万ドル(約5億2000万円)を調達した。TMT InvestmentsとTerraVC、そしてこれまでの投資家であるFlashpointとMisha Lyalinが参加した。 ウクライナ生まれの同社は市場を徐々に拡大し、いまではポーランドとロシア、スペインそしてラテンアメリカにも進出している。AllRightのコンペティターにはOpen EnglishやLingoKids(2200万ドル、約22億8000万円調達)、MyBuddy、Preply(1500万ドル、約15億6000万円)、それにNovaKid(230万ドル、約2億4000蔓延)などがいる。 英語を勉強している人は全世界でほぼ15億人いる、と推計されている。その中の子どもは2020年に5億人に達してる。グローバルでの英語学習市場の規模は、2025年に55億ドル(約5712億4000蔓延)に達すると予想され、1年に7%増加しているといわれている。 そこで同社は、途上国市場など、オンラインの教育があまり普及していない市場を狙っている。2017年にローンチしたAllRightは、スペイン語とポーランド語とロシ...more
カテゴリー:

デジタル化を加速させるマクドナルドの未来は、「ドライブスルー」にあり - 11月18日(水)10:00 

マクドナルドが機械学習とモバイルソフトウェアに重点を置いた新たな長期成長戦略を公表するなど、デジタル化を加速させている。音声認識システムや人工知能(AI)によるレコメンデーション技術をもつ企業の相次ぐ買収に基づく店舗やサーヴィスの変化が、コロナ禍で効果を発揮し始めた。それは進化したドライブスルーだ。
カテゴリー:

1万円なのにAppleらしい簡単初期設定で爆音の中でも正確に「Hey Siri」できるスマートスピーカー「HomePod mini」レビュー - 11月16日(月)18:35 

税別1万800円で購入可能な「HomePod mini」は、深い低音域やクリアな高音域を再現しており、360度一貫した音場が形成可能なワイヤレススピーカーというだけでなく、Appleの音声認識アシスタントである「Hey Siri」を搭載したスマートスピーカーでもあります。スマートスピーカーにはGoogle NestやAmazon Echoといった強力なライバルが存在しますが、HomePod miniはそれらの製品とどのように差別化することができているのか、実際に使って確かめてみました。
カテゴリー:

【朗報】LG「貧乏人でも買える8Kテレビ出したよw」 - 11月26日(木)11:55  poverty

LG「手の届く8Kテレビ」。8Kチューナ内蔵で最小55型、約30万円 LGエレクトロニクス・ジャパンは、8Kチューナーを内蔵した55型液晶テレビ「55NANO95JNA」を2021年1月に発売する。HDMI2.1に準拠したALLM/eARCや、ゲーム用HDR規格HGiGにも対応し、「2020年発売の最新ゲーム機も快適にプレイが可能」という。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は30万円前後。 解像度7,680×4,320ドットの8K対応NanoCellパネルを採用。8Kチューナー内蔵の液晶テレビとしては最小サイズとなる55型で、「これまでは高価で、サイズも大きいという印象...
»続きを読む
カテゴリー:

NiziUが『しゃべくり007』でトーク、モノマネ、ギャグで視聴者を虜に「姫たちのバラエティ無双」の声 - 11月24日(火)09:45 

NiziUが、11月23日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系、毎週月曜22:00~)に出演。インターネット上では、番組内で大暴れする彼女たちに多くの反応があった。NiziUは、数々のK-POPスターを世に送り出したプロデューサーのJ.Y. Park(以下、JYP)がプロデュースするグローバルガールズグループ。ソニーミュージックとJYPによる共同プロジェクト『Nizi Project』(虹プロ)で誕生した。今回は、AYAKA、RIMA、MAYA、MAKO、MAYUKA、RIO、RIKU、NINA、MIIHI(※休業中)9名の魅力を探るべく、指原莉乃が解説として登場した。『虹プロ』を振り返る中で、地域予選、東京合宿、韓国合宿の様子を紹介。オーディションでのスター性審査で、JYPにどんなものを見せたのか、しゃべくりメンバーにも披露することに。AYAKAが、番組でも話題になった“ちょっと変わったテニス講座”をやって見せたものの、上田晋也から「よく受かったな!」とツッコミが。さらに、有田哲平の無茶ブリで“ちょっと変わったシリーズ”としてNINAはラジオ講座、RIMAがドラム講座などを熱演。上田からは「お前ら舐めてんだろ!」とツッコミが入った。そんな中、共同生活しているメンバーのプライベートトークも紹介。MAKOは「ナビと会話」と紹介される。「ナビと会話というよりは、タクシーに乗っ...more
カテゴリー:

Conformer:Transformerを音声認識に応用!? GoogleによるTransformer×CNNが凄すぎる!! | AI-SCHOLAR | AI:(人工知能)論文・技術情報メディア - 11月19日(木)14:11 

Conformer:Transformerを音声認識に応用!? GoogleによるTransformer×CNNが凄すぎる!! | AI-SCHOLAR | AI:(人工知能)論文・技術情報メディアAI/DS求人掲載 AI Jobs 3つの要点 ✔️ TransformerとCNNを組み合わせたモデル,Conformerを音声認識に応用 ✔️ 畳み込みモジュールがConformerにおいて最も重要であることがわかった ✔️ 既存の音声認識研究の中でも最高の精度を確認 Conformer: Convolution-augmented Transformer for Speech Recognition written by Anmol G...
カテゴリー:

京都大学・京都市と内田洋行、教育AIの開発・実証研究を開始 - 11月17日(火)11:30 

京都大学学術情報メディアセンターと、株式会社内田洋行教育総合研究所は、教育AIの開発・実証研究を開始することを発表した。 データを教育に生かすために 同プロジェクトは、教育用説明生成AIエンジンEXAIT (Educational Explainable AI Tools) を構築するとともに、京都市教育委員会の指定した実証校と連携し、ラーニングアナリティクスの学校現場への導入を進めるというもの。 文部科学省「GIGAスクール構想」にて児童・生徒一人一台の端末整備が加速。テスト等をコンピュータで実施するなど、データを蓄積できる環境も整ってきており、そのデータを生かすために教育でのAI活用の研究も始まっている。しかし、AIでいくらデータを解析しても、データに学習者が納得できなければ、主体的な意欲を引き出せないという課題もあった。 同プロジェクトでは、学習者がより納得して課題に取り組めるよう、より学習・指導に有効な分析データを導き出す「説明できるAI」の開発を行うことを目的としてスタート。京都市教育委員会と連携してその実証研究も行なっていくとしている。 学習者のためのAI 実証研究では、京都大学学術情報メディアセンターの緒方広明教授らによって独自に開発されたデジタル教材配信システム(e-Bookリーダー)のBookRollと分析ツールLA Viewで構成されるラーニングアナリティクスシ...more
カテゴリー:

TBS、1年の実証を経てテレビ字幕を自動的に生成するAIシステム導入へ - 11月15日(日)09:00 

株式会社TBSテレビは、ソニービジネスソリューション株式会社が提供する、音声解析AIを活用してテレビ字幕を自動的に生成するシステム「もじぱ音声認識テキスト化システム(以下、もじぱ)」を導入する。 両社は2019年から同システムの共同実証実験を実施しており、認識精度95%以上を実現。このたび正式採用し、地上波の報道番組などで活用される見込みだ。 人員削減にも成功! 「もじぱ」は、ソニービジネスソリューションのAI音声認識システムとTBSの字幕システムを連携し、音声からリアルタイムに字幕を自動生成するシステム。 2019年10月に開始した実証実験では、即時性が求められるニュース番組の字幕生成に関する検証を行い、音声認識の精度95%以上を実現。また、従来1時間未満の番組では3人程度必要だった字幕起こしの人員を1人に削減することに成功した。 この結果から、放送局におけるワークフロー改善に効果が高いと判断され、正式採用に至ったようだ。 まずは報道番組から 「もじぱ」が音声からリアルタイムで自動生成した字幕は一旦ディスプレイに表示される。担当者はそれを確認し、必要に応じて内容を微調整するだけで、番組に字幕を付けることが可能だ。 実証実験でもそうだが、現段階では報道番組での活用を想定。報道番組特有の時事用語や人名などを事前に登録することで字幕として生成できるようになるとのこと。 今後は、バラエテ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「音声認識」の画像

もっと見る

「音声認識」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる