「音声データ」とは?

関連ニュース

税務調査にAI導入へ 財務資料や「音声データ」分析 早期摘発や監視強化狙う - 02月19日(水)05:18 

 国税庁は、人工知能(AI)を使って税務調査の対象企業を選定する新システムを2021年度にも導入する。公表されている財務資料や、業績を説明する経営者の音声データを分析し、脱税などの疑いがある企業を絞り込む。AIの活用で調査を効率化し、不正事案の早期摘発や監視強化につなげる狙いがある。
カテゴリー:

聴覚を持つ自動運転車が登場?!騒音認識できるプロトタイプシステムを独研究所が開発 - 02月16日(日)08:00 

いま、自動車の高度な運転支援システムの開発が進められている。そして今回、ドイツのフラウンホーファー・デジタルメディア技術研究所 IDMT が、サイレンなどの外部騒音を認識できるプロトタイプシステムを開発した。 ・音を認識するAIベースのプロトタイプ 現在開発されている自動駐車や死角監視、車線逸脱防止支援システムなどは、カメラやレーダーおよびlidar技術を使って障害物を検出することで、車両に初歩的な視覚を提供する。 しかし、聴覚にあたる外部の騒音を感知するシステムを搭載する自動運転車はまだ存在しない。そこで今回、フラウンホーファーIDMTが、音を認識するAIベースの初期プロトタイプシステムを開発した。 この音響早期警告システムを使うと、自動運転車が救急車などのサイレンをすぐに認識して高速道路の片側に移動したり、歩行者エリアの認識や車両状態の監視などもできるようになる。さらに、音声認識技術を備えた緊急電話としての使用も期待される。 ・工場における品質管理などへの活用も プロトタイプ開発にあたって、研究者らは音の特徴を認識するようにシステムをトレーニングして独自のビーム形成アルゴリズムを作り、接近する緊急車両のサイレンなどの移動音源を特定するセンサープラットフォームを作成した。この初期プロトタイプは、数年で製品レベルになるだろうと研究チームはみている。 音響センサーシステムは、マイクと...more
カテゴリー:

Google、昨年11月にデータをエクスポートしたユーザーのアーカイブに無関係なユーザーの動画が含まれていたと通知 - 02月08日(土)06:00 

headless曰く、 Googleが昨年11月21日~25日にGoogleデータエクスポート(Google Takeout)を利用したユーザーに対し、Googleフォトに含まれる動画の一部が無関係なユーザーのアーカイブにエクスポートされていたとの通知を開始したそうだ(9to5Google、Android Police、The Verge、Ghacks)。 影響を受けたユーザーがRedditやTwitterで公開した通知の内容によると、「あなたのGoogleフォトアカウントに含まれる動画の1点以上がこの問題の影響を受けた」と書かれているが、具体的にどのファイルが影響を受けたのかについては言及されていない。また、ダウンロードしたデータには一部が欠落している可能性や他人の動画を含んでいる可能性があるとして、以前のエクスポートを削除して新たにエクスポートするよう推奨している。 Googleはユーザーに不便をかけたことを謝罪しているが、他人に動画(内容がどのようなものであるにしても)が閲覧された可能性があることは特に問題だと考えていないような文面となっている。Googleが9to5Googleに出した声明では、問題を修正して再発防止のために徹底的な分析を行ったと述べ、改めて謝罪しているが、やはり他人に動画が閲覧された可能性については特に問題視していないようだ。なお、Googleによると影...more
カテゴリー:

【国を挙げて行われる不正義/技能実習制度】技能実習生を時給610円で働かせる 縫製業を送検 残業は時給500円 - 02月03日(月)15:52  seijinewsplus

 奈良・葛城労働基準監督署は時給610円でベトナム人技能実習生を働かせたとして、㈲ティー・ワイ・プロダクツ(奈良県大和高田市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反などの疑いで奈良地検に書類送検した。 以降ソースにて https://www.rodo.co.jp/column/86938/ 技能実習生を時給610円で働かせる 縫製業を送検 残業は時給500円 葛城労基署 2020.02.03 労働新聞 参考) https://hbol.jp/199986 国を挙げて行われる不正義、技能実習制度 https://hbol.jp/202393 技能実習制度の闇。奴隷労働を放...
»続きを読む
カテゴリー:

「ストリーミング戦争」の正体:Disney、Netflix、Amazon、Appleなど各社徹底解説 - 02月17日(月)10:00 

編集部注:本稿は米国スタートアップやテクノロジー、ビジネスに関する話題を解説するPodcast「Off Topic」が投稿したnote記事の転載だ。 自己紹介 こんにちは、宮武(@tmiyatake1)です。普段は、LAにあるスタートアップでCOOをしています。これまでは、日本のVCで米国を拠点にキャピタリストとして働いてきました。普段は、Off Topicのポッドキャストでも発信してますが、前回の記事が好評だったので、今回は「ストリーミングサービス事情」について記事にしてみました。 はじめに 2019年から2020年にかけて多くのプレイヤーが参入してくるストリーミング事業。Netflix、Amazon、HBO、Huluなどプレイヤーがいるなか、昨年11月にはDisney+、さらにAppleがApple TV+も登場。2020年はHBO Max、NBCUniversalが自社ストリーミングサービスのリリースを予定しており、元Disney会長のJeffery Katzenbergが始めた「Quibi」もリリース予定と、競合がかなり増えている。 このストリーミング戦争のポイントは、Netflix以外のプレイヤーはコンテンツやストリーミングでマネタイズする気がなく、ストリーミングはただ一つのユーザー獲得・ロイヤリティーチャネルでしかないことだ。利益率がより高い各社エコシステムへ導く戦争...more
カテゴリー:

【国を挙げて行われる不正義】「「でたらめ技能実習は世界の恥やね」れいわ・山本代表 外国人労働者受け入れ - 02月08日(土)18:00  seijinewsplus

 ―入管難民法を「トンデモ法」と批判し、政権を取った場合の緊急政策として見直しを掲げていますね。  廃止すべきです。そもそも改正議論の時点で中身が詰まってなく、大枠だけ決まっていた。大枠とは安い労働力の外国人を大量に長く働かせようというもの。2000年代初めぐらいから経団連が強く要求している。経団連の要求はほぼ形になるのが今の政治です。  入管難民法の改正では経団連の中西宏明会長が「経団連の意見がかなり反映されたことを評価する」とまで言ってますから。この国をコントロールしているのは誰かというと、企業...
»続きを読む
カテゴリー:

【iOS先行リリース】いびき記録機能が追加された熟睡アラームVer.4をApp Storeに公開 - 02月04日(火)11:00 

株式会社C2(シーツー)(東京都文京区湯島 代表取締役 安田昭夫)は2020年2月3日、自身が運営する睡眠管理アプリ「熟睡アラーム」のメジャーアップデートをiOS版から先行リリースしました。熟睡アラームは睡眠計測とアラームを兼ね備えた、入手無料のiOS/Androidアプリです。スマートフォン1台だけで自分の睡眠生活を客観的に知ることができるので、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の改善や向上に役立てることができます。今回のメジャーアップデート(Ver.4)では利用者からリクエストの多かった新機能の追加、ユーザインターフェースの刷新、サブスクリプションによる有料版の提供が含まれます。■新機能1:いびきの可視化睡眠記録に「いびき」が追加されます。デバイスのマイクを使い、睡眠中にどのくらいいびきをかいていたかが記録できるようになります。就床時間に対するいびきの時間(いびき率)、いびきの最大音量と平均音量、音量ごとの時間などが確認でき、様々な角度で「いびきの状態を見える化」します。いびきを録音して聞くことも可能、録音せずに入力レベルだけで記録することも可能。録音されたデータは専用クラウドサーバに保管できるほか、iCloudに書き出すことも可能です(一部有料オプション)。■新機能2:睡眠記録の新要素睡眠記録には、ベッドにいた時間(就床時間)に対する実際に眠っていた時間(睡眠時間)の割合を示...more
カテゴリー:

日本初! 空港に5G活用の「遠隔アバター案内」登場! 実証実験で商用化目指す - 02月03日(月)15:30 

2020年春の5Gサービス開始に先駆け、株式会社NTTドコモは、成田国際空港株式会社、株式会社シーエスレポーターズと連携し、成田空港第3ターミナルにて日本初となる5Gを活用した遠隔での有人案内「遠隔アバター案内」の実証実験を開始した。 人とアバターがリアルタイムに会話する 同実験は、5Gプレサービス環境を構築した空港に置かれたディスプレイにアバターを表示し、利用客の案内を行うというものだ。利用客の音声データや映像データを遠隔地にいるオペレーターに伝送し、対応するオペレーターの声と動作をアバターに即変換することで、利用客とアバターのリアルタイムな会話を成立させるという。 成田国際空港第3ターミナル2階の保安検査場前にて、2020年2月3日~3月27日(3月2日を除く )の平日14:00~15:00の1時間で実施予定。同実験を通じて、5G通信の実用性や「遠隔アバター案内」への利用者のニーズを検証し、商用化に向けた最適化を図るとのこと。 どこからでも案内業務ができる 将来的に「遠隔アバター案内」を導入することで、居住地や服装を問わず遠隔地からの案内業務が可能となり、空港スタッフの採用機会の拡大が期待されている。また、OB・OGスタッフのノウハウの活用や多言語対応など案内品質の向上、緊急時における案内ディスプレイなどの設置場所の変更なども視野に入れているという。さらにドコモは、有人対応・多...more
カテゴリー:

「音声データ」の画像

もっと見る

「音声データ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる