「音信不通」とは?

関連ニュース

アマゾンで購入した中国製バッテリーが原因で火災。アマゾンが審査を怠ったためとして提訴へ - 10月27日(火)14:33 

Amazon経由で中国製の自動車用バッテリーを購入した結果、自宅が火事になったとして、宇都宮市の男性がAmazonの米国本社と日本法人を相手に賠償を求める訴訟を起こした。火災はAmazonが販売業者の選定や販売商品の審査を怠ったことが原因だと主張している。担当弁護士によるとこのような形でプラットフォーマー本社の責任を問う訴訟は珍しいようだ(共同通信、京都新聞)。 少し前の産経新聞の記事によれば、男性はバッテリーメーカーのサイトの連絡先に電話をかけたがつながらなかったという。メールでのやりとりはできたものの、賠償請求の話になると音信不通になったとし、中国で弁護士を雇って対応したとしている。男性によれば、現在でもこのメーカーの製品は販売された状態にあり、口コミの評価も高いままになっているという。 すべて読む | 法廷 | 関連ストーリー: 国際郵便の一部配達手数料が上昇改定へ、万国郵便条約の制度改正をうけ 2020年10月17日 日本政府、セキュリティの観点から中国製ドローンを排除へ。既存品も1~2年で入れ替え 2020年09月30日 Made in Hong Kongがなくなる? 米国が香港製表記は中国製にするよう義務化 2020年08月14日 国内でも中国製アプリ制限の...more
カテゴリー:

好きな人の前だと…共感続出!?「恋愛ベタな女性」の特徴 | ananweb - マガジンハウス - 10月23日(金)20:20 

婚活で約1000人の男性と出会い、年下夫を射止めたライター・かわむらあみりがお届けするコラム【結婚引き寄せ隊】連載第54回は、これまで見聞きした恋愛下手ゆえにうまく恋を進められない女性の特徴を3つご紹介します。1. 言いたいことが言えず音信不通になる 【結婚引き寄せ隊】vol. 54片思いの男性がいたり、いい出会いを探していたりしても、恋愛下手ゆえにうまく恋を進められないタイプの女性もたくさんいますよね。そんなどこか共感してしまうところがある女性の特徴として、ひとつめに「言いたいことが言えず音信不通になってしまう」こと。控えめな印象のAさんは、女友達同士で集まるときでも、いつもにこやかにみんなの話を聞いているような性格。お嬢さまで女子校育ちということもあってか、社会人になってからも、あまり男性とは接触しないようなところがありました。とはいえ、30代半ばとなり、「そろそろ婚活というものをしてみようかな……」と思い腰をあげたものの、もともと男性に慣れていないために会話がまったく弾みません。実際に会うまでのメールなどでのやりとりではスムーズに話が進むのですが、それは男性を目の前にしないから、あまり緊張しないで済むからなのだそう。でも、実際に会ってみると、相槌を打つぐらいで、男性のほうから質問されたら自分の話をする程度で、なかなか次のステップへと進むことができませんでした。さらに、「将来、...more
カテゴリー:

音信不通の弟 遺産もらう権利は - 10月22日(木)16:00 

50代に差し掛かると、相続や離婚、介護に仕事のことなど、女性が抱えるトラブルや悩みは年々増えていくもの。ここでは、相続に関する具体的な事例をもとに、女性目線から見...
カテゴリー:

【悲報】我社、募集しても人が集まらない - 10月19日(月)15:39  news4vip

申込みはくる でも面接日の調整中に音信不通になる 面接日が決まっても当日断りの連絡、ひどいときはドタキャン 面接後、採用の連絡するも他に決まりましたと断られる ひどいもんだぜ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】SNSで知り合った奈良県の女子高生を自宅まで連れ去ったか、大阪府の23歳男を逮捕 女子高生が帰宅せず音信不通で母が警察に相談 - 10月18日(日)16:11  newsplus

奈良で高1女子誘拐疑い 大阪の23歳男逮捕 https://news.yahoo.co.jp/articles/c31e271352c0a064a49730f8670cc66ae8350d86 10/18(日) 13:34 共同通信  奈良県警は18日、同県に住む高校1年の女子生徒(15)を会員制交流サイト(SNS)で誘い出して連れ回したとして、未成年者誘拐の疑いで大阪府高槻市の会社員上田裕太郎容疑者(23)を逮捕した。  逮捕容疑は17日午後1時40分ごろから約半日、未成年と知りながら呼び出した女子生徒を奈良県天理市内で自分の車に乗せ、自宅まで連れ去った疑い。  県警によると、2人はツイッター...
»続きを読む
カテゴリー:

建築会社の社長が失踪 2600万円払ったのに基礎工事しか終わってない 画像あり - 10月25日(日)14:20  poverty

青森県弘前市の住宅会社「建築工房プラウド」 の男性社長(56)が昨年、突然姿を消し、 請け負っていた複数の注文住宅を 未完成のまま放置していることが 朝日新聞の取材でわかった。 多額の建築費を払った施主らは 「マイホームの夢が消え、借金だけ残った」 「社長にだまされた」 と深刻な被害を訴えており、 泣き寝入りしたくないと 県警に相談している人もいる。 業務全般を仕切っていた社長が 音信不通になったのは昨年9月下旬。 社員が数人いたが、事務所も閉鎖された。 社長の家族は 「どこにいるかまった...
»続きを読む
カテゴリー:

18年前に生き別れた父親が、“18秒”で見つかった奇跡。TikTokが映したその瞬間 - 10月23日(金)10:51 

“激レア”な体験をした人をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく『激レアさんを連れてきた。』。10月19日(月)の放送では、予想もしない出来事から生き別れの父親と再会した人を紹介した。現在22歳のシュンスケさんは3歳のときに両親が離婚。当時は父、母、姉、シュンスケ、妹の5人で広島に住んでいたが、離婚によって子どもたちは母親に引き取られ、母の実家がある山口に引っ越し。以来、父親とは音信不通だった。そんなシュンスケさんの夢は「ジャスティン・ビーバーを超えたい!」というもの。中1のころにジャスティンにハマり、ファッションなどのマネをはじめ、高校では「山口のジャスティン・ビーバー」と呼ばれるほどだった。高校卒業後は楽器も弾けず譜面も読めないのに突然歌手を目指し、アメリカへの音楽留学も決行してしまう。自分の思うように生きる息子を見て母親がある日、「アンタ、お父さんみたいやねぇ」と言った。母親からすると、シュンスケさんの突拍子もない行動が元夫に重なったのだ。以来、シュンスケさんは自分の“ルーツ”ともいえる父親に会いたくなる。実はジャスティン・ビーバーも母親に育てられ、大人になってから父親と再会したエピソードの持ち主だった。はじめはSNSで父親の情報提供を求めるも、なかなか成果が出なかったことから、全国各地で路上ライブをしながら父親を探そうと決意。2018年10月21日、シュンスケさんが向かっ...more
カテゴリー:

意味がわかると怖い話:「犬の埋葬」 - 10月19日(月)18:35  poverty

『車出してくれない? レオを埋めたいんだ』その夜、中1になる従弟(いとこ)の悠斗から電話があった。 最近はあまり顔を出してなかったが、僕は一時期、父親に請われてこの6つ年下の従弟の家庭教師のようなことをやっていた。 レオは悠斗の家で飼っているゴールデンレトリバーだ。 「死んじゃったの?」驚いて尋ねると、悠斗はつっかえつっかえ、話し始めた。 原因は分からないが朝、みんなが起きてきたらレオが冷たくなっていたこと。 借家なので庭に埋める訳にはいかず火葬業者を頼もうとしたが、弟の春斗が泣いて嫌がっ...
»続きを読む
カテゴリー:

木村文乃、衝撃!「山口のジャスティン・ビーバー」が遭遇した“想像を超えた出来事” - 10月19日(月)13:10 

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。10月19日(月)の放送では、木村文乃とよゐこ濱口優をゲストに迎え、2組の“激レアさん”を紹介する。1人目は、“命を顧みずその身一つで、大空を時速数百キロで飛び続けるリアル鳥人間”ことイトウさん。イトウさんは”ウイングスーツ”と呼ばれる特殊なスーツを着て1000回以上大空を飛んでいるプロウイングスーツパイロット。ウイングスーツとは、手の下と足の間に穴の空いている羽があり、そこに空気が入って膨らむ事で翼になるというもの。その翼を動かして風を操り、空を飛んでいくのだ。元々スカイダイビング関連の仕事に就き、スカイダイバーとして1500回以上飛んでいたイトウさん。42歳のある日のこと。スカイダイビング仲間がウイングスーツで飛んでいるのを目撃し、興味をもつ。そして当時ウイングスーツで滑空するための条件を満たしていたことから、さっそく挑戦することに。真下に落ちるスカイダイビングと違い、横に滑空することで得られる高揚感の虜になったイトウさんは、とことん速さを追求すべく、スカイダイバーからウイングスーツパイロットへと転身を遂げる。ときに命の危険にさらされながら、それでも「そこに空があるから」と、飽くなき“飛びたい欲求”を胸に、イトウさんが前人未到の記録を打ち立てるまでの激闘を見てい...more
カテゴリー:

「妊娠した」という連絡が届いて… 不倫カップルの「エグすぎる修羅場LINE」3つ - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 10月14日(水)21:15 

不倫カップルが修羅場を迎えたときには、想像を絶するほどのドロ沼な内容をLINEでやり取りするケースがあるようです。今回は複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな不倫カップルの修羅場LINEを3つご紹介します。文・並木まき1:他の不倫相手の子を妊娠「2年前に不倫していた頃、不倫相手からいきなり『妊娠した』とLINEが届いてびっくりしました。ですがよくよく話を聞いてみると、どうも僕とデートしていた日と計算が合わず、変だなと……。そこでLINEで真実を問い詰めたところ、僕以外の男性とも関係を持っていたことが発覚。しかも、そっちの男性も既婚者で……。どうやらその男性に妊娠を伝えたところ、いきなり音信不通になったそうで、それならば僕に責任をとらせようという魂胆だったようです。彼女の状況には同情しましたが、僕だって不倫関係な上にいきなり他人の子を自分の子として受け入れることはできず……。1か月ほどLINEでドロ沼なやりとりをし、かなり揉めましたが、結局僕から彼女に手切金を支払う形で関係を終えました」(47歳男性/経営)複数の既婚男性と関係を持っている女性が妊娠すると、問題が複雑になりがち。切羽詰まった女性からしつこくLINEが届き、困惑する不倫男性もいるようですね。2:援助打ち切りの仕返しに家庭にバラすと脅される「会社の業績が良かったときは不倫相手に金銭の援助をしていたのですが、最...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「音信不通」の画像

もっと見る

「音信不通」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる