「青森県沖」とは?

関連ニュース

三沢・小桧山市長が初登庁 F35A容認、月内に結論 - 06月18日(火)10:52 

2日投開票の三沢市長選で初当選した小桧山吉紀氏(69)が17日、市役所に初登庁した。青森県沖の太平洋に墜落した航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの飛行再開の容認に関し、記
カテゴリー:

F35A墜落 飛行再開判断は新市長に/三沢市 - 06月14日(金)08:34 

航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故で、同基地の鮫島建一司令が13日、三沢市役所を訪れ、舩見亮悦・市議会議長らに、10日に公表された事故の中間報告の概要を説明した。市幹部は終了後の取材に対し、同型12機の飛行再開に向けた判断について、新市長の小桧山吉紀氏が17日の初登庁以降に対応する-との見通しを示した。鮫島司令は議長室で、舩見議長、基地対策特別委の正副委員長、2会派会長の計5人と約30分間、非公開で事故原因と再発防止策の説明や質疑に臨んだ。説明の場…
カテゴリー:

【信濃毎日新聞】大量導入は必要なのか F35戦闘機 北朝鮮は曲がりなりにも非核化交渉に臨んでいる ネット「妄想新聞」「キチガイ新聞 - 06月11日(火)18:04  seijinewsplus

https://anonymous-post.mobi/archives/8709 青森県沖で消息を絶った最新鋭ステルス戦闘機F35Aを巡り、航空自衛隊が事故調査の中間報告をまとめた。  操縦士が機体の高度や姿勢を把握できなくなる「空間識失調」に陥り墜落した、と原因を推定している。「機体に異常が発生した可能性は極めて低い」とし、近く同型機の飛行を再開する。  安倍晋三政権は「F35」を計147機配備する方針でいる。安全性への懸念とともに、専守防衛の日本に高性能の戦闘機が大量に必要なのか、改めて疑問が募る。 略 既に採用が決まって...
»続きを読む
カテゴリー:

F35墜落 原因はパイロットの「空間識失調」機体姿勢の誤認か - 06月10日(月)13:27 

青森県沖で最新鋭のF35戦闘機が墜落した事故の原因について、航空自衛隊はパイロットが機体の姿勢を正しく認識できない状態に陥り、急降下していることに気付かなかった可能性が高いとする見解をまとめました。機体の不具合の可能性は極めて低いとして、航空自衛隊はF35の飛行再開を検討しています。
カテゴリー:

F-35A墜落事故、レーダー消失後もMADLが生きていたことが明らかに やはりバーディゴか… - 06月09日(日)21:31  poverty

空自三沢F35A墜落、人的エラー原因か 2019年6月8日更新  航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが、青森県沖太平洋上に墜落してあす9日で2カ月を迎える。防衛省は3日に捜索を打ち切るとともに、事故で中止していた同基地のF35Aの飛行訓練再開を目指す考えを示した。 操縦士の死亡が確認されたものの、原因究明の鍵を握るフライトレコーダー(FDR=飛行記録装置)のメモリー(記録媒体)が見つからない状況での捜索打ち切りと飛行再開は何を意味するのか。 肝心の事故原因として考えられるのは何なのか。これらの問いに対...
»続きを読む
カテゴリー:

F35A飛行再開判断月内に 小桧山三沢市長 - 06月17日(月)21:47 

三沢市の小桧山吉紀市長は就任初日の17日、市役所で開いた記者会見で、航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの青森県沖墜落事故を受け、飛行を中止している同型12機の飛行再開に向けた判断について「今月中に結論を出したい」と述べた。飛行再開について小桧山市長は、種市一正前市長と同様、市議会や三沢基地周辺町内連合会、三沢市連合町内会から意見を聞いた上で判断したい-と説明。「市民の安心安全のため、どうするべきか慎重に考えていきたい」と話した。基地に対する考え方については「『共存共栄』が基本姿勢…
カテゴリー:

青森県沖で墜落したF35Aの事故原因について、防衛.. - 06月13日(木)06:15 

青森県沖で墜落したF35Aの事故原因について、防衛省は「空間識失調」に陥ったパイロットの操縦ミスの可能性が高いと発表しました。専門家は「米国に配慮して、原因を機体ではなく急いで人為ミスにしたのでは」と推測します。…
カテゴリー:

F35A墜落 原因はパイロットの「空間識失調」か .. - 06月10日(月)19:33 

F35A墜落 原因はパイロットの「空間識失調」か 青森県沖で最新鋭のF35A戦闘機が墜落した事故の原因について、航空自衛隊はパイロットが機体の姿勢を正しく認識できない状態に陥り、急降下していることに気付かなかった可能性が高いとする…
カテゴリー:

F35、パイロットが平衡感覚失い墜落か 防衛省調査 - 06月10日(月)13:08 

 航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖で墜落した事故で、防衛省は10日、パイロットが平衡感覚を失う「空間識失調」に陥った可能性が高いとの調査結果を公表した。岩屋毅防衛相は、再発防止のため…
カテゴリー:

空自三沢F35A墜落、人的エラー原因か - 06月08日(土)08:58 

航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが、青森県沖太平洋上に墜落してあす9日で2カ月を迎える。防衛省は3日に捜索を打ち切るとともに、事故で中止していた同基地のF35Aの飛行訓練再開を目指す考えを示した。操縦士の死亡が確認されたものの、原因究明の鍵を握るフライトレコーダー(FDR=飛行記録装置)のメモリー(記録媒体)が見つからない状況での捜索打ち切りと飛行再開は何を意味するのか。肝心の事故原因として考えられるのは何なのか。これらの問いに対して、関係者の証言から浮かび上がるのはヒューマン…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「青森県沖」の画像

もっと見る

「青森県沖」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる