「青森県沖」とは?

関連ニュース

【F-35墜落事故】アメリカさんB52やU2に加え深海捜索船やシンガポールの民間船を投入し総力戦の模様 - 04月20日(土)15:08  poverty

F35墜落、原因究明で協力 防衛相、米長官代行と会談 ワシントン共同】岩屋毅防衛相は19日午後(日本時間20日未明)、 シャナハン米国防長官代行とワシントン郊外の国防総省で会談した。 航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの墜落事故を受け、 機体捜索と原因究明に向けた協力で一致。岩屋氏は会談後、米側が墜落現場である 青森県沖の太平洋に深海捜索船を派遣することを記者団に明らかにした。 岩屋氏は会談で、自衛隊と連携し機体の捜索活動を展開した米軍に謝意を表明。 「日米の絆を一層、強固にする」と述べた。記者...
»続きを読む
カテゴリー:

【F35A墜落】米国が青森沖に、深海捜索船を派遣へ - 04月20日(土)11:46  newsplus

岩屋毅防衛相は19日午後(日本時間20日未明)、シャナハン米国防長官代行とワシントン郊外の国防総省で会談した。航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの墜落事故を受け、機体捜索と原因究明に向けた協力で一致。岩屋氏は会談後、米側が墜落現場である青森県沖の太平洋に深海捜索船を派遣することを記者団に明らかにした。 岩屋氏は会談で、自衛隊と連携し機体の捜索活動を展開した米軍に謝意を表明。「日米の絆を一層、強固にする」と述べた。記者から中国による機体回収の可能性を問われ「しっかり監視しながら捜索活動を続けている...
»続きを読む
カテゴリー:

F35墜落原因究明で協力 岩屋防衛相、米長官代行と会談 青森沖に深海捜索船 - 04月20日(土)08:11 

 岩屋毅防衛相は19日午後(日本時間20日未明)、シャナハン米国防長官代行とワシントン郊外の国防総省で会談した。航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの墜落事故を受け、機体捜索と原因究明に向けた協力で一致。岩屋氏は会談後、米側が墜落現場である青森県沖の太平洋に深海捜索船を派遣することを記者団に明らかにした。
カテゴリー:

三沢市議会、国に再発防止を要請/F35A墜落 - 04月19日(金)15:27 

航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故を受け、三沢市議会の基地対策特別委員会が19日午前、開かれた。来週、防衛省と東北防衛局を訪れ、岩屋毅防衛相と伊藤茂樹東北防衛局長宛てに、原因究明と再発防止を求める要請文を種市一正市長と舩見亮悦議長の連名で提出することを決めた。委員からは不安の声が相次いだ。小比類巻雅彦委員(市民クラブ)は「安全な飛行機だと思っていた中、市民に不安を与えた」と指摘。F35Aの過去の緊急着陸件数を防衛省が3回から7回に訂正したことについ…
カテゴリー:

青森沖のF35A引き揚げか? 那覇軍港に深海作業船「ファン・ゴッホ」が入港 - 04月18日(木)22:36  news

那覇市の那覇軍港に、深海作業支援船「ファン・ゴッホ」=写真=が停泊しているのが17日までに確認された。 バハマ船籍の民間船で米軍がチャーターしているとみられる。 在日米軍を監視する市民団体リムピースの頼和太郎編集長によると、「ファン・ゴッホ」は3千メートルの海底から物をつり上げるクレーンを装備している。 頼編集長は4月に発生した航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故に言及し、「F35Aの引き揚げのために寄港しているのではないか」との見方を...
»続きを読む
カテゴリー:

【ガンダム】「那覇軍港に来たレウルーラ」 真っ赤な深海捜索船を、墜落した「F35A」捜索回収に投入 - 04月20日(土)12:18  newsplus

 4月15日、Twtterでは「沖縄県の那覇軍港にレウルーラが居る」と話題になりました。レウルーラとはアニメ映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」に登場する真っ赤な宇宙戦艦のことですが、同じように真っ赤に塗装された船が停泊していたのです。  それはシンガポールに本拠を置くウルトラディープソリューション(UDS)社の潜水支援船「ヴァン・ゴッホ」でした。潜水支援船とは海底油田など海底に機材を建設する際に使う船のことで、船尾に大型のクレーンやウィンチを搭載し水中に機材を降ろす作業を行います。操船を行うブリッジの上...
»続きを読む
カテゴリー:

F35墜落、米国が深海捜索船を派遣へ 防衛相米長官代行と会談 - 04月20日(土)09:17 

 岩屋毅防衛相は19日午後(日本時間20日未明)、シャナハン米国防長官代行とワシントン郊外の国防総省で会談した。航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの墜落事故を受け、機体捜索と原因究明に向けた協力で一致。岩屋氏は会談後、米側が墜落現場である青森県沖の太平洋に深海捜索船を派遣することを記者団に明ら
カテゴリー:

<社説>空自F35A墜落 欠陥あれば調達見直しを - 04月20日(土)06:01 

 航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが9日に青森県沖の太平洋に墜落してから10日余が経過した。依然として原因は明らかになっていない。機体の欠陥、人為的ミスのいずれかに起因するとみられる。  航空自衛隊は事故後、同型機の飛行を停止した。万一、陸上に落ちていれば大惨事を引き起こすところだ。...
カテゴリー:

三沢市、再発防止要請へ F35A墜落事故で防衛相に - 04月19日(金)12:57 

 青森県三沢市議会は19日、基地対策特別委員会を開き、航空自衛隊三沢基地(同市)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故を受け、岩屋毅防衛相宛てに再発防止や早期の事故原因究明を求める要請書を提出する方針を決めた。
カテゴリー:

【F35A墜落】青森沖の機体を引き揚げか 深海作業支援船「ファン・ゴッホ」が停泊 沖縄防衛局「現在米側に確認中」那覇軍港 - 04月18日(木)19:09  newsplus

青森沖のF35A引き揚げか 深海作業支援船が停泊 那覇軍港  那覇市の那覇軍港に、深海作業支援船「ファン・ゴッホ」=写真=が 停泊しているのが17日までに確認された。バハマ船籍の民間船で 米軍がチャーターしているとみられる。  在日米軍を監視する市民団体リムピースの頼和太郎編集長によると、「ファン・ゴッホ」は3千メートルの海底から物をつり上げる クレーンを装備している。  頼編集長は4月に発生した航空自衛隊三沢基地(青森県)の 最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故に 言及...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「青森県沖」の画像

もっと見る

「青森県沖」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる