「青山新」とは?

関連ニュース

なんで北海道大学、東北大学って関東民多いんや? - 09月20日(日)13:02  livejupiter

名大や阪大にも散らばらないとおかしいだろ ちな北海道大学 130 札幌北 92 札幌南 77 札幌東 64 札幌西 40 旭川東 37 札幌旭丘 34 帯広柏葉 20 室蘭栄 湘南 横浜翠嵐 19 浦和 18 北見北斗 都立西 17 札幌国際情報 16 札幌啓成 国立 15 札幌月寒 春日部 14 北広島 釧路湖陵 秋田 船橋 13 水戸第一 青山 新潟 金沢泉丘 12 旭川北 川越 戸山 11 苫小牧東 函館中部 富山 10 仙台第二 宇都宮 千葉 岡崎 ...
»続きを読む
カテゴリー:

天樹(東山紀之)らが直面する驚がくの真相…タワーマンションの庭に入り浸っていた老人の人生 - 09月16日(水)09:33 

東山紀之演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑むドラマ『刑事7人』。9月16日(水)放送の第7話では、溝にはまって死亡したホームレスの老人(斉木しげる)が見つかる。一日中、タワーマンションの庭に入り浸っていたという老人。彼は住人の弱みを握って脅迫し、その報復で殺されたという見方が強まる。どす黒い思惑が渦巻くタワーマンションの実態が明らかになるとともに、ひも解かれていく老人の人生。天樹悠(東山紀之)ら専従捜査班は、驚がくの真相に直面する。◆第7話あらすじ深い溝にはまって死亡しているホームレスの老人(斉木しげる)が見つかった。被害者の老人が現場近くのタワーマンションの庭にあるベンチに一日中座っていたという目撃情報を得た専従捜査班の天樹悠(東山紀之)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)は、タワーマンションの住人に聞き込みを開始する。佐藤和子(赤間麻里子)という主婦が、マンションの過去の騒動について語りだした。それによると元大学准教授の田中実(六角慎司)が未成年の女子学生を自宅に連れ込む写真をSNSに投稿されてクビになり、マンションを出て行かざるをえなくなったというのだが…。天樹は、その画像が被害者の老人が座っていたベンチから撮影されたものだと気づく。さらに、会社経営者の高橋清(増田修一朗)が老人ともめていたという証言も出て...more
カテゴリー:

A.B.C-Z河合郁人、久々のドラマ出演!『刑事7人』で「なかなか癖のある役」に - 09月02日(水)10:28 

東山紀之演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑むドラマ『刑事7人』。9月9日(水)放送の第6話に、華麗なダンスとアクロバットで人々を魅了するA.B.C-Zの河合郁人がゲスト出演することが決定した。ジャニーズなのにジャニーズ大好き、好きが高じたマニアックな視点で繰り広げる“ジャニーズものまね”で、現在バラエティ番組にも引っ張りだこの河合だが、今回は本格的な演技に挑戦。久々のドラマ出演となる本作で、なにやら一癖も二癖もありそうな“情報屋”百田浩二を演じる。専従捜査班の青山新(塚本高史)が、殺人事件の容疑者になってしまうというスリリングな展開が待ち受ける第6話。情報屋の百田はどんな動きを見せるのか。監督と相談しながら細部にまでこだわったという河合。撮影を終えて、「ドラマの経験がほとんどないので緊張しましたが、皆さんに助けていただいて楽しくお芝居させていただきました」と、にこやかにコメントした。◆「テレレン♪ストレッチ」は河合が考案!東山紀之、田辺誠一、倉科カナ、白洲迅、塚本高史、吉田鋼太郎、北大路欣也の7人が、テレレン、テレレン♪と流れる、おなじみのテーマ曲に合わせて、全身を癒やすストレッチを紹介する動画「テレレン♪ストレッチ」。最後には決めポーズもあるなど、骨太なドラマの世界観とのギャップが「カワイイ!」と、SNSで話題を呼...more
カテゴリー:

山野楽器の演歌まつりが全国どこからでも楽しめる動画配信イベントに!『元祖どこでも演歌まつり』 開催決定 - 09月18日(金)10:00 

株式会社山野楽器(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長 山野政彦)は、コロナ禍の中、大きな反響のあった『おうちで演歌まつり』に続き、この秋、初めての動画配信イベント『元祖どこでも演歌まつり』を開催いたします。   山野楽器の恒例イベント『元祖ぎんざ演歌まつり』が、今秋は『元祖どこでも演歌まつり』として開催決定!! 新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、例年春と秋に開催していた『元祖ぎんざ演歌まつり』がこの春は中止が決定。そこで『おうちで演歌まつり』と題し、動画コメントを寄せていただき、閲覧回数合計10万回を超える大きな反響をいただきました。 この反響をうけ、引き続きお出掛けにも気をつかう今、演歌まつりがパワーアップ。『ぎんざ演歌まつり』の会場としておなじみの銀座本店 JamSpotで収録した、山野楽器でしか観ることができないライブ映像を”どこでも”好きな場所で楽しめる企画になりました。その名も『元祖どこでも演歌まつり』! 参加アーティストは現時点で27組を予定! パソコン、タブレット、スマートフォンを使って、簡単に視聴できます。アーティストの皆さんの素晴らしいステージを、堪能してください!   ◆元祖どこでも演歌まつり 【参加方法】 山野楽器 CD/DVD取扱各店およびオンラインショップにて、対象商品をお買い上げごとに、先着で対象アーティ...more
カテゴリー:

青山(塚本高史)が殺人犯として緊急手配!説得する仲間の言葉にショック受け「自分で何とかする」 - 09月09日(水)09:33 

9月9日(水)放送の『刑事7人』では、青山新(塚本高史)が殺人犯として緊急手配されてしまう。逃亡を続ける青山。彼は本当に無実なのか、逮捕するならいっそ自分たちの手で、そう苦悩する天樹悠(東山紀之)ら専従捜査班の仲間たち。絶体絶命の青山と、その逃亡劇をお届けする。◆第6話あらすじスナックで働く女性・一色朱子(野波麻帆)が、自宅で腹部を刺され死亡。天樹悠(東山紀之)ら専従捜査班が臨場し、室内を調べていると、血相を変えた野々村拓海(白洲迅)が飛び込んでくる。拓海が防犯カメラの映像を再生すると、慌てて立ち去る血まみれの青山新(塚本高史)が映し出される!しかも、現場には青山のスマホが落ちており、凶器の包丁に残っていたのは彼の指紋だけ。さらに、ほかにこの部屋を訪れた人物はいない…と、すべての状況が青山の犯行を指し示していることに、コンビを組む水田環(倉科カナ)をはじめ、専従捜査班のメンバーはぼう然…。追い打ちをかけるように、突然現れた捜査一課の今野誠司(大浦龍宇一)に、捜査から外れるよう命令されてしまう。殺人容疑で緊急手配が行われるなか、青山から専従捜査班に電話がかかってくる。「記憶がない…」と助けを求める青山だが、出頭するよう説得する仲間の言葉にショックを受け、「自分で何とかする」と言い残して電話を切ってしまう…。そんななか、凶器の包丁が被害者自身のものにもかかわらず、青山の指紋しか残ってい...more
カテゴリー:

「青山新」の画像

もっと見る

「青山新」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる