「電子契約サービス」とは?

関連ニュース

エンジニアも知っておきたい電子契約導入ポイント - 11月26日(木)05:00 

電子契約サービス導入のポイント、「セキュリティ」「汎用(はんよう)性」「管理性」「コストパフォーマンス」を解説する。
カテゴリー:

電子契約市場、2024年まで平均4割弱拡大--行政の対応も追い風 - 11月25日(水)06:45 

矢野経済研究所が電子契約サービス市場調査を発表。進みつつあった導入がコロナ禍で加速している。
カテゴリー:

【矢野経済研究所プレスリリース】電子契約サービス市場に関する調査を実施(2020年)2019年の電子契約サービスの市場規模は前年比74.4%増の68億円 - 11月24日(火)13:00 

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の電子契約サービス市場を調査し、市場概況やサービス参入企業の動向、普及動向、将来展望を明らかにいたしました。1.市場概況2019年の国内電子契約サービス市場規模は、事業者売上高ベースで前年比74.4%増の68億円と推計した。電子契約サービスそのものや、その信頼性に問題が無いことなどに対する認知が広がっており、また雇用条件通知書が電子化されたことなどから、市場は順調に成長している。2.注目トピック~電子契約サービスの全社導入が進む新型コロナウイルスの感染が拡大した2020年4月に、GMOインターネットグループが顧客が手続する際の印鑑廃止と、取引先との契約を電子契約のみとすることを表明したことは、電子契約サービス業界に大きなインパクトを与えた。これに続いた企業も数多くあったと推測する。そのため、2020年上期には電子契約サービスを採用する企業や、サービスの適用範囲を広げた企業が急増した。規模別に採用企業をみると、やはり大企業の導入が中心だが、中小企業における導入/検討も進んでいる。中小企業のデジタル化は思うようには進展していないところもあるが、コロナ禍により、電子契約サービスをトップダウンで進める企業が増えたことも追い風になっている。また、電子契約サービス導入による影響は法務部門だけが受けるものではないため、社内向けの文書から利用...more
カテゴリー:

東銀リース、捺印と電子署名の双方向で契約を締結できるサービスの実証実験、IoT印鑑を使用 | IT Leaders - 11月05日(木)12:12 

三菱UFJフィナンシャル・グループの持分法適用関連会社である東銀リースは2020年11月5日、同社が開発中のブロックチェーンベースの電子契約サービス上で、CryptoPieのIoT印鑑の実証実験を開始した。捺印と電子署名の双方向で契約を締結できる、利便性の高い電子契約の実現を目指す。IoT印鑑の製造は松島清光堂が行い、ハンコ文化とデジタルの融和を目指す。
カテゴリー:

電子契約サービス市場規模は2020年に100億円超に成長─矢野経済研究所 | IT Leaders - 11月25日(水)08:00 

矢野経済研究所は2020年11月24日、国内の電子契約サービス市場を調査し、市場概況やサービス参入企業の動向・普及動向・将来展望を発表した。2019年の電子契約サービスの市場規模は前年比74.4%増の68億円になる。テレワークの広がりで認知や必要性が拡大し、2020年は100億円超の市場へ成長する。
カテゴリー:

電子契約サービス市場、4年後は264億円規模に - 矢野経済研究所 - 11月24日(火)18:00 

矢野経済研究所は11月24日、国内の電子契約サービス市場について、市場概況やサービス参入企業の動向、普及動向、将来展望を発表した。同調査によると、2019年の国内電子契約サービス市場規模は、事業者売上高ベースで前年比74.4%増の68億円の推計になるという。
カテゴリー:

プロパティエージェントの評判は?メリット・デメリットや注意点も - 11月12日(木)22:09 

プロパティエージェントは東京エリアを中心に成長を続けている東証1部上場企業の不動産投資会社です。 高級賃貸マンションのクレイシアシリーズや中古マンション投資事業を手掛けているほか、最近では不動産クラウドファンディング事業も手がけるなど、先端IT技術によるソリューション事業にも積極的に取り組んでいる不動産会社です。 今回は、プロパティエージェントの評判やメリット・デメリットについて詳しく解説します。不動産投資会社選びの参考にお役立てください。 プロパティーエージェント 運営会社名 プロパティエージェント株式会社 運営サイトURL https://www.fudousantoshi-times.com/ 本社所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー41F 設立 2004年 代表取締役 中西 聖 資本金 5億7,891万円(2020年1月時点) 売上高 215億円(2019年3月期) 主要エリア 東京都23区・横浜 入居率 99.47%(2020年10月実績) プロパティエージェントのウェブサイトを見る 目次 プロパティエージェントとは 1-1.東京・横浜エリアを中心とした不動産会社 1-2.東証1部上場企業 1-3.マンションブランド「クレイシア」シリーズを展開、中古マンションの販売も 1-4.不動産クラウドファンディン...more
カテゴリー:

東銀リースとCryptoPieが印鑑・電子双方向で契約可能なブロックチェーン型電子契約の実証実験 - 11月05日(木)10:36 

三菱UFJフィナンシャル・グループの持分法適用関連会社「東銀リース」は11月5日、同社が開発中のブロックチェーン基盤の電子契約サービス上で、CryptoPieが保有するIoT印鑑に関する特許出願技術を用いたサービスを提供する実証実験を開始した。 CryptoPieの特許出願技術は、印鑑本体の押印事実を位置情報や回数、タイムスタンプなどの情報とともにブロックチェーンに記録・共有させるというもの。 両社は同サービス提供により、捺印と電子署名の双方向で契約を締結でき「紙と電子の契約書をシームレスにつなげ、一元管理できる」電子契約サービスの実現、利便性の高い電子契約の実現を目指す。 これにより取引先や業務に応じて紙と電子を使い分けることが可能となるため、電子契約導入のハードルを大きく下げ、昨今のデジタル化の潮流をより一層加速させるとしている。 なお、IoT印鑑の製造は創業98年の老舗印章店「松島清光堂」が行い、ハンコ文化とデジタルの融和を目指し検証に参加する。 東銀リースは、ファイナンスサービスを通じて顧客課題と向き合っており、さらに今後は社会的なDX推進の観点から、各業界の課題に対しより多角的・直接的なソリューションを提供すべく、独自のブロックチェーン基盤上に展開する新サービスの開発に着手。 その第1弾として、従来の第三者機関による認証方式である電子証明書/PKIに依らない、ブロックチ...more
カテゴリー:

「電子契約サービス」の画像

もっと見る

「電子契約サービス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる