「雇用保険」とは?

関連ニュース

働くママの育児を助ける!育児休業給付金 - 06月26日(水)17:30 

育児休業給付金は、赤ちゃんを育てながら働くママの育児休業中の生活をサポートしてくれる雇用保険の制度です。通常は赤ちゃんが1歳になるまでですが、2017年10月からは保育園が見つからないなどの事情があっ…
カテゴリー:

知らぬは災いのもと。業務請負や業務委託は従業員と何が違う? - 06月19日(水)23:05 

人材確保が簡単ではない昨今、仕事の一部を業務請負や業務委託に頼る企業が増え続けていますが、意外とトラブルも多いようです。今回の無料メルマガ『採用から退社まで! 正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ』では著者で現役社労士の飯田弘和さんが、そんなトラブルを予防するため、企業側が普段から気をつけるべきポイントをレクチャーしてくださっています。 業務請負や業務委託の注意事項 業務請負や業務委託契約によって働いていた者が、いきなり「自分は労働者である」として残業代を請求してくるケースがあります。それまで、業務請負や業務委託によって高額な報酬を得ていたにも関わらず、労働者性を主張する者がいます。たとえば、契約に則った損害賠償請求や契約解除などがあった場合に、業務請負や業務委託ではなく労働者(従業員)であったとして、自らに有利になるような主張をします。 実際の働き方が労働者(従業員)と判断でき、その主張が正当であるものも存在しますが、中には、明らかに不当な主張であるとしか言えないようなものもあります。 会社は、このような不当な主張をはっきりと否定できるよう、業務請負や業務委託で働いてもらう際には、契約書の内容だけでなく、実際の働かせ方にも注意が必要です。 業務請負や業務委託と労働者(従業員)との一番大きな違いは、労基法などの労働法が適用されるかどうかという点。労働者(従業員)であれば、残業...more
カテゴリー:

自由か権利か……UberEats配達員のホンネ 「個人事業主だから労災や雇用保険の対象外」で紛糾 - 06月18日(火)06:37 

大都市圏で展開する飲食宅配代行サービス「UberEats」。配達員はアプリ経由で好きな時間に仕事ができるという最先端の働き方だが、「個人事業主」という立場で契約しているため、労災や雇用保険の対象にならないという問題が浮上している。労働組合結成に向けた動きも出るなか、自由と権利のバランスに揺れる配達員のホンネを聞いてみた。
カテゴリー:

30万円以下の罰金も。会社が熟知しておくべき賃金支払いの5原則 - 06月17日(月)17:00 

注意を払っているつもりでも、思わぬミスが発生してしまう社内での様々な手続き。時には退社した社員から訴訟をほのめかされることすらあります。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、30万円以下の罰金刑となることもある「労働基準法24条違反」と、その内容に関わる「賃金支払いの5原則」について詳しく解説しています。 賞与社会保険料の落とし穴 今日は、東京のお客様からの電話相談。6月の社労士事務所は、労働保険年度更新と、社会保険算定基礎届の手続きで忙しい季節です。 新米 「しょちょー、L社さんからお電話です!なんか様子がヘンなんですけど…」 所長 「どうした?とにかく電話に出るね」 L社部長「実は、社会保険料のことでご相談なんですが、退職月の賞与からは社会保険料は控除しなくていいんですよね?」 所長 「はい、月末退職でなければ、そうなりますが…」 L社部長「実は、昨年の12月に退職した者がいたんです。うちの場合、月末退職が原則なんですが、その人の希望で最終出勤日の28日退職になったんです」 所長 「そうなんですか、そうするとやはり社会保険料がかかるのは、前月分までになりますから、12月の賞与で社会保険料控除の必要はないですね」 L社部長「やっぱりそうなんですよね。うちでは、月末退職しか受け付けたことがなくて、今回のようなケースは、初めてなんです。だから、賞与から社会保険料控...more
カテゴリー:

本音を言うが消費税25%になってお前らが苦しんで死ぬのがすごく楽しみだ、弱者は死ね - 06月16日(日)00:50  news

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45958770R10C19A6MM8000/ 10月の消費税増税を明記 政府、骨太素案を公表 最低賃金「早期に1000円」 2019年6月11日 19:00 政府は11日、経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の素案を公表した。今年10月に消費税率を10%に引き上げると明記した。 「海外経済の下方リスクが顕在化する場合には機動的なマクロ経済政策を躊躇(ちゅうちょ)なく実行する」と記し 、景気動向次第で経済対策を編成する方針も記した。 素案は「10月には消費税率の8%から10%への引き上げを予定している」と明...
»続きを読む
カテゴリー:

年収500万円の会社員、社会保険料はいくら? - 06月25日(火)17:30 

みなさんは、給与明細をじっくりと確認したことはありますか?「控除」の項目を見ると、「厚生年金」「健康保険」「介護保険」「雇用保険」といった社会保険料がお給料から天引きされていることがわかります(介護保…
カテゴリー:

台湾の国民負担率19.3%、OCED全加盟国以下=財政部 - 06月19日(水)00:00 

財政部(日本の財務省に相当)は今年、初めて台湾における国民負担率(租税負担と社会保障負担の合計が国民所得に占める割合)を発表した。それによると、2017年の11項目の社会保険及び退職年金の対国内総生産(GDP)比は6.5%で、所得に占める租税負担と社会保障負担を合わせた国民負担率は19.3%となった。   財政部がこのほど公表した国民負担率は、経済協力開発機構(OECD)の税収内訳及びガイドラインに従って計算されたもの。その範囲は、労働保険、雇用保険、公教人員保険(公務員、教職員対象の社会保険)、農民健康保健、全民健康保険(全市民対象の医療保険)、軍人保険、国民年金、労働基準法に基づく旧退職金制度、労働者退職金条例に基づく新退職金制度、旧軍人・公務員・教職員退職金年金基金(新法)、私立学校教職員退職年金・解雇手当積立基金にまで及ぶ。   台湾においては2006年から2017年まで、様々な社会福祉保険料率の調整があった。その影響から社会保険料は、2006年の6,555億台湾元(約2兆2,400億日本円)から2017年には1兆1,322億台湾元(約3兆8,700億日本円)となり、11年間で72.7%増加した。財政部が発表した2017年の最新統計結果によると、その内訳は全民健康保険が35.4%と最も高い割合を占め、次いで労働保険(26.3%)、労働者退職金条例に基づく...more
カテゴリー:

自由か権利か…ウーバーイーツ配達員のホンネ 「個人事業主だから労災や雇用保険の対象外」で紛糾 - 06月17日(月)20:32 

 東京、大阪など大都市圏で展開する飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」。配達員はアプリ経由で好きな時間に仕事ができるという最先端の働き方だが、「個人事業主」という立場で契約しているため、労災や雇用保険の対象にならないという問題が浮上している。労働組合結成に向けた動きも出るなか、自由と権利のバランスに揺れる配達員のホンネを聞いてみた。
カテゴリー:

自由か権利か…ウーバーイーツ配達員のホンネ 「個人事業主だから労災や雇用保険の対象外」で紛糾 - 06月17日(月)06:30 

 東京、大阪など大都市圏で展開する飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」。配達員はアプリ経由で好きな時間に仕事ができるという最先端の働き方だが、「個人事業主」という立場で契約しているため、労災や雇用保険の対象にならないという問題が浮上している。労働組合結成に向けた動きも出るなか、自由と権利のバランスに揺れる配達員のホンネを聞いてみた。
カテゴリー:

男性育休「義務化」は日本の男性をパパにするのか? - 06月14日(金)19:46 

6月5日自民党本部で行われた男性の育休「義務化」を目指す議員連盟発足に民間オブザーバーとして参加した。会場に入る廊下からマスコミのカメラが回り、各テレビ局にニュースとして大きく取り上げられた。5月の発起人会よりもさらにマスコミが増えているのは、ネットで炎上しているくるみん取得企業の「育休復帰から2日後の転勤命令によるパタハラ疑惑」と、前日の男性育休取得率発表があったからだろう。「男性育休義務化」というテーマがこれだけマスコミが集まる時代になったのだ。 前日には厚労省から男性育休取得率の発表があり、前年から1%上がったものの、10年間周知し20億円もの周知事業の予算を使いつつ、10年間で1%台から6%までしか上がっていない。これは企業については「育休への周知義務」しかないからで、周知の限界が今回の「企業への義務化」につながるのではないだろうか?    育休の取得については男女ともに法律もあり、育休を取ることへの不利益取扱いの禁止もハラスメントの防止措置もある。しかし、男性が取ると、くるみん取得企業でも、パタハラと疑われるような転勤が言い渡される実態がある。取れない制度には意味はない。  義務化というと法制度の面から「女性も義務ではないのに、どうして男性だけ義務にするのだ」という声が必ずでる。議連が目指すところは、現在企業に対する周知義務しかないところを「...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「雇用保険」の画像

もっと見る

「雇用保険」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる