「集団行動」とは?

関連ニュース

専攻医より熟練した専任医の55%が病院に復帰の見込み=韓国(ハンギョレ新聞) - 04月22日(月)15:09 

 専攻医(インターン、レジデント)の集団行動の際に病院を去った専任医(フェロー)の一部が、医療現場に復帰しつつある。専任医は研修生である専攻医より熟練しているため、大病院の手術などに余裕ができるかが注
カテゴリー:

尹大統領「140分傾聴」専攻医代表「医療に未来はない」…意見の隔たり確認したのみ(ハンギョレ新聞) - 04月05日(金)10:39 

 「大韓民国の医療に未来はありません」。4日夜に大韓専攻医協議会(大専協)のパク・タン非常対策委員長が、専攻医による集団行動の開始から45日たって初めて尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と会談した後に示し
カテゴリー:

医大生、集団留年か…大学、5月まで休暇延長「苦肉の策」=韓国(ハンギョレ新聞) - 04月02日(火)10:09 

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は1日、国民向け談話で、医学部定員2千人増員の意向を改めて表明し、医学教育界が増員前に教育の質を担保する案を出すよう求めた。医学部がある大学では、医大生の集団行動が1カ
カテゴリー:

なぜ、3歳の女の子は亡くなってしまったのか?韓国全土を騒然とさせた事件 - 04月11日(木)15:36 

大学病院の転院拒否の末、死亡してしまった3歳の女の子。この事件が韓国で大きな衝撃を与えています。無料メルマガ『キムチパワー』の著者で韓国在住歴30年を超え教育関係の仕事に従事している日本人著者が、その詳しい内容とこの事件で見えてきた市民と医療界の視点の「乖離」について語っています。 転院拒否の末に死亡した3歳の女児事件 忠清北道報恩で溝に落ちて心停止状態で救助されたが、大学病院の転院拒否の末に死亡した3歳の女児事件と関連し、当時子供のそばを守っていた救急室の当直医師の録音記録が公開された。録音記録には、該当医師が「やるところまではやってみなければならないのではないか」と119状況室に助けを要請する内容が盛り込まれた。 報恩漢陽病院の救急救命室の当直医師A氏が事件当日の先月30日、119状況室と通話した録音記録を9日、朝鮮日報が公開した。報道によると、当時A氏は大学病院の度重なる全員拒否に「このように(生命が)消えるのを見ることはできないのではないか」とし、「助けなければならないのでなんとか助けてほしい」と119状況室要員に訴えた。 当時、緊迫した状況は録音記録を通じてそのまま伝えられた。心肺蘇生法(CPR)で子供の呼吸が戻ってきたが、近くの大学病院で全て「小児集中治療病床がない」などの理由で子供の移送を拒否すると、A氏が結局119状況室に助けを求めたのだ。当時、A氏は直接、あるいは...more
カテゴリー:

「尹大統領が2千人増員変更交渉を公式化しなければ、医政対話は始まらない」(ハンギョレ新聞) - 04月03日(水)15:58 

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が集団行動中の専攻医(インターン、レジデント)に自ら会うと表明した。医学部教授の団体による「大統領は専攻医団体の代表に直に会ってほしい」との要求を、尹大統領が受け入れた
カテゴリー:

こんなの見てる