「院内感染」とは?

関連ニュース

【医療】抗生物質の効かない耐性菌「スーパーバグ」に大麻が効く? カンナビジオールが耐性菌対策のカギになりそうだという研究 - 07月29日(月)22:16  newsplus

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/07/post-12629.php ■Cannabis Might Fight Superbugs <大麻に含まれるカンナビジオールが耐性菌対策のカギになりそうだという研究が>  抗生物質が効かない「耐性菌」の広がりを食い止めようと科学者が知恵を絞るなか、意外な救世主候補が現れた。 大麻(マリフアナ)成分が、抗生物質も効きにくい細菌に有効である可能性が明らかになったのだ。 オーストラリアのクイーンズランド大学分子生物科学研究所のマーク・ブラスコビッチ上級研究員らの研究チームによると、細菌に効果...
»続きを読む
カテゴリー:

海外から病気が持ち込まれる?五輪まで1年、「マスギャザリング」のリスクとは 専門医に聞きました - 07月29日(月)11:32 

いよいよ開催まで1年を切った、オリンピック・パラリンピック。世界各国から多数のアスリートや観客が来訪し、チケットの販売数は全体で1,000万枚を超えると見込まれています。こうした状況の中で心配されているのが「感染症」の流行です。オリンピック・パラリンピックには国際色豊かな人が集まると予測され、日本にはない感染症を抱える人が来る可能性も否定できません。どのようなリスクが心配されているのか、観戦に行く人がしておいたほうが良い対策はあるのか。日本感染症学会専門医であり、東京都の感染対策部会委員を担当している忽那賢志さんに聞きました。Q)オリンピック・パラリンピックにおいて、なぜ感染症の流行が心配されているのでしょうか?(忽那)狭い空間に一度に多くの人が集まるからです。極端な例ですが、満員電車や学校の教室など、多くの人が狭い空間に集まる状況ではインフルエンザなどの感染症がひろがりやすくなりますよね。オリンピック・パラリンピックでは、会場となる競技場やその周辺に、多数の国から観客やスタッフなどが集まります。ワクチン政策や感染症の流行状況の異なる国々から感染症が持ち込まれ、流行が広がることが懸念されています。こうした状況は「マスギャザリング(集団形成)」と呼ばれます。日本集団災害医学会の定義によれば「一定期間、限定された地域において、同一目的で集合した多人数の集団」となっています。Q)感染症と...more
カテゴリー:

「院内感染」の画像

もっと見る

「院内感染」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる