「阻害要因」とは?

関連ニュース

【石油・エネルギー業界】他社牽制力ランキング2019 トップ3は出光興産、大阪ガス、JXTGエネルギー - 08月11日(火)11:00 

株式会社パテント・リザルトは8月11日、独自に分類した石油・エネルギー業界の企業を対象に、2019年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「石油・エネルギー業界 他社牽制力ランキング2019」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2019年に最も引用された企業は出光興産、次いで大阪ガス、JXTGエネルギーとなりました。※当ランキングでは、企業グループ作成のため、以下の企業を名寄せしています。出光興産 出光興産、昭和シェル石油EXXONMOBIL EXXONMOBIL、EXXONMOBIL CHEMICAL PATENTS EXXONMOBIL RESEARCH AND ENGINEERING 1位 出光興産の最も引用された特許は「有機エレクトロルミネッセンス素子および有機エレクトロルミネッセンス素子用材料」に関する技術で、ROHM AND HAAS ELECTRONIC MATERIALS KOREAの計3件の審査過程で引用されています。 2019年に出光興産の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、半導体エネルギー研究所(95件)、ROHM AND HAAS ELECTRONIC MATERIALS K...more
カテゴリー:

【情報通信業界】他社牽制力ランキング2019 トップ3はNTT、NTTドコモ、KDDI - 08月06日(木)11:00 

株式会社パテント・リザルトは8月6日、独自に分類した情報通信業界の企業を対象に、2019年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「情報通信業界 他社牽制力ランキング2019」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2019年に最も引用された企業はNTT、次いでNTTドコモ、KDDIとなりました。※当ランキングでは、企業グループを考慮した名寄せ情報を用いて計算しています(詳細は弊社HPをご覧ください)。 1位 NTTの最も引用された特許は「顕微鏡画像遠隔制御システム」に関する技術で、LEICA BIOSYSTEMS IMAGINGの4件、ソニーの1件の合計5件の審査過程で引用されています。このほかには「太陽光発電システム評価装置、方法、およびプログラム」に関する技術などが引用された件数の多い特許として挙げられます。 2019年にNTTの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、NEC(95件)、次いで富士通(78件)、KDDI(58件)となっています。 2位 NTTドコモの最も引用された特許は「基地局、移動局、参照信号送信方法及びチャネル品質測定方法」に関する技術で、HUAWEI TECHNOLOGIESなどの...more
カテゴリー:

ビッグデータ・アナリティクスの市場規模、COVID-19の影響で減速するも、2023年にはCAGR12.99%でV字回復 熟練した労働力不足が阻害要因 - 08月03日(月)15:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ビッグデータ・アナリティクスの世界市場 - COVID-19による成長と変化:2020年~2030年」 (The Business Research Company) の販売を8月3日より開始いたしました。
カテゴリー:

【窯業業界】他社牽制力ランキング2019 トップ3はAGC、TOTO、日本ガイシ - 08月03日(月)11:00 

株式会社パテント・リザルトは8月3日、独自に分類した窯業業界の企業を対象に、2019年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「窯業業界 他社牽制力ランキング2019」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2019年に最も引用された企業はAGC、次いでTOTO、日本ガイシとなりました。 1位 AGCの最も引用された特許は「車両用合せガラス」に関する技術で、積水化学工業の特許2件への拒絶理由としてなど、合計6件の審査過程で引用されています。このほかには「作動媒体および熱サイクルシステム」に関する技術などが引用された件数の多い特許として挙げられます。 2019年にAGCの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、CORNING(47件)、次いで日本電気硝子(45件)、ダイキン工業(36件)となっています。 2位 TOTOの最も引用された特許は「水栓及びその製造方法」に関する技術で、LIXILの4件の審査過程において引用されています。このほかには「水栓兼用手すりの構造」に関する技術や「吐水装置」に関する技術などが引用された件数の多い特許として挙げられます。 2019年にTOTOの特許によって影響を受けた件数が最も多...more
カテゴリー:

【医薬品業界】他社牽制力ランキング2019 トップ3はMERCK、BAYER、ROCHE - 07月27日(月)11:30 

株式会社パテント・リザルトは7月27日、独自に分類した医薬品業界の企業を対象に、2019年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「医薬品業界 他社牽制力ランキング2019」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2019年に最も引用された企業はMERCK(独・メルク)、次いでBAYER、ROCHE(F.HOFFMANN LA ROCHE)となりました。 1位 MERCKの最も引用された特許は「化合物および有機エレクトロルミッセンス素子」に関する技術で、半導体エネルギー研究所の4件など、計7件の審査過程で引用されています。このほかには「T細胞機能不全疾患及び癌の治療のための抗PD-L1抗体」に関する技術などが引用された件数の多い特許として挙げられます。2019年にMERCKの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、DIC(28件)、次いでJNCとLG CHEM(いずれも23件)となっています。 2位 BAYERの最も引用された特許は「情報層中に吸光性化合物としてメロシアニン色素を含有する光学データ記録媒体」に関する特許で、LANXESSの4件を含む計5件の審査過程において引用されています。このほかには、「粘性...more
カテゴリー:

デジタル時代を生きる競争力を磨く「業務可視化」オンライン学習コンテンツ『RoboRoid-HIT.s e-learning』 - 08月07日(金)08:00 

2020年8月7日 ワークスアイディ株式会社     報道関係各位     2020年8月7日 ワークスアイディ株式会社   デジタル時代を生き抜く競争力を磨く「業務可視化」の オンライン学習コンテンツ『RoboRoid-HIT.s e-learning』提供開始   RPA導入支援・ITソリューション・データサイエンス・人材サービスのクロスファンクションによるDX事業を展開するワークスアイディ株式会社(代表取締役社長:池邉竜一、本社:東京都渋谷区、以下ワークスアイディ)は、業務可視化サービス『RoboRoid-HIT.s』のオンライン学習コンテンツ『RoboRoid-HIT.s e-learning』を2020年8月7日より提供開始いたします。   「Withコロナ」「アフターコロナ」の世界を生き抜き競争力を維持するためには、DX(デジタルトランスフォーメーション)による既存のサービスやビジネスモデルの変革・再構築が必要不可欠であり、ビジネスモデルを変革するためには、業務を可視化し課題を明確化したうえで、ビジネスプロセスの再構築をしていくことが重要です。    ワークスアイディの『RoboRoid-HIT.s』は、可視化を通じて「業務の把握」を行い、阻害要因を発見し無駄を解消するべく「業務プロセスの改善」と「...more
カテゴリー:

アマゾンによるオンデマンド料理配達アプリDeliverooの16%株式取得を英当局が承認 - 08月05日(水)11:45 

ようやく正式なものとなった。Amazon(アマゾン)のCEOであるJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏が、同氏のeコマース帝国のマーケットパワーを懸念する米国の議員から変な質問責めにあった(未訳記事)数日後、英国の競争・市場庁(CMA)はアマゾンによる英国のオンデマンドフードデリバリーアプリであるDeliverooの16%株式取得を承認した。 CMAは、この件について15カ月にわたって調査してきた。調査第1段階を12月に終了した際、懸念が残るために第2段階の調査を行うことを決めた。アマゾンがオンラインレストランフードマーケットに再参入し、「英国におけるオンラインコンビニエンスグローサリー配達マーケットでさらにシェアを拡大する」ことを認めるべきかどうかを吟味するというものだ。 CMAが作業を開始してほどなくして、新型コロナウイルス(COVID-19)が欧州を襲った。新型コロナがDeliverooの事業に影響を及ぼしたように、調査も影響を受けた。当初、新型コロナの影響はネガティブなものでDeliverooはアマゾンの株式取得なしでは倒産する、と主張した。CMAはDeliverooを「破綻会社」として扱い、Deliverooのマーケットからの撤退が競争を悪化させることになるとして同社の意見に同意した。そして2020年4月にアマゾンのDeliveroo株取得を暫定的に承認した(英国政府...more
カテゴリー:

ビッグデータ・アナリティクスの市場規模、COVID-19の影響で減速するも、2023年にはCAGR12.99%でV字回復 熟練した労働力不足が阻害要因 - 08月03日(月)15:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ビッグデータ・アナリティクスの世界市場 - COVID-19による成長と変化:2020年〜2030年」 (The Business Research Company) の販売を8月3日より開始いたしました。
カテゴリー:

【ゴム製品業界】他社牽制力ランキング2019 トップ3はブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム - 07月30日(木)11:00 

株式会社パテント・リザルトは7月30日、独自に分類したゴム製品業界の企業を対象に、2019年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「ゴム製品業界 他社牽制力ランキング2019」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2019年に最も引用された企業は、ブリヂストン、次いで住友ゴム工業、横浜ゴムとなりました。※当ランキングでは、以下の企業をMICHELINグループとしています。 SOCIETE DE TECHNOLOGIE MICHELIN、MICHELIN、MICHELIN RECHERCHE ET TECHNIQUE 1位 ブリヂストンの最も引用された特許は「空気入りタイヤ」に関する技術で、TOYO TIREの6件の審査過程で引用されています。このほかには「ゴム組成物及びそれを用いた空気入りタイヤ」に関する特許などが引用された件数の多い特許として挙げられます。 2019年にブリヂストンの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は、住友ゴム工業(111件)、次いで横浜ゴム(78件)、TOYO TIRE(68件)となっています。 2位 住友ゴム工業の最も引用された特許は「自動二輪車用タイヤ」に関する技術で、ブリヂス...more
カテゴリー:

「阻害要因」の画像

もっと見る

「阻害要因」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる