「防災対策」とは?

関連ニュース

現実路線で防災対策促す 政府の南海トラフ津波確率 - 01月24日(金)19:48 

南海トラフ地震は広大な震源域のうち東西の片方だけ断層が動くタイプや、両方が同時に動くケースなど地震の場所や規模は多様だ。津波の高さはそれぞれ異なり、次にどのよう…
カテゴリー:

防災用緊急告知ラジオ 一般販売へ 20年度から岡山市 迅速避難促す - 01月23日(木)19:28 

 岡山市は2020年度から、台風や地震などの緊急情報を受信すると自動的に起動する緊急告知ラジオを一般販売する。西日本豪雨を踏まえた防災対策の一環。これまで町内会や小中学校に配備してきたが、各戸に置いて...
カテゴリー:

「プレミスト西金沢ステーションフロント」概要決定 - 01月23日(木)10:07 

2020年1月23日 大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 芳井敬一 大阪市北区梅田3-3-5 ■ 北陸3県初の「高層ZEH-M」認定を取得した環境配慮型分譲マンション 「プレミスト西金沢ステーションフロント」概要決定  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、石川県金沢市において、分譲マンション「プレミスト西金沢ステーションフロント」を建設中ですが、その概要が決定しましたのでお知らせします。  なお、本物件は2020年1月25日(土)にマンションギャラリーをオープンし、同年2月中旬より販売を開始します。  「プレミスト西金沢ステーションフロント」は、環境省が実施した「令和元年度 高層ZEH-M支援事業」(※1)に採択された、北陸3県で初めてのZEH(※2)マンションです。  当マンションは、エコキュートやヒートポンプを採用した床暖房一体化の高効率エアコンなどで省エネ性能の向上を図り、同一規模の一般的な共同住宅(※3)と比較してエネルギー消費量を30%以上削減することができます。  今後も当社は、脱炭素社会化の実現に向けて新築マンションのZEH化を図っていきます。 ※1.「高層ZEH-M支援事業」とは、賃貸住宅や分譲マンションのZEH化を促進するために費用の一部を補        ...more
カテゴリー:

知らないと怖いマンションタイプ別災害リスクについてマンション管理組合向け「防災対策セミナー」を開催! - 01月17日(金)10:00 

業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)、マンション管理組合向けコンサルティングを行う“不動産の達人”株式会社さくら事務所(所在地:東京都渋谷区/社長:大西 倫加)では、2月5日(水)にマンション管理組合向け「防災対策セミナー」を開催いたします。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203190/LL_img_203190_1.jpg 過去のセミナーの様子 多くの死者を出した阪神・淡路大...
カテゴリー:

発生が懸念される南海トラフの巨大地震。東海から.. - 01月16日(木)10:03 

発生が懸念される南海トラフの巨大地震。東海から四国の陸地から遠く離れた海底で、プレートの境目がゆっくり動く「スロースリップ」という現象が起きているのが初めて捉えられました。巨大地震のメカニズムの解明や防災対策につながるのか期待されます。
カテゴリー:

南海トラフ地震の津波確率 71市区町村で「非常に高い」 国が初公表 - 01月24日(金)17:33 

 政府の地震調査委員会は24日、近い将来の発生が懸念される南海トラフの地震に伴う津波の確率を公表した。主に東海から九州地方にかけての太平洋沿岸の広い範囲で、今後30年以内に高さ3メートル以上の大津波が非常に高い確率で押し寄せるとした。国が津波の確率を算出したのは初めてで、防潮堤の整備などの防災対策に役立てるよう求めた。
カテゴリー:

アーバネット防災プログラム(台風対策)策定について - 01月23日(木)12:30 

株式会社アーバネットコーポレーションは、東京都内を開発エリアとし、投資用ワンルームマンションの開発・1棟卸を中核事業とするマンションデべロッパーであり、企業理念として「人々の安全で快適な『くらし』の提案を行い、豊かで健全な社会の実現」を掲げております。令和元年の台風第15号・第19号の激甚災害により、マンション住民は窓ガラスの破損・浸水・停電等の被害を受けました。特に、マンション供給の多い首都圏において、大きな被害を経験したことは記憶に新しく、エンドユーザーの防災意識も急速に高まっております。そこで、当社では上記の企業理念にもとづき、自社開発の投資用ワンルームマンションに台風対策を取り入れた「アーバネット防災プログラム」を2020年1月22日に策定いたしました。一般的に地震災害の対策はファミリーマンションで標準化されていますが、台風対策は進んでおらず、今回の台風被害を受け、防災対策が検討されております。さらに、投資用ワンルームマンションにおきましては、区分所有者が実際に住んでいないという物件の性質上、全体的な防災対策に遅れが見られております。しかし、東京都内の単身者は増加しており、ワンルームマンションの需要が増加していることから、ワンルームマンションの開発を中核事業とする当社では、台風対策の取組みは急務と考え、下記のことに取り組んでまいります。<アーバネット防災プログラム(ワンルー...more
カテゴリー:

訪日客の避難手順作成11% 市区町村の防災計画 - 01月21日(火)19:56 

観光庁は21日、外国人旅行者を対象とした自治体の防災対策に関する調査結果を発表した。市区町村の対策が十分に進んでいないことを示す内容で、訪日客の避難マニュアルを…
カテゴリー:

阪神大震災25年:阪神大震災25年 戦後初の大都市直下型地震 記憶と教訓、継承へ模索 - 01月16日(木)18:57 

 6434人が亡くなった阪神大震災の発生から17日で25年となる。戦後初の大都市直下型地震は、防災対策や被災者支援、復興計画のあり方など数々の課題を浮き彫りにする一方、全国からボランティアが集まり「ボランティア元年」という言葉も生まれた。被災地では現在、復興事業が終わろうとしているが、災害公営住宅(
カテゴリー:

【南海トラフ】「スロースリップ」 東海から四国沖合の海底で初確認 地震メカニズム解明へ - 01月16日(木)07:29  newsplus

発生が懸念される南海トラフの巨大地震。東海から四国の陸地から遠く離れた海底で、プレートの境目がゆっくり動く「スロースリップ」という現象が起きているのを東京大学と海上保安庁が初めて捉えました。巨大地震との関連性が注目されている現象で、メカニズムの解明や防災対策につながるのか期待されます。 今回、「スロースリップ」が確認されたのは、豊後水道沖や紀伊水道沖など合わせて7か所で、いずれも陸地から50キロ以上離れています。 海上保安庁は、南海トラフで想定される震源域や、その南の海底合わせて15か所ほどに...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「防災対策」の画像

もっと見る

「防災対策」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる