「閣僚級通商交渉」とは?

関連ニュース

米中閣僚級通商協議が再開、トランプ氏「非常に良い交渉だった」 - 10月11日(金)14:50 

[ワシントン 10日 ロイター] - 10日にワシントンで始まった米中の閣僚級通商交渉は、1日目の協議を終えた。トランプ米大統領は、極めて良好な交渉だったと述べたほか、中国の劉鶴副首相と11日にホワイトハウスで会談することを明らかにした。 ホワイトハウスによると、トランプ氏と劉副首相は米東部時間11日午後2時45分(日本時間12日午前3時45分)に会談する。 米経済団体幹部らは、米国が来週予定
カテゴリー:

今日の株式見通し=続伸、米中通商協議の進展期待から - 10月11日(金)08:27 

きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸が予想されている。始まった米中の閣僚級通商交渉が少なくとも部分的な合意に至るとの期待が高まり、これを追い風に10日の米国株が上昇。日本株も買い優勢で始まりそうだ。きょう算出されるオプションSQ(特別清算指数)の影響も大きくないとの見方が多い。ただ、3連休前であるため、後半は手控えムードに支配されるとの指摘もある。
カテゴリー:

韓国は誰も助けない。世界バブル崩壊で塗炭の苦しみを味わう隣国 - 10月01日(火)05:00 

国外に目を向ければこじれにこじれた対日関係、国内では法相に「強行指名」したチョ・グク氏を巡る問題と、窮地に立たされているかのようにも見える韓国の文在寅大統領。しかしまだこの先、文大統領を大きな試練が待ち受けているようです。今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、来たるべき世界的バブル崩壊時に韓国が襲われる「惨劇」を記しています。 米国は再度バブル拡大期に 米国経済の先行指標は上向いてきた。FRBは、短期レポ金利の金利管理をしっかりをする方向であり、利下げと債券の買取で景気を維持する方向にシフトするようだ。この政策の検討をする。 日米株価 NYダウは、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新したが、その後下落して、弾劾調査入りと中国企業のNY市場上場廃止を検討という情報で、下落して9月27日に26,820ドルになっている。株価の横バイが続いている。 米中通商交渉を楽観視していたが、トランプ・ツイートで、またひっくり返された。しかし、トランプ・ツイートの下落幅は、小さくなってきた。10月の閣僚級通商交渉の行方で株価も決まる。弾劾調査は、トランプ大統領と共にバイデン候補も傷つくことになる。 日経平均株価は、2018年10月2日24,448円になったが、以後低調で、12月26日18,948円と暴落し、8月26日20,173円になってしたが、その後、売り...more
カテゴリー:

情報BOX:米中摩擦、最近の動き - 10月11日(金)11:27 

10日にワシントンで始まった米中の閣僚級通商交渉は、1日目の協議を終えた。トランプ米大統領は、極めて良好な交渉だったと述べたほか、中国の劉鶴副首相と11日にホワイトハウスで会談することを明らかにした。
カテゴリー:

米株上昇、米中通商合意への期待で アップルが高い - 10月11日(金)06:29 

米国株式市場は上昇して終了。この日始まった米中の閣僚級通商交渉が少なくとも部分的な合意に至るとの期待が追い風となった。また、アップルが上昇し、相場押し上げに寄与した。
カテゴリー:

「閣僚級通商交渉」の画像

もっと見る

「閣僚級通商交渉」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる