「関連部門」とは?

関連ニュース

人間関係・収入・人生・幸せ・変化・自己受容、全てを叶える新時代のアウトプットとは?Amazonkindleで発売初日に12部門第1位を獲得した人気書籍はこの本。 - 12月09日(月)10:00 

「学びを結果に変えるアウトプット大全」「結局、人生はアウトプットで決まる」など、「アウトプット」をテーマにした本のベストセラーが続出している。12月3日に販売が開始された電子書籍新刊「人生が変わるアウトプットの技術」(株式会社運送経営改善社 高橋久美子著)も、アウトプットをテーマにした1冊。Amazonkindleにて電子書籍発売初日にベストセラーランキング12部門で第1位を獲得。経済学部門の新着1位経済思想・経済学説部門の売れ筋1位経済思想・経済学説部門の新着1位人文・思想・参考図書部門の売れ筋1位人文・思想・参考図書部門の新着1位ダイレクトマーケティング部門の売れ筋1位ダイレクトマーケティング部門の新着1位マーケティング部門の売れ筋1位マーケティング部門の新着1位資格検定部門の新着1位資格検定ビジネス関連部門の売れ筋1位資格検定ビジネス関連部門の新着1位ビジネス・人間関係・収入・人生・幸せ・変化・自己受容など、全てを叶える新時代のアウトプットとは?10年以上のコンサルタント経験を持ち、現在は「手ぶらリスト」として東南アジアを中心に旅生活を送る、女性アドレスホッパーの著者が、新時代のアウトプットと「手放す生き方」を、理論と実例から解説した本。Amazonリンク↓https://amzn.to/2q6wIqw定価780円Amazonアンリミテッド登録者は読み放題で購読可能。フォーマ...more
カテゴリー:

もはや笑うしかない。日本の生産性をダメダメにした5つの大問題 - 11月27日(水)05:00 

前回、「日本経済をスカスカにした真犯人、日本発『多国籍企業』の罪と罰」で、「2つの日本経済の分裂」に我が国の空洞化の原因を求めた、米国在住の作家・冷泉彰彦さん。さらに冷泉さんは今回、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、先進国の中で最低にまで沈んだ日本の生産性再浮上を阻む「5つの問題点」の存在を指摘しています。 【関連記事】● 日本経済をスカスカにした真犯人、日本発「多国籍企業」の罪と罰 日本の生産性はスカスカ 日本的空洞化の研究その2 日本生産性本部という団体があります。正直に毎年「労働生産性の国際比較」を公表しており、2018年12月には「日本の時間当たり労働生産性は47.5ドル(4,733円)、OECD加盟36カ国中20位」などというプレスリリースを出しています。今年もそろそろ2019年の分を出すのだと思いますが、とりあえずこの2018年バージョンを見てみると、 2017年の日本の1人当たり労働生産性(就業者1人当たり付加価値)は、84,027ドル(837万円)。ニュージーランド(76,105ドル/758万円)を上回るものの、英国(89,674ドル/893万円)やカナダ(93,093ドル/927万円)といった国をやや下回る水準で、順位でみるとOECD加盟36カ国中21位となっている。 などという悲惨なデータが臆面もなく書かれています。こんな悲惨な内容なのに、生産性...more
カテゴリー:

電子書籍新刊「人生が変わるアウトプットの技術」(高橋久美子著) 発売初日にAmazonベストセラーランキング11部門で1位獲得 12月6日まで新刊記念99円キャンペーンを開催。 - 12月05日(木)15:00 

株式会社運送経営改善社は、代表高橋久美子著 新刊電子書籍のキャンペーンを、2019年12月3日~12月6日まで開催。電子書籍新刊・99円キャンペーン開催中Amazonkindleにて電子書籍発売開始・新刊「人生が変わるアウトプットの技術」(高橋久美子著)販売初日にAmazonベストセラーランキング経済学部門の新着1位経済思想・経済学説部門の売れ筋1位経済思想・経済学説部門の新着1位人文・思想・参考図書部門の売れ筋1位人文・思想・参考図書部門の新着1位ダイレクトマーケティング部門の売れ筋1位ダイレクトマーケティング部門の新着1位マーケティング部門の新着1位資格検定部門の新着1位資格検定ビジネス関連部門の売れ筋1位資格検定ビジネス関連部門の新着1位以上11部門で第1位を獲得。12月6日(金)まで定価780円を、出版記念キャンペーン価格99円で販売中。Amazonアンリミテッド登録者は、読み放題で行動が可能。Amazonリンクhttps://amzn.to/2q6wIqw※株式会社運送経営改善社では、中小企業経営者のコンサルティング事業を行っているが、他社との差別化の一環として「経営者の出版」を推奨・支援している。現在までに、代表高橋久美子の著書を含め50冊の出版を実現した。配信元企業:株式会社運送経営改善社プレスリリース詳細へドリームニューストップへ
カテゴリー:

CrowdStrike、 2019年度版グローバルセキュリティ意識調査の結果を発表 - 11月19日(火)22:11 

カリフォルニア州サニーベール発--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- クラウドベースのエンドポイント保護の業界リーダーである CrowdStrike® Inc.(Nasdaq:CRWD、日本支社:東京都中央区、以下、CrowdStrike)は本日、2019年CrowdStrikeグローバルセキュリティ意識調査を発表しました。この調査は、独立系調査会社であるVanson BourneがCrowdStrikeの委託によって実施したもので、米国、カナダ、英国、メキシコ、中東、オーストラリア、ドイツ、日本、フランス、インド、シンガポールの主要な業界におけるIT関連部門の意思決定者およびITセキュリティ担当者1,900名を対象としています。この報告書は、サイバーセキュリティ担当者の姿勢や考え方を詳らかにし、高度で強固な装備を有する国家主導攻撃者への態勢を明らかにしています。 調査では、日本の組織でサイバーインシデントの検知、トリアージ、調査、および封じ込めのプロセスにかかる時間は約31営業日(合計223時間)*1となり、グローバル平均(162時間)の約1.4倍(138%
カテゴリー:

「関連部門」の画像

もっと見る

「関連部門」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる