「開発途上国」とは?

関連ニュース

途上国の経済発展を止めていたのは、幼すぎる花嫁だった - 04月09日(火)12:00 

3月に開催された国際女性会議にて、女子教育の大切さを訴えノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんから「世界中の女の子が中等教育を修了できたとしたら、その経済効果は30兆ドル」という、インパクトの大きい試算が紹介された。女の子が学校に通い、社会参加すれば、経済にもポジティブな影響を与えられる。しかし、世界には10代で結婚させられる女の子たちが後を絶たない。開発途上国では、3人に1人の女の子が18歳未満、9人に1人の女の子は15歳未満で結婚している(※1)。早すぎる結婚は、女子生徒の中途退学の原因のひとつとなっている。十分な教育を受けられないと、経済的自立は難しい。さらに、早すぎる出産は命を落とすことにも繋がる。女の子の地位向上と自立のために、アフリカの貧困地域で、児童婚を防止するプロジェクトを実施しているプラン・インターナショナル・ジャパンの道山さんに、現地の状況と活動を通して感じた変化について聞いた。 法律で禁じても、児童婚がなくならない背景児童婚とは「18歳未満での結婚、またはそれに相当する状態にあること」をさす。18歳になる前に結婚した女性は世界で7.2億人(※2)。体が未熟な段階での早すぎる結婚・出産により、毎年15~19歳の女の子が約5万人亡くなっている(※3)。ーー児童婚は、どのエリアで多いのでしょうか。道山さん遠い国の問題に感じますが、6割以上がアジア・...more
カテゴリー:

「開発途上国」の画像

もっと見る

「開発途上国」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる