「開発費」とは?

関連ニュース

【米中2強】中国、科学論文数で首位 30万本 研究開発でも米国を猛追 58兆円 論文の質でも米国に迫る ★4 - 08月08日(土)12:32  newsplus

自然科学分野の論文数で中国が米国を抜いて1位になったとする報告書を、文部科学省の研究所が7日公表した。中国は研究開発費でも米国を猛追。研究者数は最多で、米国留学などで育成を進めた。貿易や安全保障の分野で対立が目立つ米中間の攻防は、軍事や企業活動の根幹をなす科学技術の分野も含めて激しくなっている。 科学論文の数は国の研究開発の活発さを測る最も基本的な指標だ。文科省科学技術・学術政策研究所は米調査会社クラリベイト・アナリティクスのデータを基に主要国の論文数などを分析した。年による変動が大きいため3年...
»続きを読む
カテゴリー:

【米中2強】中国、科学論文数で首位 30万本 研究開発でも米国を猛追 58兆円 論文の質でも米国に迫る ★2 - 08月08日(土)07:30  newsplus

自然科学分野の論文数で中国が米国を抜いて1位になったとする報告書を、文部科学省の研究所が7日公表した。中国は研究開発費でも米国を猛追。研究者数は最多で、米国留学などで育成を進めた。貿易や安全保障の分野で対立が目立つ米中間の攻防は、軍事や企業活動の根幹をなす科学技術の分野も含めて激しくなっている。 科学論文の数は国の研究開発の活発さを測る最も基本的な指標だ。文科省科学技術・学術政策研究所は米調査会社クラリベイト・アナリティクスのデータを基に主要国の論文数などを分析した。年による変動が大きいため3年...
»続きを読む
カテゴリー:

BMWの上半期研究開発費3377億円 対中投資を推進 - 08月07日(金)17:42 

自動車市場は全体として数多くの挑戦に直面しているものの、BMWは引き続き研究開発に大量の資金を投入している。BMWグループが5日に発表した今年第2四半期(4-6月)の決算データによると、2020年上半期の研究開発費は計27億3400万ユーロ(1ユーロは約125.1円)に上り、前年同期の27億9600万ユーロからほぼ横ばいだった。 ...
カテゴリー:

レーザーテック---大幅続落、競合企業の参入可能性を警戒視 - 最新株式ニュース - 08月07日(金)13:11 

<6920>  レーザーテック  8150  -1020大幅続落。決算発表を受けて前日は売り先行の展開、開発費増加などによって今期の収益水準が市場予想を下回る見通しであることがマイナス視された。本日も決算説明会を受けて売り優勢の展開となっている。会社側では、EUVL用マスク検査装置について競合企業の参入の可能性を警戒しているもよう。これまでの独占的供給状態といったプレミアムが低下するとの懸念が先行
カテゴリー:

Save Medical と大日本住友製薬、2 型糖尿病管理指導用モバイルアプリの共同開発契約締結と治験開始 - 08月03日(月)14:44 

2020年8月3日 大日本住友製薬株式会社 株式会社Save Medical(本社:東京都中央区、代表取締役社長:淺野 正太郎、以下「Save Medical」)と大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:野村 博、以下「大日本住友製薬」)は、このほど、2型糖尿病を対象とした糖尿病管理指導用モバイルアプリケーション(以下「本アプリ」)の共同開発契約を締結し、Save Medicalは、本アプリの国内治験(以下「本治験」)を開始しましたので、お知らせします。   本アプリは、医師の指導下で利用され、患者の自己管理をサポートすることにより患者の行動変容を促し、臨床的指標が改善されることを目指します。本治験は、2型糖尿病を対象に本アプリの有効性および安全性を評価することを目的としています。近年、本アプリのようなソフトウェアを利用したエビデンスに基づく患者への治療的介入は、デジタル治療(Digital Therapeutics, DTx)として国内外で注目を集めています。   Save Medicalは、本共同開発契約を通じて、本アプリの開発をさらに加速させ、エビデンスに基づくDTxの社会実装を目指します。   大日本住友製薬は、糖尿病領域を国内重点領域の一つに位置付けており、作用の異なる複数の2型糖尿病治療薬を開発・販売しています。本...more
カテゴリー:

【米中2強】中国、科学論文数で首位 30万本 研究開発でも米国を猛追 58兆円 論文の質でも米国に迫る ★3 - 08月08日(土)09:39  newsplus

自然科学分野の論文数で中国が米国を抜いて1位になったとする報告書を、文部科学省の研究所が7日公表した。中国は研究開発費でも米国を猛追。研究者数は最多で、米国留学などで育成を進めた。貿易や安全保障の分野で対立が目立つ米中間の攻防は、軍事や企業活動の根幹をなす科学技術の分野も含めて激しくなっている。 科学論文の数は国の研究開発の活発さを測る最も基本的な指標だ。文科省科学技術・学術政策研究所は米調査会社クラリベイト・アナリティクスのデータを基に主要国の論文数などを分析した。年による変動が大きいため3年...
»続きを読む
カテゴリー:

【米中2強】中国、科学論文数で首位 30万本 研究開発でも米国を猛追 58兆円 論文の質でも米国に迫る - 08月08日(土)00:35  newsplus

自然科学分野の論文数で中国が米国を抜いて1位になったとする報告書を、文部科学省の研究所が7日公表した。中国は研究開発費でも米国を猛追。研究者数は最多で、米国留学などで育成を進めた。貿易や安全保障の分野で対立が目立つ米中間の攻防は、軍事や企業活動の根幹をなす科学技術の分野も含めて激しくなっている。 科学論文の数は国の研究開発の活発さを測る最も基本的な指標だ。文科省科学技術・学術政策研究所は米調査会社クラリベイト・アナリティクスのデータを基に主要国の論文数などを分析した。年による変動が大きいため3年...
»続きを読む
カテゴリー:

自然科学論文の数、中国が米国抜き世界一に 企業の研究開発費も - 08月07日(金)17:00 

 中国から発表された自然科学論文の数が、長年最多だった米国を抜いて世界一になったとの集計結果を、文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が取りまとめた。企業部門の研究開発費でも米国を抜いて初めて1位となり、中国が2000年代に入って激増させている研究活動への投資が結果に反映された格好だ。
カテゴリー:

レーザーテック---大幅反落、今期見通しの収益水準は市場の期待値に届かず - 最新株式ニュース - 08月06日(木)11:01 

<6920>  レーザーテック  8930  -480大幅反落。前日に20年6月期の決算を発表、営業利益は151億円で前期比89.7%増益となり、従来予想の140億円を上回る着地になっている。一方、21年6月期は170億円で同12.9%増益の見通しになっており、大型案件の売上計上もあって売上高は同33.9%増と大幅増収の計画の中、収益水準は想定よりも小さいとの見方が優勢のようだ。開発費の増加など収
カテゴリー:

マツダ、4月~6月で666億円の赤字。年間で900億円の赤字見込み - 07月31日(金)19:05  poverty

マツダのことし4月から先月までの3か月間の決算は、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に販売が落ち込んだため、最終的な損益が666億円の赤字となりました。 マツダが発表した、ことし4月から先月までの3か月間の決算は、売り上げが3766億円で前の年の同じ時期よりも55%減少し、最終的な損益は666億円の赤字でした。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、中国を除くヨーロッパや日本などで車の販売が落ち込み、販売台数が前の年より30%減少したためで、この時期の決算で最終赤字となるのは2012年以来、8年ぶりです。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「開発費」の画像

もっと見る

「開発費」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる